【花粉症が緩和】ブルーベリーの驚くべきパワーを実証 | キュレーションメディア

【花粉症が緩和】ブルーベリーの驚くべきパワーを実証

目に良い効果をもたらすヘルシーな食品として有名なブルーベリー。実は目への効果だけではないんです!あの小さな果実の中には私たち現代人が見逃せない健康パワーがギッシリ詰まっています。ブルーベリーが秘めた驚くべきパワーを実証!

ブルーベリーは、果物や野菜の中でも食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維が多い果物の筆頭に挙げられるバナナですが、ブルーベリーには、そのバナナを上回る豊富な量の食物繊維が含まれています。含有量で比べると、バナナの約2.5倍もあるのです。しかも、不溶性食物繊維と水溶性の食物繊維の両方が含まれている実力派。
無料の写真: バナナ, トロピカル フルーツ, 黄色, 健康, 新鮮な, 熟した - Pixabayの無料画像 - 614090

アントシアニンを与えたマウスは、与えていないマウスと比較すると、ヒスタミンの量が60%も激減していました。
つまり、痒みを半分以下にしてくれたということです。 これは高い効果が期待できそうですね!

こんな実験結果も

花粉症の目の痒み、辛いですよね。 あの痒みはヒスタミンが原因で引き起こされます。
ブルーベリーが豊富に含むアントシアニンは、ヒスタミンを抑える効果も持っています。
花粉症の心強い味方になってくれそうですね!

アンチエイジングにも!

無料の写真: 枝, 撮影, ホリー, 若い, 新しい, フリッシュ, 緑, モミ - Pixabayの無料画像 - 93717

五大栄養素に次ぐ第6の栄養素とされる食物繊維も、ブルーベリーは豊富に含んでいます。
その秘密は、皮ごと食べられるからです。
バナナやみかんは皮ごと食べることはできませんが、ブルーベリーは皮もそのまま食べますよね?
だから食物繊維も栄養素もムダなく全て摂り込めるのです!

花粉症の予防と緩和にも期待大!

アントシアニンが花粉症のつらい症状を緩和することもわかっています。
ビルベリーには、目のかゆみなどを引き起こす原因「ヒスタミン」の排出を抑える働きがあります。
かゆみの原因物質が少なくなることで、アレルギー症状が緩和されるのです。
症状が出る前に、ビルベリーを取り入れるとより効果的です。
花粉症を発症しやすい性質も持つマウスを2つのグループに分け、1つのグループのマウスに対しては通常のエサを与え、もう1つのグループのマウスに対してはアントシアニンを配合したエサを与え続けました。その結果、通常のエサを与えていたグループのマウスは、かゆみを感じて体をかきむしる「ひっかき行為」が出ましたが、アントシアニン入りのエサを与えていたマウスは、花粉へのアレルギー症状はほとんど見られませんでした。

無料の写真: ブルーベリー, 夏, フルーツ, 健康, 新鮮な, 甘い, 有機 - Pixabayの無料画像 - 870514

金属が経年によって錆びていくのと同じように、
人間の身体も老化によって酸化し、錆びてきてしまいます。
身体が酸化すると、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病にかかりやすくなると言われています。

これらを防ぐのが抗酸化作用を持つ食品。
ブルーベリーは身体が酸化するのを抑制し、健康な毎日をサポートしてくれるのです。

アメリカ産果実および野菜を合わせて43種(全て生鮮物)の抗酸化作用について酸素ラジカル消去能の測定(ORAC:Oxygen Radical Absorbing Capacity)法で調べたところ、ブルーベリーが最も高い結果がでました。

抗酸化作用の強い食品は、生活習慣病のがんや糖尿病、動脈硬化などを予防できることが明らかにされています。

体の中には、活性酸素をやっつける酵素(タンパク質)やビタミン類が存在します。そう、私たちの体は常に活性酸素と戦っているのです。その戦いに敗れた結果が老化になるのです。老化を防ぐには、体の外から抗酸化物質(活性酸素をやっつける物質)を摂り込まなければなりません。 代表的な抗酸化物質の一つに、ポリフェノールがあります。実は、ブルーベリーの中に含まれるアントシアニンもポリフェノールの仲間です。

強い抗酸化パワー!

パソコンやスマホを1日中見ている現代人にとって、疲れ目を癒す効果は有難いですよね!
欧州では医薬品と認可されるほどその効果は高く、
白内障や老眼に対しても改善されたというデータがあります。
ブルーベリーは各国でたいへん人気があります。国によっては近視や目の疲れ・眼精疲労、網膜症、夜肓症の改善などに効果がある医療品として認可されています。
一番有名な、目への効果ですがアントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。
これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。
このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。

疲れ目に効果大!

ブルーベリーは、老化によって引き起こされる様々な生理機能の低下を回復・改善することが、動物実験で明らかにされています。

食物繊維もたっぷり!

アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。
ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。

肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。

世界中にはたくさんの野菜や果物がありますが、
ブルーベリーのアントシアニン含有率は、その中でも最も多いとされています。
老化によるシミやシワの予防や改善に、大きく貢献してくれるかも…!
毎日の習慣にしたいですね。
ブルーベリーは、食物繊維も豊富です。ブルーベリーを食べることで腸内から体を健康にしていきましょう!

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |