【神秘の世界へ】スキューバダイビングの魅力 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【神秘の世界へ】スキューバダイビングの魅力

スキューバダイビングはどのように始めれば良いのか、ライセンスは必要なのか、スキューバダイビングの魅力についてまとめます。

スキューバダイビング

スクーバダイビング、スキューバダイビングとは、空気を詰めたタンクを使ってのダイビング(潜水)である。これに対して息をこらえて行う潜水をフリーダイビング、地上からホースで空気を供給する潜水を送気式潜水(フーカー潜水)と呼ぶ。日本にはアメリカのアクアラング社 (Aqua Lung) が紹介し、一時期は社名「アクアラング (Aqua-lung) 」がスクーバダイビングの意味で使われることも多かった。

マリンスポーツの中でも最も有名なのが、スキューバダイビングです。
海の中を自由に泳ぐというとても、魅力的な物です。
無音の中の海中で、素晴らしい景色が見られる、今まで見たことが無い景色に出会える、そんな感動が詰まったスポーツです。
一度は体験してみたいと考える方は多いのでは無いでしょうか。

とても綺麗な海です。神秘的でもあります。

ライセンスが必要

ダイビングCカード取得は目的ではなくダイビングをこれから楽しむためのスタート地点に立つという事になります。
Cカードを取得した後ダイビングに行かなければ何の意味もなくなります。
Cカード取得後、取得したショップでツアーに参加する、あるいはリゾートなどに行ってどんどんファンダイビングを楽しんでこそ意味があると思います。
スキューバダイビングを行う際には、Cカードと呼ばれるライセンスの取得をしなければなりません。
一人で自由に海中を泳ぐことは、ある程度の危険を伴います。
その為にも、スキューバダイビングに関する知識はもちろん、実技の研修などは必要です。
ライセンスを取得するにはそれなりに費用はかかりますが、世界中の海に潜れることを考えると、その費用も安く感じます。

ライセンスが無くても体験なら大丈夫

体験ダイビングとは、初めてダイビングをする人を主に対象にしたもので、ダイビングのライセンスカード(⇒ ダイビングライセンスについて)を取得していなくても手軽に水中の世界を楽しむことができるダイビングです。経験豊富なダイバーであるインストラクターと一緒に潜ります。

体験ダイビングの潜れる最大水深は12mまでと決まっていて、ビーチから入って徐々に深いところまで潜っていきます。
インストラクターが個人の体力レベルや状況に合わせてくれるので、安心です。

ライセンスの取得する費用も時間も無い方は、とりあえず体験ダイビングをしてみることをお勧めします。
インストラクターの方同伴ですので、安心して潜れます。
そこで、スキューバダイビングの魅力にとりつかれてしまったら、ライセンスを取得してみる事を考えてみてはどうでしょうか。
スキューバダイビングを経験したことが無い方は、一度経験されることをお勧めします。
世界観が広がります。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |