FXのオシレーター系指標の種類 | キュレーションメディア

FXのオシレーター系指標の種類

為替の値動きは一見どこで買えば、売ればいいのか分からないような感じがしますが、その目安になるものがオシレーター系の指標です。

オシレーターとは「振り子」という意味で、値幅が大きくなった時に収束する動きが振り子のように見えるためそう名付けられたそうです。

トレンド系の指標よりも反応が早いため近い将来の値動きの予測、逆張りにも活用できるでしょう。

RSI

fx1-300x210
http://www.os-pal.com/wp-content/uploads/2015/09/fx1-300×210.jpg

代表的なオシレーター系の指標が「RSI(Relative Strength Index)」です。

過去の値動きを基準として現在の値動きは買い気配売り気配のどちらが強いのかを見極められる、トレンドの終息や転換期を区別できるのでポジションを新規保有、又は手放す際に非常に重宝するオシレーター系の指標となっています。

RSIは、一定期間においての終値ベースにおいて、上昇変動と下落変動、どちらの勢いが強いのかを測定するテクニカル指標です。

50%を中心として0から100%の範囲で示し、上昇局面では50%以上、下降局面では50%以下で推移することになります。

実際の数値としては70%以上になると買われすぎ、30%以下では売られすぎと見ることができます。

逆張り的な使い方でいえば、RSIが70%以上で売り、逆に30%で買いのサインと判断します。

RSIを効果的に利用するためには、単独で使うのではなく、移動平均線やボリンジャーバンドなど、ほかのトレンド系のテクニカル指標とセットで利用していくことがお勧めとなります。

http://fx-works.jp/rsi/

サイコロジカルライン

サイコロジカルラインも買い気配か売り気配のどちらが強いかを判断するためのオシレーター系の指標ですが、こちらは心理的な要素を絡めて値幅予測を行います。

相場の値動きからこれ以上上がらない、下がらないだろうというトレーダーの心理を値幅予測に取り入れる、一見すると運の要素が強い指標に思えるかもしれませんが、きちんと式に表わして計算、チャートを描くことが可能です。

サイコロジカルラインの計算式は以下になります。

直近n日間(一般的には12日間)の中で終値が前日比プラスとなっている日数を数え、その比率を計算します。プラスの日数をAとします。

12日間で、終値が前日比よりもプラスの日数が8日間あった場合、

8÷12×100=66.6%となります。

もともとサイコロジカルラインというのは、その性質上、逆張り系の指標としてトレーダーから愛用されています。12日間のうち、もし9日以上(75%以上)相場が上昇し続けている場合は、次の日は下がる可能性が高いと考えます。

逆に12日のうち3日以下(25%以下)しか上昇していない場合は、翌日は少なくとも上がる可能性がある・・・と考えられるというわけです。

http://fxchart-tech.com/indicators/psychological.html

ディレクショナル ムーブメント インデックス

medium_2668023368
http://sanba-fx.karasu0666.net/wp-content/uploads/2013/11/medium_2668023368.jpg

RSIを開発したJ. Wells Wilder氏が考案したのがディレクショナル ムーブメント インデックスです。

現在の相場が上昇、下降トレンドのどちらにあるか、最適な売買タイミングの予測につながるオシレーター系の重要な指標です。

ディレクショナル ムーブメント インデックスは4本の指数で構成されている。

・+DI (Plus Directional Indicater) ・ADX (Average Directional Indicater)
・-DI (Minus Directional Indicater) ・ADXR (AverageDirectionalMovementIndex Rating)

DMIの見方

相場の方向(トレンド)を確認する
・+DIが-DIを上に抜けている場合は上昇トレンド
・+DIが-DIを下に抜けている場合は下降トレンド
DMIの売買サイン
・+DIが-DIを上抜けた地点が買いサイン
・+DIが-DIを下抜けた地点が売りサイン

http://www.k3.dion.ne.jp/~forex/tc/dmi.htm

一定期間の値幅変動に対する上昇幅と
下降幅の割合から2つの指標「DM+」「DM-」を算出します。

★ラインの算出方法①
DM+= 当日の高値 - 前日の高値
DM-= 前日の安値 - 当日の安値 .

さらに、現在のトレンドの勢いを測る「ADX」指標を導き出します。
DM+ とDM-は、それぞれ上昇・下降の可能性を示しており、
DM+ がDM-を上抜けたときは上昇トレンド、
逆は下降トレンドの始まりと判断します。

★ラインの算出方法②
DM+ > DM- のとき DM-= 0
DM+ < DM- のとき DM+= 0
DM+ = DM- のとき DM+= 0、DM-= 0
DM+ ≦ 0 のとき DM+ = 0、 DM-= 0
DM- ≦ 0 のとき DM+ = 0、 DM-= 0 .

http://kirari-star.seesaa.net/article/428045660.html

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |