思い切って転職はしてみたけれど!看護師の転職後の不満とは! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

思い切って転職はしてみたけれど!看護師の転職後の不満とは!

勤めていた所が良くなくて、もっといい所で働きたいと思っても、いざ転職してみると、思ったほど良くなかったとか、前の勤務先の方が良かったとか不満を思ってしまうものです。

隣の芝生は良く見えるもので、自分の環境が一番良くないと感じてしまう時があります。毎日不満ばかり、通うのが嫌になり、他で働けば毎日楽しく過ごせるかもしれない、と思い転職する訳ですが、そうはなかなかうまくはいかないものです。しっかり考えて転職しましょう。

看護師が転職する場合は、転職後のイメージが大切

 (6453)

via goo.gl
看護師が転職する場合は不安や希望が入り交じった気持ちになって活動をすることになるでしょう。 大抵の皆様は真剣に転職先の医療機関を選ぶと思います。 あまりにも真剣になりすぎると客観的に冷静な判断ができなくなることがあります。

看護師が転職する場合は、転職後のイメージが大切になってきます。 転職した後になって<こんなはずではなかったのに……>と後悔したくないはずです。

転職をくり返す

 (6455)

via goo.gl
転職する理由では「人間関係」「給与面の不満」「結婚」「出産」「教育体制の不満」などさまざまですが、目の前のことだけを見て転職してしまうと、別の職場でも新たな不満が出てくるでしょう。 その時はそれで満足するかもしれませんが、すぐに不満がでてきて転職をくり返してしまうわけです。

若い頃は問題ないかもしれません。 しかし、転職をくり返す間に条件面で悪くなったり就職先が見つからないことになるかもしれません。 そんな最悪なことにならないために転職のことをキチンと見直しましょう。

新人看護師が転職後に悩むこと=転職しても一緒だった

 (6456)

新人看護師が転職後に悩むことの1つ目は、いろいろ不満やストレスがあって転職したのに、転職後も結局その不満やストレスが解消されず、転職しても一緒だったということです。

新人看護師が転職する理由には、「先輩看護師の指導が厳しい」、「職場でいじめられる」、「夜勤で体調を崩す」、「仕事がハードすぎてついていけない」などが多いと思います。 これらのストレスや不満が限界を超えてしまったから、新人看護師の転職は不利とわかっていても、思い切って転職するんですよね。

職場を変えれば、今抱えているストレスや不満が解消されると思って転職したのに、転職後も結局同じような職場環境で、ストレスや不満は解消されなかった。 むしろ前よりも悪くなった、ということもあり得ます。ストレスや不満を解消するために転職したのに、転職後でも前の職場と変わらないのでは、転職した意味がありませんよね。

新人看護師が転職後に悩むことは、今後の看護師キャリアについて

 (6457)

via goo.gl
「新人看護師の時に転職してしまったら、今後の看護師キャリアに響いてくるかも・・・」と不安になるんです。 特に、一般的には新人看護師は入職しないような介護施設やクリニックに転職すると、看護師キャリアに不安を持つようになります。

介護施設やクリニックは、病院のように教育制度が整っているわけではありませんし、経験できる看護技術が限られてくるからです。 たとえば、久しぶりに看護学校時代の友人たちと会った時に、「私この前、初めて外減圧のオペ後担当したよ~」とか「CV挿入の介助ができるようになった~」など病棟勤務の友人が話をしていたとします。

でも、あなたは介護施設やクリニックで働いているので、病棟勤務の友人たちの話についていけず、友人たちが看護師としてドンドン成長しているのを感じたら焦ってしまいますよね。 「自分は看護師として何もできないままかも」、「友人に差をつけられてる」と感じたら、「このままで良いのかな?」、「やっぱり新人なのに転職したのは失敗だったかも」と転職後に悩むことになるんです。

転職後に、後悔するリスクを避けることはできません。

 (6459)

看護師が転職をして転職後に、思ったような職場でなかったという声を聞くことがあります。

看護師求人サイトの老舗のナースではたらこの調査によると、過去に転職で失敗した経験についてのアンケート調査によると54.7%が失敗と考えています。

転職後は
・仕事が思ったよりもハードだった
・面接の時に聞いていた条件と入職後に言われた条件が違った
・職場環境が劣悪で、がっかりした
・給与が実質ダウンになってしまた

短期間で入職後に辞めてしまう看護師の共通点

 (6462)

何をしたらいいかわからないけれど 「なんとなく、他に良いところがあれば働いてみたい」と 漠然とした気持ちで転職をすることです。どんなに条件の良い求人だったとしても自分の適性、能力、やる気など求められることがあります。 求められることが大きければ、耐えられません。

すべて、自分で判断し、決めることなのです。そのため自分に合った職場に就かなければ失敗することになります。

希望通りの転職が できたはずだった…

 (6463)

現在働いている看護師の中で悩みや不満があると答えたのは69.5% その内、転職を考えていると答えたのは33.3%というデータがあります。

転職を考えている看護師は、現在勤めている病院より 良い環境や待遇を望んでいると思います。 転職をすることで、現在抱えている悩みや不満を解消したいと 強く願っていることでしょう。

では、転職した看護師の中で 転職して前の病院に居た時よりも満足できる状況になった、 もしくは希望通りと感じている看護師はどのくらい居るのでしょうか? 逆に、入職前に確認していた希望内容と 入職後の状況が違ったと感じている看護師は どのくらい居るのでしょうか?

ギャップを感じたワースト3

 (6465)

1位 希望給与とのギャップ 49.2%
2位 残業時間のギャップ 37.2%
3位 有給休暇取得のギャップ 35.5%

転職した看護師の約2人に1人が、希望給与とのギャップがあったとしています。 半数の看護師が、これまでの経験が評価されず、不満を抱えているのが現状です。 今までの経験を評価してもらえるような 履歴書の書き方や面接、交渉での内容の確認がカギとなります。

看護師に転職した際の悩みや不満

 (6452)

via goo.gl
まずは看護師不足。

看護師が少ないと夜勤の回数にも響いてきますし、 自分の負担が増えてしまいます。2交代の病院で夜勤回数8回なんて ところもあるかもしれません。 そんな現状があるから残業なんて当たり前ですし、 ケアにもっと時間をかけたくても他の業務に追われてケアが おろそかになるなんてことも多々あります。

ナースコール頻回で 「すぐに来てくれない!」なんて患者に怒られることあります。 朝8時位から病院にいて帰るのが 日付超える前なんてこともありますし。 看護師として働いてから痩せた人もいると思います。

自分を見つめ直して考えてみましょう。

・自分が何をしたいのか?
・自分が得意な仕事は?
・今までの経験は?
・将来のビジョンは?

看護師の転職の失敗はよく体験談などで見かけますね。 転職で失敗する人が多いのは事実です。実際どのような失敗があるのでしょうか。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |