勝手な判断は避けよう!ローヤルゼリーの飲み合わせ注意点 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

勝手な判断は避けよう!ローヤルゼリーの飲み合わせ注意点

ローヤルゼリーは天然の食べ物ですので副作用の危険性は低く安全なのですが、実は飲み合わせによっては注意が必要です。組み合わせによっては、お互いの効果が薄れる場合があります。どんなものと一緒に摂ると良くないのか、ダメな組み合わせを紹介します。

若返りだけではなく、ローヤルゼリーは健康にも役立ちます。
なんだか原因不明な不調を感じた方がローヤルゼリーを飲んだ時に、体のコンディションの良さを実感できたりする場合もあるのです。
中には目がかすみ見えにくく感じていた方も、視力回復する場合があります。
ローヤルゼリーの魅力は多くて一言でいいあらわせませんが、ひとつあげるとしたら、ローヤルゼリーの魅力は、なんといっても、「若返り」効果があることではないでしょうが? 人は、誰でも、いつまでも若く、元気でいたいものです。
若返りは人間の永遠のテーマです。
実際の年齢よりも若く見える人は、必ずといっていいほど、ローヤルゼリーを飲んでいます。
ローヤルゼリーは、すばらしい飲み物です。
まさに若返りの妙薬です。

ローヤルゼリーの魅力

少し飲んで終わりという訳ではなく、継続する事で嬉しい結果が待っています。
飲む時にも夜に4錠一気にではなく、朝2錠、夜に2錠と分けてあげるとバランス良く摂取する事ができます。
ローヤルゼリーを原料として作られたサプリメントは、その効果を最大限活かすためにも、注意をしなければいけないことがあります。
きちんと注意事項を守ってローヤルゼリーと付き合っていくことで、理想的な健康体と、美しさを手に入れることが出来るでしょう。
まず「継続的に飲み続ける」ということです。

ローヤルゼリーは薬の部類には入りません。
健康補助食品として販売されていますので、ローヤルゼリーを摂取したからと言ってすぐにその効果を得ることは出来ません。
どのようなサプリメントでも同じことが言えますが、とにかく毎日欠かすこと無く、継続して飲むことが大切です。

ローヤルゼリーと一緒に摂ってはいけないもの!

ローヤルゼリーは、紅茶やコーヒーなどのタンニンを含む飲料とは相性が悪いです。
ローヤルゼリーが含む鉄分は、タンニンと結びついて吸収率が落ちてしまうからです。
そのため、水やタンニンを含まない麦茶などでローヤルゼリーを摂取することをお勧めします。

他にも、ローヤルゼリーは熱に弱いため、熱い飲み物と摂取すると、ローヤルゼリーの一部の成分が壊れてしまいます。

飲み合わせに気をつけながら継続して飲もう

ローヤルゼリーは医薬品ではなく健康食品だからと、何で飲むかは関係ないと感じているかもしれません。
しかし実は温かい飲み物などとは相性が悪いので、常温か冷たい水と一緒に飲みましょう。

飲み物にも注意が必要

自分でワーファリンを服用しているのかあまりピンとこない方は、まず病院の先生に相談しましょう。
心筋梗塞や脳卒中などの医薬品を飲んでいる方は、ワーファリンの成分を摂っている可能性があります。
ローヤルゼリーはミツバチの巣から採れる天然の食べ物であり、薬ではないので基本的には何も問題はありません。

ただ、ワーファリンなどの血液凝固阻止剤を服用している人は注意が必要だと言われています。
血液凝固阻止剤とは、その名前の通り血液が固まる事を抑える薬で、血液の流れを良くして血栓を予防する効果があります。

ローヤルゼリーには血液の循環を良くする作用があるため、血液凝固阻止剤が含まれた薬と併用をすると、
ケガをした場合に、血液がなかなか止まらない可能性があります。

ローヤルゼリーで特に注意をしたい飲み合わせ

ローヤルゼリーもサプリメントとして販売されている場合が多く、飲み合わせではよくないものもあります。
何か不安に感じても、そのまま自己判断してしまうのがよくありません。
飲む前に、今自分が飲んでいる医薬品や他のサプリメントがある時は飲み合わせの事もしっかりと考えておきましょう。
なんらかの病気を抱えている人は、飲む前に医師に相談を。サプリメントの種類によっては血糖値が変わるなど、体調に影響を及ぼすものもあるからだ。また、薬を服用している場合も注意が必要。例えばビタミンKは、多量に摂取した場合、血栓症予防薬の効果を低下させることもある。

サプリメントには飲み合わせがある

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |