効果抜群!眼科で処方?まつ毛育毛剤について知っておくべき事。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

効果抜群!眼科で処方?まつ毛育毛剤について知っておくべき事。

まつ毛美容液と比べて効果が高いとされているのがまつ毛育毛剤です。まつ毛育毛剤のほとんどが医薬品で効果の高いものほど使用には注意が必要です。知っておきましょう。

まつ毛をふさふさ・長く見せる方法はいろいろある。

まつ毛美容の方法は、まつ毛育毛剤を使った美容法以外に、

エクステ・マスカラ・つけまつ毛・まつ毛パーマなどが一般的です。

また、それぞれ自然さ、安全性、持続性、価格、手軽さ、即効性などの違いがあります。

いまはまつ毛エクステや、まつ毛パーマもメジャーでいろんなサロンで簡単に付けてもらうこと

が出来ますよね。

でも手軽になった分、かぶれたり、目が炎症を起こしたりとトラブルも多いようです。

まつげの育毛剤は、もともと目薬だった。

まつ毛 育毛剤 - Google 検索 (1315)

まつ毛育毛剤は元々緑内障の目薬として使っていた所、まつ毛が濃くなったり長くなったりと変化が現れて、アメリカの厚生労働省がまつ毛用の育毛剤として認可したのがきっかけです。
元は目薬だったので万が一、まつ毛育毛剤が目に入ったとしても痛みやカブレなどの心配はなく、安全性に優れています。
ご自身のまつ毛が長く、太く、濃くなる塗り薬です。

もともとは緑内障の目薬でしたが、この薬を使った患者さんのまつ毛が長く、太く、濃くなったので、

FDA(アメリカの厚生労働省)がまつ毛の育毛剤として認可しました。

当院では同じ成分で、国産の緑内障治療薬を使用します。

ラベルに「緑内障・高眼圧症治療剤」とあるのは、そういった背景があるからです。

付けまつ毛と違って自分のまつ毛を濃く、長く伸ばすので見た目もとても自然です。

まつ毛育毛剤は付けまつ毛よりも安全?!

まつ毛 育毛剤 - Google 検索 (1316)

はまつ毛育毛剤をまつ毛に塗ったからと言って、「即効性」がないので長期で伸びたり量が増えるのを待つしかないことです。

つけまつ毛やエクステなどは即効性があるのですが、安全性には欠けます。
育毛剤はまつ毛を有効成分などの力により、毛周期を早めたりするだけなので時間が多少ですが掛かってしまうのが難点です。
ただこれは個人差があり、まつ毛育毛剤を利用してから1週間で効果が現れた方もいれば、3ヶ月間使ってやっと効果が実感できる人と様々です。

毎日塗らなくてはいけないのが少し面倒?

まつ毛 育毛剤 - Google 検索 (1320)

筆のようになっているタイプやマスカラのようになっているタイプなど

いろいろあります。

デメリットとして、毎日塗らなくてはいけない事です。
製品によっては朝晩と1日2回のものや、1日1回のみの製品と異なります。
毎日しっかりとまつ毛に成分を浸透させることで、まつ毛が自然とボリュームを増したり、伸びたり丈夫になったりするので、毎日の手入れが面倒だからと言って手を抜くと、その分効果が実感できるまでの期間が長くなり、またまつ毛育毛剤の利用をやめることで、これまで少しでもまつ毛に効果が現れていたのが
徐々に元のまつ毛に戻ってしまいます。
毎日塗っていて、ふさふさロングになっても、

塗らなくなると元の状態に戻ってしまうのですね。

まつ毛育毛剤の効果を十分に得るためには、使い方を確認しましょう。
使用する前には、まつ毛を清潔に保つことが必要です。そのため、洗顔後に使用するようにします。朝よりも夜、就寝前に使用するようにすると、より高い効果を得ることが出来ます。使い方を間違ってしまうと、思ったような効果を得ることが出来ない場合もありますので、注意をしましょう。

まつ毛が伸びた!と実感するのに時間がかかる。

まつ毛 育毛剤 - Google 検索 (1317)

効果には個人差がとても大きいので2週間足らずで伸びた!という人や

まったく効果が感じれないという方もいます。

育毛剤の使用を始めてから効果が実感できるまで2ヶ月ほどかかるのが一般的です。

効果のない安価なものもあるので注意が必要。

まつ毛育毛剤は偽物と呼ばれるものがいくつかあるようで、それを買うと育毛効果を感じられないどころか皮膚疾患などの副作用が出ることもあるようです。
見た目では偽物かそうでないのか分かりづらいのでこういった所は短所になります。また、商品によっては皮膚に育毛剤が付いてしまった場合は色素沈着が起きる場合があったり、人によっては全く効果を実感することができないという所も短所の一つかではないでしょうか。こういった商品は確実性がないので良い悪いの判断が難しいですが、過度に期待し過ぎず伸ばせたらいいな、という感覚でやるのでしたら試してみてもいいかもしれません。

使い方を間違うと肌トラブルの原因に。

使い方を間違ってしまうと目元の黒ずみなどの肌トラブルに発展する可能性があるということです。なお、効果については個人差があり使用し始めてすぐに効果を得ることが出来る場合もあれば、使用していてもなかなか効果を実感することが出来ないという場合もありますので、期待はし過ぎないようにしましょう。

まつ毛育毛剤は眼科で処方してもらえる?

まつ毛 育毛剤 - Google 検索 (1318)

まつ毛育毛剤は、通販やネット販売が主流とされていますが、眼科でも処方してくれるとところも増えてきています。眼科で処方してもらえれば、使用上の注意などを詳しく聞けるほか、定期的な診察を受けたり、使用中に万一、なんらかのトラブルがあった場合でも相談しやすくなるでしょう。

ただし、まつ毛育毛剤の処方は医療目的ではないため、保険は適用されません。インターネットや通販で購入する場合には、くれぐれも使用上の注意をよく読み、用法や用量を守るようにしましょう。

まつ毛 育毛剤 - Google 検索 (1319)

まつげ用育毛剤は医薬品として扱われる場合がほとんどです。まつ毛用育毛剤は「ビマトプロスト」と呼ばれるまつ毛の有効成分を含んでおり、元々は緑内障患者の治療薬として使われていたものでした。まつげ用育毛剤の主な効果は、まつげの発毛を促し、まつげの量を増やしていくことです。そのため、元々まつ毛が短い・もしくは量が少ないということでお悩みの人に最適です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |