こんな職場もあるんです♪治験コーディネーターという仕事。 | キュレーションメディア

こんな職場もあるんです♪治験コーディネーターという仕事。

看護師業界でもあまり知られていない治験コーディネーターという仕事知っていますか?実は看護師の転職先としてお勧めの業界なんです。

意外と知られていない・・・治験コーディネーターの仕事。

治験コーディネーター - Google 検索 (2291)

新しい薬を開発する上で『治験』は必ず必要になります。世の中に出回っている薬は全て治験を行っています。最初に動物で実験を行いますがこれは、その薬の有効性や安全性、効果、副作用などを把握するためです。

しかし、人間が使用すると動物とは違った安全性や有効性が現れる場合がありますので、動物での安全性の確認が取れたら次は人間で実験を行います。この新薬を開発する際の試験を『臨床試験』と言います。治験は新薬を開発する上で重要な過程となっています。

治験コーディネーター - Google 検索 (2290)

具体的には、まず業務のスケジュール管理で、使用する施設や検査の予約などを行い、医師や薬剤師、検査技師など治験業務を担当するチームの調整も大事な役割です。さらに、被験者に対して行う治験の内容を説明して精神的な不安を解消するほか、相手の質問や疑問に答える役割も担います。また、必要に応じて精神面のサポートを行います。

そして、治験に必要な資料や書類の準備、実施によって得られたデータの管理やチェックなどもCRCの役割に含まれます。最初の準備段階から最後のチェックまで、治験業務のあらゆる面に目配りする必要があるわけです。

治験コーディネーターの業務は、先ほど紹介したほかにも沢山あります。例えば、治験のスケジュールを管理したり、症例報告書を作成する際の補助も行っています。臨床開発の担当となっている方へ治験の結果を報告するというのも治験コーディネーターの仕事になります。治験業務がスムーズに行えるようにサポートするのが治験コーディネーターの最大の役割です。スムーズに業務を行うためには、医師やスタッフ、患者さん、治験に依頼した製薬会社など、関係する全ての人とのコミュニケーションを取り、治験の調整を行えるかどうかにかかっています。

自分が携わった新薬が世の中に出回るようになるというのは、言葉に出来ないほどの喜びです。薬剤師や看護師の資格を持っていれば、治験コーディネーターになれます。

治験コーディネーター - Google 検索 (2295)

私たちが普段口にしているさまざまな薬って当たり前のことですが、

新しい薬を開発する上で『治験』は必ず必要になります。

その実験のサポートをする仕事なんですね。

つらい病気の症状を楽にしてくれる薬の開発に役立てるなんてやりがいのある仕事です。

治験コーディネーター(CRC)の必要なスキル。

治験コーディネーター - Google 検索 (2292)

スタッフと被験者両方に対するコミュニケーション能力や、業務の進行状況を的確に見極める観察能力、トラブルを未然に防ぐ判断力などが求められます。病棟勤務のように患者と直接接する仕事ではありませんが、新薬を安全に世に送り出すうえで、非常に重要な役割を担っています。このように治験コーディネーターとは、医療機関以外への看護師の就職や転職が注目されているなか、看護師として培ってきたスキルが活かせる魅力的な選択肢と言えるでしょう。

実は・・・治験コーディネーターには資格が存在しない

まず知っておきたいのは治験コーディネーター(CRC)という資格は存在しないこと。あくまで職種の名称なのです。そのため、絶対に必要、という資格はありません。

一方で雇う側では応募者の専門知識を確認するため、特定の業種の資格を応募資格として設定しているケースが見られます。もっとも多いのが看護師と薬剤師。医師や保健師も応募資格として設定されているケースも見られますが、やはり看護師と薬剤師が圧倒的に多い状況です。

理由は看護師や薬剤師は専門的なスキルを身につけている割には転職が多く、病院や調剤薬局といった一般的な職場以外で働くケースが多いこと。医師の資格を保有している人が治験コーディネーターとして働くケースはきわめて稀です。

資格は必要ないようですが、ほとんどが薬剤師や看護師の資格保持者のようです。

薬に関する専門的なスキルが必要になるので当然といえば当然ですね。

治験コーディネーターに転職するメリット。

医療現場から治験コーディネーター職への転職に伴う4つのメリットについてです。SMO企業における治験コーディネーターは、医療現場に比べて門戸を広げております。
ただ、正直に申し上げまして、30代後半以降で治験コーディネーターへ未経験からの転職は厳しくなってまいります。
また、それ以前年齢の方でもエリアにより医療現場の求人が少ないケースもあり、必然的に転職が難しくなります。しかし、エリアによっては、医療現場の求人が少なくても治験関連の求人ニーズが高いエリアもございます。
・給与アップが狙いやすい
治験コーディネーターへの未経験からスタートする想定年収は340~380万円程度です。一般の病院やクリニックにて、エコー検査未経験で転職した際の想定年収は、300~340万円程度が相場ですので、スタート時からの年収から差がでてきます。

ちなみに昇給はこちらも年に1回ですが、昇給額も5,000~10,000円(月額)程度が見込まれる為、医療現場の平均昇給額となります3,000~6,000円程度より高いです。

治験コーディネーター - Google 検索 (2294)

・夜勤がない
これはそのままですが、病院で働く際は当直やオンコール対応がございます。SMOで働く治験コーディネーターは、基本的に臨床行為がない為、夜間の対応はございませんので、必然的に夜勤はございません。
休日数が増える
病院の平均年間休日は100日程度ですが、SMOで働く治験コーディネーターは、年間休日は120日以上のところが多いです。お休みとしまして、土日祝日が基本的にお休みですが、土曜は担当する医療施設により対応が必要になるケースもございます。しかし、その分、別日に代休が取得できたりと休日の確保がしやすいのが特徴です。

治験コーディネーターの転職方法と求人事情。

治験コーディネーター - Google 検索 (2293)

看護師や薬剤師の求人サイトを見ると、治験コーディネーターの看護師や薬剤師の求人を目にすることがあると思います。新薬開発の需要は高いのですが、治験コーディネーターは不足していますので、求人情報は病院並みに多く出回っています。
看護師資格を取得後、すぐに治験業界に就職する方もいますが、ほとんどのSMO企業が臨床経験のある看護師や薬剤師を募集している傾向にあることから、看護師や薬剤師として基礎的なスキルや業務を身につけた後でないと務まらない仕事内容であると理解することができます。そのため治験コーディネーターの求人は、病院や薬局等で経験を積んで、転職活動をしている看護師や薬剤師が集まる看護師専門の転職サイトや薬剤師専門の転職サイトで取り扱っている場合が多いです
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |