アルガンオイル・・・他のオイルとの違いは・・・? | キュレーションメディア

アルガンオイル・・・他のオイルとの違いは・・・?

美容に使えるオイルって結構たくさん種類がありますよね?「アルガンオイル」「オリーブオイル」「ホホバオイル」きっとそれぞれに違いがあるはず・・・!なので、今回はアルガンオイルのほかに使われているオイルの効果をみていきたいと思います。

アルガンオイルについて♪

 (7979)

同じオイル美容で人気のオリーブオイルにはビタミンEが豊富に含まれていますが、アルガンオイルにはオリーブオイルの2~3倍ものビタミンEが含まれています。
抗酸化作用があるビタミンEには、老化予防・アンチエイジングに優れた効果を発揮します。
アルガンオイルは「ビタミンE」を多く含み、その量はオリーブオイルの2~4倍とも言われています。
ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、体内で吸収されると皮膚の表面に留まり肌のバリア機能を高めてくれます。
さらに血行も促進する働きもあるため、肌の新陳代謝を活発にして美肌を保つ効果も期待できます。
そして、ビタミンEと同様にアルガンオイルに含まれるのが、不飽和脂肪酸の一つである「オレイン酸」です。
オレイン酸は人の皮膚に多く含まれる成分で、保湿を高め肌を刺激やストレスから守る働きがあります。
アルガンオイルは食用として使うこともできます。料理に取り入れることで、体の中から肌の老化を防ぐアンチエイジング効果も得られるのです。
アルガンオイルは、砂漠のあるモロッコの南西部の乾燥地帯に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルです。
1本の木から1リットルしか採取できない非常に貴重なオイルですが、美容効果はバツグンなのです♪
美容効果の他に、火傷などの治療薬としても使う事ができます。

オリーブオイルについて♪

 (7981)

肌を保湿することはもちろんですが、硬くなった肌を柔らかくすることで肌トラブルを軽減させる働きを持ちます。メイクの油分との馴染みが良いため、クレンジング剤に多く使われています。肌の奥まで浸透しやすいということが、クレンジング剤として人気がある理由かもしれません。
オリーブオイルの効果、というよりもほとんどオレイン酸の効果ですが、
主に以下のものが挙げられます。
・コレステロールの低下
・便秘改善
・アンチエイジング
エキストラバージン・オリーブは中性脂肪、LDLコレステロール、HDLコレステロールなど血中脂質プロファイルをすべて改善し、活性酸素の攻撃を阻止して動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳卒中などの心血管病の予防に役立ちます。
オリーブオイルとはオリーブの実から作られるオイルです。
この3種類の中では一番メジャーなものかもしれません。
効果・効能を調べてみると、塗るよりも普通に食事として摂取する方がイイみたいです。
もちろん好みの使い方があると思うので自分に合ったやり方をしてもらえたら・・・と思います。

ホホバオイルについて♪

 (7980)

皮脂バランス調整作用、保湿作用、殺菌作用、反バクテリア作用、抗炎症作用、乾癬・湿疹の改善、消炎作用、関節炎・リウマチの緩和など
ホホバオイルの保湿成分はヒトの肌の主成分であるワックスエステルなので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。
ホホバオイルには、6つの嬉しい効果があります。
①肌を保湿して、ハリ・潤いを与える
②ニキビ・吹き出物などの防止
③毛穴の黒ずみケア
④エイジングケア
⑤妊娠線防止
⑥髪・頭皮を乾燥から守る
ホホバオイルの効果は多岐にわたります。肌の保湿や紫外線対策、ニキビや角栓にも使えます。
ホホバオイルも頭皮から使えるため頭から足までと全身に使えるオイルなので、いつものスキンケアにプラスして使ってみてもいいかもですね♪

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |