アレルギー性鼻炎と育毛剤の関係 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

アレルギー性鼻炎と育毛剤の関係

薄毛治療や薄毛対策に育毛剤を使っている人はだんだんと多くなってきていますが、それに比例するように花粉症患者も急増中です。そんなアレルギー性鼻炎と育毛剤の関係について知っておきましょう。

アレルギー性鼻炎(花粉症やハウスダスト)の患者は急増中

アレルギー対策ガイド|カルピス社 (1472)

日本全国で見てみると、10年間で通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)は共に患者数が増えています。
増加傾向は今も続いており、花粉症は国民病の一つと言われるようになりました。
アレルギー性鼻炎は「くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉」を3主徴とするI型アレルギー疾患の代表です。患者数は先進国を中心に増加の一途にあり、世界中で推定6億人を超えます。わが国においても、国民の39.4%がアレルギー性鼻炎に罹患しています。
アレルギー性鼻炎はハウスダストなどをアレルゲンとする通年性アレルギー性鼻炎と、花粉症の季節性アレルギー性鼻炎に二分されます。
現在、アレルギー性鼻炎の患者数は日本人の「約40%」と言われています。

季節性アレルギー性鼻炎の患者数は「約30%」、通年性アレルギー性鼻炎の患者数は「約25%」と言われています。

残念なことに、その中にどちらも発症されてしまっている方もいるんですね…

アレルギー体質の人は薄毛になりやすい?

アレルギーの子供でも安心!対応済みお菓子・対応してくれるお店集!-カウモ (1479)

アレルギー体質が持つ特性として、弱い防御力や皮膚の特異性から抜け毛や薄毛になりやすく、治りにくいのが特徴です。

しかし、アレルギー体質の方全員が薄毛になってしまう訳ではないのですが、比較的薄毛に悩む方の中にはアレルギー体質であることが多いのです。

アトピー、鼻炎、ぜんそく等々。これらは遺伝的要因とも関わりありますが、いろいろな環境により、こう言った体質の人は薄毛の発症率が高くなります。
薄毛・抜け毛に悩んでいる方の約7割が何らかのアレルギー症状を抱えているといわれています。

花粉症などの免疫系アレルギーは、細胞が炎症を起こしますから、その症状が体にあらわれ、当然頭皮にも悪影響を及ぼします。
なので、抜け毛が起こりやすい状態になります。

痛みや発赤など、さまざまな炎症症状を引き起こす炎症性サイトカインが、毛乳頭を攻撃し炎症を起こすことで、毛乳頭にある細胞は死んでしまいます。

頭皮がこの状況では、当然ヘアサイクルが乱れ、髪の毛が育つ前に抜けてしまうので、薄毛に繋がります。

育毛剤によって鼻詰まりが悪化する可能性あり

【鼻づまり解消】原因とツボ・薬で治す (1480)

血管が拡張されることにより鼻づまりが起こる事もあります。鼻腔内の血管が広がり、鼻の中が炎症を起こしたように詰まってしまうわけです。

ただ、鼻づまりという副作用はそれほど多く報告されるものではありません。こちらは、もともとアレルギー性鼻炎を持っている方に出やすい副作用という報告があります。

ミノキシジルが鼻炎に良くないっていう話を聞いたことがあるんだけど、君はある?
ミノキシジルは血管を拡張させる働きがあって、これは頭皮にある血管にだけ働くというものではないから、元々アレルギー性鼻炎などがある人の場合はミノキシジルを利用することで、鼻炎の症状が出てしまう可能性があるんだ。これは副作用と呼べるほどのものじゃないから、あまり知られていないことなんじゃないかな。

血管拡張の育毛剤つかってるけど、鼻炎薬を使って大丈夫?相反する作用について

名古屋市西区,かとう内科循環器内科クリニック,内科,循環器内科,小児科,【診療案内】 (1486)

現在のところ、ミノタブと風邪薬の併用によって深刻な健康被害が出たと報告された事例はありません。

しかしミノタブと市販の風邪薬に限らず、複数の薬を同時に服用するのは好ましくないとされています。
肝臓や胃腸に対する負担が大きくなってしまうからです。

飲んだ直後には別に大きな問題が起きなかったとしても、今後ボディブローのようにダメージが蓄積される可能性も考えられます。

ですからなるべくミノタブと花粉症関係の薬は併用しない方が良いでしょう。

もし花粉症対策のため、鼻炎薬や風邪薬を飲んでいるのであればミノタブを飲むタイミングとずらしてみることをおすすめします。

たとえば、2~3時間以上間を開けて飲むようにすれば、薬の同時服用による影響もそれほど大きくはないはずです。

ミノキシジルを使って薄毛対策をするのであれば、この外用薬を使ってみると良いでしょう。
外用薬であれば、花粉症用の薬を服用していても、副作用の起きるリスクは少なくなります。

アレルギー性鼻炎の人は、鼻詰まりが起きることも考慮しよう

すーっと快適!風邪でつらくて不快な鼻づまりを簡単に治す方法5選 (1481)

アレルギー性鼻炎の患者数は年々増加傾向で、国民病ともいわれていますね。
自分自身だけではなく、ご家族や周囲の人がスギやヒノキ、ブタクサといった花粉症を抱えていませんか?

こんなアレルギー体質の人は、薄毛になりやすいと言われています。
よって何らかのアレルギーを持っている人が薄毛になり、育毛剤を使っている場合も多いと考えられます。

こんなアレルギー症状で有名なのが鼻炎や鼻閉(鼻づまり)ですね。
育毛剤の成分で有名なのが厚生労働省でも認可されているミノキシジルです。
このミノキシジルはもともと血管拡張剤(降圧剤)として開発されていた経緯もありますので、この作用によって鼻炎や鼻閉(鼻づまり)を悪化させてしまう可能性もあります。

アレルギー性鼻炎の人、育毛剤を使うときにこういった副作用があることも考慮しておきましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |