自分に合ったFX取引スタイルを見つける | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

自分に合ったFX取引スタイルを見つける

FX取引を始める上で大切なことが自分に合った取引スタイルを確立することです。

ただ単に売買を繰り返すのではなくPCの前で値動きをじっくり見れる時間、取引に使える資金などを考慮し自分に合った取引スタイルを選択し、そこから磨いていくことが大切です。

短期向けの投資スタイル

72462150_xs
http://pathwaytojuiceplus.com/img/72462150_xs.jpg

値動きを見れる時間を十分に取れる方は、1日の取引回数を多くしてより利益を狙える回数を増やせるデイトレードがオススメです。

1日単位でも相場は非常に活発に動くので、買い時売り時が所々にやってきます。

そんな時にデイトレード中心の取引スタイルを確立しておけば短期間で十分な利益を上げることも期待できるでしょう。

またデイトレードは小さな取引がメインとなるので、少額資金で運用していきたいという方にも適しているスタイルだと言えます。

一日の中で値が大きく動くチャンスを狙って取引するデイトレード。金利差収入より、短期間で取引回数を重ね細かく収益を確保します。取引を翌日まで持ち越さないため、ある程度リスクを軽減することもできます。「最短で利益を取る」が目的のトレード方法のため、相場が動きやすい欧州市場オープン後、すなわち日本時間の夕方から深夜にかけた時間帯が最も効率よく投資できます。昼間忙しいサラリーマンや主婦の方もお取引が可能です。

http://www.monexfx.co.jp/study/trading-case/daytradetype/

中期型の取引スタイル

デイトレードは取引する約3~4時間はPCの前に張り付いていなければ売買チャンスを逃す可能性が高いため、そういった時間が取れないという方には別の取引スタイルを選択する必要があります。

そんな方には数週間単位で取引する中期型の取引スタイル「スイングトレード」が適しています。

スイングトレードならば数週間後に最終的に利益が狙えればいいので1日何度も値動きをチェックする必要もなく、落ち着いて取引の出来る環境も整えやすくなります。

スイングトレードとは、数日から数週間程度の、相場の波の一周期の値動きを利用して利益を狙う取引手法。トレードの期間は、相場によって、また見ている足の長さによって変わってきます。

取引期間としては中期的なトレードであり、FXではレバレッジを5倍~10倍程度で取引されることが多いです。初心者の方は、最初はレバレッジを3倍~最大でも5倍程度に抑えると良いでしょう。
スイングトレードに向く、通貨ペアはトレンドが出やすい通貨ペアです。実際には、現在、豪ドル/円やドル/円がトレンドが続きやすく、分かりやすいです。
但し、適切な通貨ペアはその時々に変化していきます。

http://www.lfx.jp/swingtrade.html

長期型の取引スタイル

短くて数ヶ月、長くて数年という長期間銘柄を保有し続けるスタイルのことを「ポジショントレード」と言います。

先行きを見通す目が必要となるので経験を積んだトレーダー専用の取引スタイルとも言えますが、高金利の通貨を保有し続けることでスワップポイントでの利益も期待できるので初心者の方にもオススメです。

ポジショントレードとは、長期的なトレード手法で、数週間~数ヶ月、または数年といった長期でポジションを保有する手法で、あまり相場を監視ことができない人には最適です。基本的に取引による為替差益を狙うだけでなく、ポジションを維持することによるスワップ金利も利益としてねらうトレード手法とも言えます。ポジショントレードは、敏捷性や判断力・決断力といったものをあまり必要としないので、初心者の人に向いているトレードスタイルとも言えます。取引回数が少なくなるので手数料がかさむこともないし、1日中チャート監視する必要がないのも嬉しいところです。

http://fx-zukan.com/study/chapter5/chapter5_5.html

またポジショントレードは他の取引スタイルよりもメリットが多いことでも知られています。

為替を長期で持つメリットはずばりコレ。

・毎朝ポジションを持ち越すと金利がもらえる。
・高金利通貨だとスワップ金利が高い。
・金利が上がると短期的に通貨価値も上がるのでダブルでお得。
・四六時中相場に張り付かなくても良い。

ということです。

http://www.lfx.jp/fukada_1.html

chiritsumo
http://www.i2i.jp/fx/c_img/chiritsumo.png

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |