医療法人 徳洲会 福岡徳洲会病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

医療法人 徳洲会 福岡徳洲会病院の看護師転職求人のご案内

医療法人 徳洲会 福岡徳洲会病院は、福岡県の春日市にある病院です。医療法人である徳洲会が運営している66の病院の中の一つです。

基本概要

病院:外観

病院:外観

・診療科目
内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、循環器内科、小児科、外科
整形外科、形成外科、脳神経外科、脳卒中内科、脳卒中外科、心臓血管外科、皮膚科
泌尿器科、こう門外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、心療内科
アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、消化器外科、救急科
病理診断科、呼吸器外科、放射線診断科、放射線治療科、肝臓内科
歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科(36診療科)
・認定施設
厚生労働省臨床研修指定病院
外国医師臨床修練指定病院
日本医療機能評価機構認定病院(認定第GB56-4号)
地域医療支援病院
・病院機能評価について
 (13909)

福岡徳洲会病院は、財団法人 日本医療機能評価機構の病院機能評価更新のための審査を受審し、一定の水準を満たしていると認められ、2013年11月1日付けで認定を更新しました。
(認定第GB56-4号、主たる機能:一般病院2、機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0)
日本医療機能評価機構とは、患者さまが適切で質の高い医療を安心して受けられるよう、医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。
職員一同、今後とも病院機能の改善、充実に努め、より一層信頼される病院づくりを目指してまいります。
医療法人 徳洲会 福岡徳洲会病院は、地域における中核病院としての役割を担っています。当病院は365日24時間、年中無休で営業しています。救急科があり、年間約1万件も救急搬送がある病院で、そのため、現場で患者を素早く治療するために、ドクターカーも導入されています。

ベッドの数は602床(一般病床:549床、療養病床:58床)あります。その中で、ICU・CCUには20床、NCU(HCU)には8床、NICUには18床、GCUには12床のベッドが備えられています。

ドクターカー

ドクターカー

院長あいさつ

 (13880)

 (13881)

福岡徳洲会病院は昭和54年10月1日に開設され、以後36年間、春日市の現在地で救急医療を中心に診療をつづけてきました。設立当初は、医師を含めた職員の不足、周りの住民への説明が十分されていないなど幾多の苦難がありましたが、徐々に地域の皆さんの理解と協力を得て、診療内容も充実し筑紫医師会への入会も果たし今日に至っています。その間、日常業務の質の向上に取り組み、日本医療機能評価機構の受審認定も全国で56番目、福岡県では2番目の認定病院として外部第3者の評価に答えられる病院を目指してきました。設立後1年目より研修医を受け入れ、厚生労働省による臨床研修指定病院となり、これまで350名を越える医師が当院での臨床研修を終了し各地で活躍しています。

設立以来、病院は2回の増築を行って診療科の増加とそれに伴う入院患者の増加に対応してきました。しかし、電子カルテの導入や新しい医療安全の考えでは、それなりの広さが必要となり病院が狭くなってきました。また、増築による不便な箇所や、建物の老朽化が進み十年以上前から新築移転の希望がありました。約10年ほど前に隣地を取得し新しい病院への移転する計画にとりかかりました。そして、昨年9月 福岡徳洲会病院は新しい建物へ生まれ変わることができました。新病院では、ヘリポートや救急隊のワークステーションを設置し、広く県外からの症例の受け入れや、病院前の救急医療への積極的介入もおこなう計画です。災害拠点病院として春日市、大野城市、那珂川町そして福岡市南部の災害時医療を担当するつもりです。さらに救急医療については充実を図り、地域の救命救急の核となることを目標としています。

 脳卒中、心筋梗塞、小児救急、外傷治療などは、これまで多くの実績をかさね評価を受けてきたところです。しかし、高齢化社会では一つの疾患だけでなく、多くの合併症や機能低下をもつ症例が増加しています。救急患者の多くが高齢者の内科的疾患となっています。当院での初期研修をうけた若い医師たちが、内科で後期研修を受けるために残ってくれています。多くの医師たちが結集している当院の救急診療に是非期待してください。
当院の入院許可床は602床です。福岡都市圏では4番目の大きな病院です。規模に応じた設備と人員を配置し診療を提供したいと思います。今回の新築移転にともない、放射線治療装置、PET-CTを導入しました。がん診療についても標準的な治療が可能となっています。地域完結型の医療サービスができるよう、地域の医療機関と連携を深め、住民の皆さまに安心をあたえることができるよう、職員一同努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

病院の理念/目標/基本方針

地域により密着した医療、 そして予防医療の充実へ

医学が高度に進歩したとはいえそれを受けられるシステムが整っていなければ人々の健康は維持できません。

私たちは、地域の人々の健康を願い、いつでもだれにでも最善の医療を施せるように努力しています。

病気の早期発見のための予防医療から 発病・ケガに至った場合の治療 社会復帰のためのリハビリまでこれからも人々の健康な暮らしを支えていきます。

・病院の理念
生命を安心して預けられる病院
健康と生活を守る病院
・病院の目標
当院は、徳洲会の「生命だけは平等だ」という基本的考え方に基づき「いつでも、どこでも、だれにでも」良い医療の提供を目標とします。
・病院の基本方針
患者中心の医療の実践
安全かつ適正な医療と看護
患者個人情報の守秘
たゆまぬ努力と自己研鑽
地域医療機関との連携強化

看護部

 (13888)

看護部長あいさつ・看護部の理念/気温方針

看護部長:倉掛真理子

看護部長:倉掛真理子

教育制度について

 (13893)

当病院の教育制度では、最初の3年は看護の基礎や実践能力について学びます。その後の2年で専門性を深めていきます。

看護部の教育は主に、院内教育があり、院内教育では、クリニカルラダーシステムを採用しており、患者との出会いと看護実践を成長の場としての教育的な環境づくりをしています。

クリニカルラダーの基礎の部分の最後には、看護師として、リーターシップについても学んでいきます。

その後の専門性では、呼吸療法コース、救急看護コース、がん看護コース、糖尿病看護コース、在宅看護コースの5つのコースに別れて専門制を深めていきます。

他にも、徳洲会では、グループ内での研修を行っており、徳洲会の66の病院で、グループ内の看護教育に力を入れています。
また、オーストラリアがん看護研修というものがあり、オーストラリアで海外の文化も触れながら、医療事情やがん看護について学んできます。

先輩看護師の声

 (13891)

看護師求人のご案内

 (13892)

・勤務地
福岡徳洲会病院 福岡県春日市須玖北4-5

・勤務時間
勤務体制(三交替制・二交替制)
(1)8:30-17:00
(2)16:30-1:00
(3)0:30-9:00
(4)16:30-9:00
非常勤職員も募集しております。
勤務時間はご相談ください。

・給与
経験年数、当院給与規程により支給します。

・諸手当
住宅・通勤・扶養・夜勤・時間外手当等

・昇給・賞与
昇給年1回・賞与年2回

・休日
月8日以上(年間休日105日)

・休暇
年次有給休暇・特別有給休暇(慶弔等)・
夏季休暇・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇

・社会保険
健康保険・厚生年金保険・
労働保険(雇用・労災)・徳洲会グループ共済

・退職金制度
3年以上継続して勤務した方に支給します

・その他
ユニホーム・ナースシューズは支給します

応募書類を応募してください。
応募書類は、履歴書(写真貼付)・健康診断書(平成28年4月以降のもの)・看護師または助産師免許証(コピー)です。
書類提出先は、
〒816−0864
福岡県春日市須玖北4-5
福岡徳洲会病院 看護部 宛
・お問い合わせ

電話:092-573-6622
FAX:092-573-1733
E-mail: kango-f@csf.ne.jp

アクセス

病院周辺地図

病院周辺地図

☆電車でお越しの方
・JR南福岡駅より徒歩約18分
・JR笹原駅より徒歩約18分
・西鉄井尻駅より徒歩約15分
☆バスでお越しの方

西鉄井尻駅から
・西鉄バス45-1番乗車 [所要時間約7分] 【福岡徳洲会病院前】下車
・西鉄バス45番乗車 [所要時間約6分] 【御陵】下車 徒歩約5分

西鉄大橋駅から
・西鉄バス42番乗車 [所要時間約9分] 【御陵】下車 徒歩約5分

JR南福岡駅から
・西鉄バス45-1番乗車[所要時間約23分]【福岡徳洲会病院前】下車

春日市コミュニティバス「やよい」
・福岡徳洲会病院バス停下車

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |