自分に合った育毛剤選び~効果を実感するために必要なこと~ | キュレーションメディア

自分に合った育毛剤選び~効果を実感するために必要なこと~

育毛剤を使用ししても実感できない、効果がなかったという方は多いでしょう。けれど、もしかしたら正しい使い方を知らないで間違った使い方をしていたからかもしれません!ここで正しい使い方を覚えて効率的に使いましょう♪

育毛剤にはどんな種類があるのか

 (2446)

育毛剤には、いわゆる一般的なイメージである頭皮に塗るタイプの育毛剤(外用薬)と、薬を毎日飲むタイプの育毛剤(内服薬)があります。
どちらも発毛効果、育毛効果があることは変わりません
頭皮に塗るタイプだけじゃなくて服用タイプもあるんなんて初めて知りました。

育毛剤を選ぶ時に気をつけること

写真素材 足成:男性の茶髪 (2441)

育毛剤や育毛シャンプーにはさまざまな成分が配合されていますが、
中には、頭皮に強すぎる刺激を与え、
悪影響を及ぼしてしまうものもあります。

毛乳頭に適度な刺激を与えることは、
育毛ケアにとって効果的なことですが、
頭皮環境を悪化させたり、ダメージに繋がってしまうような刺激は
極力、避けるように注意しておく必要があります。

症状が悪化しないように、選ぶ時には刺激の少ないものを選びましょう。

症状に合った育毛剤を選ぶ

写真素材 足成:つらら5 (2445)

育毛剤の効果を早く実感したいからといって、適量を守らずにたくさんつけてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。

たくさんの量を一度につけてしまうと、副作用を起こしてしまう可能性もありますから、必ず適度な量を使用するようにしましょう。

抜け毛や薄毛の気になる部分に満遍なくつける程度が適量になっています。

薬液が流れ落ちてしまうような状態だとつけすぎになってしまいますから、様子を見ながら少しずつ塗布していきましょう。

頭皮に満遍なくつけられて垂れないくらいが適量で、1回につける量より回数が大切です。

価格や内容量の確認

 (2448)

育毛剤を選ぶうえで大切なことは自分の症状や原因にあったものを選ぶということです。 育毛剤は、配合成分によって働きかけや効果が異なります。そのため、自分の症状をしっかり理解したうえで、その症状に合った育毛剤を選ぶようにしましょう。
育毛剤ならどれでもいいというわけではありません。症状に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。

育毛剤の適量はどのくらい?

 (2447)

育毛剤の効果を実感するには最低でも6ヶ月以上の継続した使用が必要です。そのためにも、価格や内容量をチェックし、十分に続けられるものを選びましょう。

育毛剤は続けることがなによりも大切。一定期間使用しないと本当の効果は感じられません。無理に予算オーバーのものを買って続けられなければ意味ないので、価格のチェックは慎重に行いましょう。またその際に、内容量も必ずチェックしましょう。

長く続けられるように価格と内容量は確認しておくべきですね。
高すぎて続けられなくなると効果は得られませんので、自分で続けられる金額で探しましょう。
また、内容量が少ないと頻繁に買わなきゃいけまないので面倒ですよね。

育毛剤を効果的に使う方法

写真素材 足成:Maldives (2439)

体を暖める
蒸しタオルなどで頭皮をしっかりと温めるか、湯船にゆっくりつかり体を温めましょう。頭皮の毛穴が開くと、髪の毛を洗う際、汚れやフケが落ちやすくなります。
また、体を温めると血流がよくなるため、頭皮から育毛剤の成分を吸収しやすくなります。
体を温めることいいとなれば、お風呂に入るときにケアするのが一番ですね。
お風呂に入るときはシャワー派という人は、
湯船に入るようにして、湯船でゆっくり体をあたてめ血行促進に努めましょう。
湯船につかるときには入浴剤などを使うと体を温める効果を高められます。
写真素材 足成:Phuket (2442)

シャンプーをするときは、爪を立てずに指の腹でもむように洗いましょう。頭皮や毛穴が汚れたままの状態だと、育毛剤が十分に浸透できず、その効果を発揮する事ができません。頭皮の汚れとフケを、しっかりと落としましょう。

そして意外とここができてない方が多いようですが、シャンプーをしっかりすすぐこと!これが重要です。抜け毛をはじめとする頭皮トラブルの原因の多くは、この毎日のシャンプーのすすぎ残しだと言われています。すすぎ残しを防ぐためには、シャンプーの3倍以上の時間を掛けましょう。ただシャンプーの時間がどれだけ短くても、すすぎには最低でも3分以上は必要です。

特にすすぎ残しが多い場所は、額の生え際、耳上の生え際、襟足の3つです。
洗い残し、すすぎ残しがないように気を付けましょう。

お湯で頭皮を洗っておくとある程度の汚れは落ちますので、
シャンプーで洗う前にお湯で髪と頭皮を洗っておきましょう。
シャンプーは泡立ててから使い汚れを泡で汚れを落としてください。
あとは、シャンプー以上に念入りにすすぎをして、
シャンプーなどが頭皮に残らないように長めに行いましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |