ボディークリームとしてアルガンオイルを使ってみましょう!ボディーケアを!! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ボディークリームとしてアルガンオイルを使ってみましょう!ボディーケアを!!

アルガンオイルには「リノール酸」という、肌に必要不可欠な保湿成分であるセラミドを作る成分が豊富に含まれており、肌の保湿効果をぐんと高める効果が期待できます。ボディーケアしてください。

ボディーケアにアルガンオイルを!

いつまでも美しい体でいる為には、しっかりとボディーケアするしかないですね。体全身が美しくなると毎日の生活も潤ってきます。表面を美しくしていれば、内面も美しくなる気持ちになるものです。顔や髪の毛だけではなく体全体にアルガンオイルを使いましょう。

ボディケアとして

 (3741)

via goo.gl
アルガンオイルには高い保湿効果があるため、顔はもちろん体への保湿効果も抜群に高いです。

<バスオイルとして>
湯船にアルガンオイルを10mlたらすと、バスオイルとして全身の保湿を行うことができます。アルガンオイル自体がそこまで重たくないので洗い流しの必要もなく、入浴後もべたつきません。

<保湿用のボディオイルとして>
ボディオイルとして使用する際は、手持ちのボディクリームやボディローションを塗布する前に、アルガンオイルを5~6滴程体へ馴染ませてからいつものボディケアを行います。これによって、体全体がもっちりと柔らかくなります。

スペシャルケア

 (3729)

<ボディスクラブとして>

①アルガンオイル5ml~10mlに粒子の細かい塩を30~40g加えます。
②しっかり混ぜます。お好みでオレンジやゼラニウムなどのアロマオイルで香りづけを行うとほんのり香るのでおすすめです。 硬くなりやすいヒザやヒジもつるんとした仕上がりになります。
※保存には向いてないので、その都度使い切るようにしましょう。

いつもの保湿用ボディクリームと一緒に使ってみて♪

 (3723)

ボディクリームと言えば、肌に潤いを閉じ込めて保湿力を高める効果を持っています。お風呂上がりに塗ることが多く、乾燥対策として使われています。

また、オイルと言えば、皮脂のバランスを整えながら保湿をするという効果があり、肌によく馴染むという利点があります。

実はこのオイル、ボディクリームを混ぜることで更に保湿効果が高くなると言われています。

ボディケア

 (3743)

<ボディオイル>
   乾燥の気になる部分に、しっとり・潤いボディに
   使用量:3ml
   お風呂上がり直ぐに、全身に塗ります。

<バスオイル>
   乾燥が気になる時に入浴剤として
   使用量:10ml
   アルガンオイル10mlをバスタブに入れます。

<ボディローション>
   ローズに癒される、手作りボディローション。
   レシピ:アルガンオイル1ml・ローズウォーター大さじ1・ローズウッド1滴
   上記を手のひらでオイルを混ぜてボディに塗ります。

 (3745)

<ゴマージュ>
   かかとのガサガサやひざ・ひじの黒ずみの気になる所に。 レシピ:アルガンオイル5ml~10ml・塩(粒子の細かいもの)30~40g・ゼラニウム2滴・オレンジオイル3滴。アルガンオイルに精油を混ぜ、塩にそれを混ぜて出来上がり。お風呂でマッサージし洗い流して下さい。

<手作りソープ>
   アルガンオイル配合、簡単手作りソープ。洗い上がりしっとり!レシピ:石鹸素地300g・熱湯40cc・アルガンオイル5ml・ラベンダーオイル5~10滴。二重にしたポリ袋に石鹸素地を入れ熱湯を注ぎポリ袋の上からよく練ります。予めアルガンオイルとラベンダー精油を混ぜものを石鹸素地に入れよく混ぜ、耳たぶくらいの柔らかさになったら型にして、風通しのよい所に4~5日表裏乾かし出来上がりです。(お好みの精油でお試し下さい)

<バスボム>
   手作り炭酸入浴剤。炭酸の発砲効果で疲れを癒し、しっとり滑らか肌にします。レシピ:重曹60g・クエン酸30g・片栗粉30g・お好み精油4~8滴・無水エタノール小さじ1~2・アルガンオイル小さじ1。

重曹・クエン酸・片栗粉をボールに入れて、泡だて器でよく混ぜます。そこに無水エタノール・アルガンオイルを入れ全体に馴染ませます。※この時に水分が多いと固まりにくくなるので、エタノールは、スプレーボトルに入れて吹きかけるとよいでしょう。ラップに半分量とり丸めます(2個出来る)1時間ほど乾かして出来上がりです。精油で香りをつけたい時は、バスタブに入れる直前がお勧めします。

アルガンオイルの使い方!(ボディケア編)

 (3734)

優秀なオーガニック アルガンオイルはボディオイルとしてもお使いいただけます。オイルには肌を柔軟にする働きもあるため、角質が柔らかくなり古い角質がスムーズにはがれやすなります。

お風呂で身体を拭く前に、全身にオーガニック アルガンオイルを馴染ませます。その後、タオルで優しく水分を拭き取ってください。

乾燥から守ります

 (3746)

アルガンオイルを肌に塗布することにより肌の水分と脂質のバランスを整え、皮膚を柔軟にすることにより乾燥から守ります。さらに、強力な抗酸化力により、皮膚のダメージの原因となる活性酸素を除去します。

体全体がもっちりと柔らかく

 (3747)

ボディオイルとして使用する際は、手持ちのボディクリームやボディローションを塗布する前に、アルガンオイルを5~6滴程体へ馴染ませてからいつものボディケアを行います。これによって、体全体がもっちりと柔らかくなります。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |