資産運用方法としてFXが人気の理由 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

資産運用方法としてFXが人気の理由

FXで効率的な資産運用を行なう人が増えています。
従来の資産運用の代表的なものとして、株式投資があります。
FXと同じように外貨で資産運用する方法として、外貨MMFや外貨預金も以前から利用されています。

様々な資産を運用する方法がある中で、FX口座数がかなりのペースで増え続けている事実は、FXの人気が高まっている証拠です。

FXが人気を集める理由について、ここで考えます。

株式取引や外貨預金と比べて融通性が高い

0
http://www.afpbb.com/articles/-/3054021

株式取引の現物株式は、安いところで買い、高くなったら売る、これが基本スタイルですね。外貨預金も同様で、円高の時に買い、円安になったら売る。言い換えると、株は割高の時は買えませんし、外貨預金も円安の時は利用できません。

しかし、FXは違います。FXは差金決済取引という利点を活かし、買い・売りの両方から取引をスタートさせることができるのです。簡単に言えば、円高の時は「買い」から、円安の時は「売り」から取引を始めればOK。相場に応じた取引ができるため、融通性の高い投資法として人気が高いのです。

http://fx比較.tokyo/charm-of-fx/

日本は通貨を政策でコントロールする傾向があるので、円高になると数年円高が続きます。
外貨預金は円高の時に預金するのがベストですが、円安になるまでの数年間、預金を銀行に預けたまま円安を待たなければなりません。
現金が急に必要になったときに預金を引き出すと、赤字になってしまうこともありえます。
FXにはそういう心配がありません。

株のような取引時間の制限がFXにはない

1
http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201601/0008763369.shtml

株式市場は午前9時から午後3時まで。
昼間に仕事している人だと、まともに参加するのはほぼムリ。
市場の情報や買った銘柄がどうなったのか気になって仕事中にこっそりチェック・・・。
二兎を追うものは一兎をも得ずで、これでは結局どっちも集中できやしない!

しかしFXは違う! 24時間市場がオープンしていてその間、何回でも取引が可能。

仕事が終わって晩飯とかお風呂を済ませてからでも十分に市場に参加可能ですよ。
それどころか、値動きが最も活発になると言われるNY市場がオープンする時間は日本時間の21:00~22:00ごろから。

 http://www.fxtrade-lab.com/1

サラリーマンや不規則勤務の人にとって、株式投資は時間の制限があり難しいです。
仕事が終わってからFXで資産運用に集中できるので、人気が集中しています。

FXには株式市場のような値幅制限がない

FXでは、土曜日曜の休日を除いてほぼ一年中市場が開いています。
また、市場が開いている日の取引時間もほぼ24時間取引ができますので、取引時間という面では、他の取引所取引の株式や商品よりは取引機会が断然多くなります。
さらに、FXは自由な市場ですから、株式や一部の商品などと異なり値幅制限などの規制がありません。
これは、市場が開いていれば、どんなときでも取引が成立するということをある程度保証しています。

http://www.milliondollarmuse.com/af.html

株式市場は株価に値幅制限があり、売りや買いが集中すると抽選になり、抽選に外れると取引が成立しません。
FXはそのような制限がない自由な市場です。

自己資金が少なくても運用できる

FXでは少額の資金でも、レバレッジをかけて大きな取引をすることができます。

少額でも、自己資本金(証拠金)を担保として預けることで、その数倍~数百倍の金額の取引を行うことができます。これをレバレッジをかけるといい、取引会社によって上限が決まっています。

これを使えば、たとえば10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかけて100万円として取引ができます。その場合、為替差益やスワップポイントで得られる利益も10倍になります。

株の信用取引などでもレバレッジはかけられますが、上限が3倍など、FXに比べて低く、
高いレバレッジがかけられるのはFXならではの魅力といえます。

http://www.fx-startup.com/merit.php

株式取引もレバレッジを掛ける事はできます。
証拠金としての売買代金の30%を自己資金として用意します。
FXは5%でOKなので、株式取引よりも資金面で有利です。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |