転職回数が多い看護師は病院から敬遠される?何回以上が転職回数多いと判断される? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

転職回数が多い看護師は病院から敬遠される?何回以上が転職回数多いと判断される?

転職回数が多い看護師さんって病院から煙たがられて転職しにくいの?人事担当者の本音をまとめました。

みんなは何回看護師の転職してる?

種類を把握しておく | フリーな生活を送るために|心療内科レクチャーページ (5190)

私は数えきれないくらい転職しました。長く続いた病院は10年くらい。あとは続いても2年とか。
民間の総合病院に1年、私立の大学病院に3年、県外の地元へ戻り地方の独法の大学病院を6カ月、期間契約で一般病院を6カ月勤めました。
一口に転職回数と言っても、『20年看護師をやっている人間が4回の転職履歴がある』のと、『3年目の看護師が4回の転職をしている』のでは、大きく異なりますよね。
同じ病院で長く勤めたいと思っているのですが、転職を繰り返しても長続きしません。
人間関係でのストレスが転職理由のほとんどです
同じ5回転職でも、勤続年数によって多いと判断されるか少ないと判断されるか判断がわかれます。

転職回数が多くなってしまう理由は?

ナースのお悩み処方箋【9】ミスでパニック!頭真っ白な自分が情けない|看護roo![カンゴルー] (5202)

陰湿な人間関係、派閥争い、休日出勤、仕事内容も自分に合わないと思ったところ等ですが、そんなこと怖い師長には口が裂けても言えない
「精神的に疲れてしまったので辞めます」
お給料が割に合わない
女性の仕事とは思えないほどのハードな肉体労働で体をこわした
朝夜関係なく働き通しで夜勤がきつかった
残業が多く、休日がとても少ないので自分の時間が作れなかった
残業が多かったり、夜勤回数が多いなどのつらい
体力面、精神面が大変で転職を繰り返してしまうという看護師さんが多いようです。

転職回数が多いと転職に不利になる?

医療 | CCライブラリー 【フリー素材集】 (5212)

転職して別の知識や視点や看護観を持つのは看護師本人にはいいことだと思います。
いろいろな科を回っていろいろな経験を積んでいろいろな処置が出来る看護師というのは、特定の科しかやってない看護師より、「どこの科に回してもやっていけそう」と欲しがる病院もありまし、看護師本人の自信にもつながります。
「面接などで転職理由や退職理由をしっかりと説明できる」
ということができればそこまで大きな不利にはならない
看護師の場合は、転職の繰り返しは必ずしも不利に働かないというのが現状です。
以前人事担当者で看護師採用を判断していた方の体験談でも、「さすがに10回近く転職を繰り返している看護師を採用する気にはなれなかった」と語っています。これは人事担当者共通した考えだと思います。
一般職と違って看護師の転職回数が多い事は一概に不利にならないという事がわかりました。

転職回数が多すぎるのはマイナスになってしまうことも!

面接試験 ポイント|入試ガイド|看護医療学校受験|合格の決め手は生講義!東京アカデミー (5224)

例えば3ヶ月や半年程度の期間働いては辞めるという転職を繰り返し
ている場合は書類選考の段階で、落とされてしまうこともあります。
に結婚や育児等の事情のない20代の看護師2名が選考に残ったとして、1人が転職1回目、もう1人が転職5回目だとすると、やはり転職回数が多い方が不利です。
自己アピールを上手に行えば、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。そうは言っても、勤務期間が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる可能性が高いでしょう。
数か月ごとに転職を繰り返している場合、人事にマイナス面を与えてしまいます。
いかがでしたか?
看護師の転職回数は、多いからと言って一概に不利に働くということは無いという事がわかりました。
しかし、あまりに短期間に何度も転職を繰り返すことは良い印象を与えないので書類の時点で落とされてしまう場合があるので注意が必要です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |