国立病院への転職で給与を上げる | キュレーションメディア

国立病院への転職で給与を上げる

国立病院への転職で公務員になれる?

国立病院の平均給与

 (839)

立病院に勤める平均年齢35歳の看護師のお給料は、平均月収約33万円、平均年収約520万円が相場と言われています
【上記計算方法】
棒給表2級・・・平均給与月額は342,896円。
2012年の一般職の国家公務員のボーナス・・・3.89ヶ月。

342,896×3.89=1,333,865円 

342.896×12か月+1.333.865円= 5,448,617円

※2012年 国家公務員 棒給表2級給与内訳参考

さすが国立病院です。給料は安定しています。

国立病院に勤務すると公務員試験なしで国家公務員

 (840)

国立病院の場合は他の方の回答にもあるように「準公務員」になります。健康保険は共済です。微妙に公務員的な足かせがある一方で独立採算なので微妙に福利厚生が国立時代より落ちる、というなんとなく妙な立場ではあります。国家公務員向けのクレジットカード(ゴールド)には入れます。国家公務員向けの結婚相談所にも入れます。
公務員ではないようですが、準公務員にはなるようです

準公務員と公務員の違い

 (841)

公務員」は、国、地方自治体による直接雇用の身分であり、国家公務員、地方公務員、特別職公務員等があります。「準公務員」は、上記の組織が設立する、別組織(病院、学校、研究機関、その他)に雇用され、給与、待遇的には公務員に準じて取り扱われるものです。
所属する機関が違うだけのようです

退職金が凄い

 (842)

国家公務員の退職金は平均1187.2万円
常勤職員の平成25年度中の退職者は3万4527人で、平均退職手当は1187.2万円です。うち常勤職員の約56%を占める行政職俸給表(一)の退職者は5647人(退職者の約16%)で、平均退職手当は1652.7万円です。

退職理由別の退職手当受給者数と平均退職手当は次の通りです

常勤職員
退職者数3万4527人 平均退職手当1187.2万円
<内訳>
定年 1万3463人 2294.9万円
勧奨退職 750人  3609.1万円
応募認定退職 745人 2681.7万円
自己都合 1万291人 344.7万円
その他 9278人 198.3万円

国家公務員、老後は無敵です。
定年まできっちり勤め上げれば、凄いことになります

国立病院が採用する看護師の特徴

 (843)

長く働く気のあること
自己中心的な性格ではないこと
看護師としてやる気のあること
看護師経験のある潜在看護師
どんな病院でも求められる人材ですね
努力次第で国立病院に採用される可能性は高そうです

国立病院への転職

看護師転職は転職サイト選びから始めよう!!
転職で国立病院へ転職するのが近道かもしれません
国立病院へ転職することは安定した生活を手に入れることができると感じます。
公務員になりたい方は特におすすめだと思います。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |