美味しくキレイに!【アルガンオイル入りスムージー♪】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

美味しくキレイに!【アルガンオイル入りスムージー♪】

身体の中からきれいになるスムージ。せっかく摂るのならより効果あるものがいいですよね^^ 今回はアルガンオイル入りのスムージーで身体の中からキレイになるまとめです。

アルガンオイル入りがなぜイイの?

 (2493)

美肌づくりに欠かせないビタミンAの吸収率を高めたり、調理中に壊れやすいビタミンCの損失を防いでくれたり、ただ野菜や果物をミックスするだけではない美のためのエッセンスになるのです。

さらに、ビタミンEが豊富なので、食材の酸化劣化を防いでくれます

アルガンオイルの主成分

アルガンドール・アルガンオイルの成分はリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が8割で、残り2割は飽和脂肪酸、ビタミンE(トコフェロール)、フィトステロール、トリターペンアルコールです。

ほかの天然美肌用オイルと比較して、ビタミンE(トコフェロール)の含有量が多いのが特徴です。
ビタミンEは、抗酸化作用が強く、老化防止・アンチエイジングにすぐれた作用をもつといわれています。
アルガンオイルは肌のハリとつやを保ち年齢による変化を防止する効果が高いといえます。

アルガンオイルとは、アルガンという植物の種子から採取される油です。抗酸化力が非常に強く、食用やスキンケア用として幅広く利用されています。
アンチエイジングや肌を美しくする効果、生活習慣病の予防などの働きがあります。

続けるとなぜイイの?

 (2490)

ヒトの骨や内臓、脳、筋肉、血管、そして肌など、私たちのカラダを構成している「細胞」。

「細胞」は毎日少しずつ代謝されているので、毎日、外からたっぷり栄養をチャージしてあげることが大切。また、キレイのモトとなる栄養素も、カラダにたっぷりプールされます

私たちのカラダは、約60兆個の細胞が集まっています。
これらの細胞が、内臓や脳、筋肉、血管、そして肌など、私たちのカラダのすべてをつくっています。
私たちが「美しい」「健康」という時、モトをたどれば、細胞一つひとつが健康であるということ。

肌のターンオーバーと同じく、カラダの細胞は、毎日生まれ変わっています。
しかし、活性酸素や紫外線、ストレスやタバコなどのダメージによって、細胞が減っていきます。
細胞の設計図、DNAはこうした毎日の暮らしの中で、1日に最大50万回も傷ついています。
傷ついた一部は修復されますが、一部は細胞死、または異常細胞へと形を変えます。

25歳の時には約60兆個あったカラダの細胞は、95歳のころには約34兆個に減ってしまいます。
そのため「細胞の減少=老化」といえるのです。

私たちがいつまでも「美しい」「健康」でいるためには、

細胞を守る栄養素をしっかり摂取することが大切なのです。

アルガンオイル配合 BBスムージー ラバランス銀座

アルガンオイル配合 BBスムージー ラバランス銀座
アルガンオイルをブレンドしたスムージー。キレイになる食べ物をたくさんチャージできるBBスムージーは、ラ バランス 銀座で。
同じレシピでも1杯1杯は、同じ味じゃない。
それは、一期一会と同じ。
果物や野菜は自然に大きく影響され、収穫時期や熟れ具合など、
生の食材だからこそ味わえる、その時の味。
いわゆる、生のサプリ。

アルガンオイルの作用・効果

 (2489)

最近の研究によって含有有用成分ごとの美肌効果が確認されました。

◆ベーターアミリン
 皮膚保護効果

◆チルカロール
 日光アレルギー防御効果

◆ルペオール
 殺菌効果

◆プチロスペルモール
 日焼け止め効果

◆a-スピナステロール
 細胞復活作用

◆D-7ステグマステロール
 皮膚の老化防止作用

最近よくスキンケア製品に使われているアルガンオイルには希少品ならではの働きがあるようです。

アルガンオイルの健康効果

◎老化を防ぐ効果
◎生活習慣病の予防・改善効果
◎美肌効果

アルガンオイルは食事としても取り入れることができます。

 (2494)

直接摂取ももちろんできますが、例えばサラダ用のドレッシングとして食用のアルガンオイルとレモン汁を1;1であえたり、ヨーグルトやアイスに混ぜて摂取することもできます。

食事としてアルガンオイルを摂取する場合は、スプーン大さじ1杯が1日の目安量です。

過剰摂取はお腹をゆるくしてしまう可能性があるので控えましょう。

 (2495)

アルガンオイルを普段から飲用しているヒト(62名)、飲用していないヒト(34名)を対象に血液中の脂質、ビタミン量、LDLコレステロールの酸化等を調べた結果、飲用していない人に比べて、飲用している人は血中脂質が低く、LDLコレステロール酸化も低く、血中のαトコフェノールが多いことがわかりました。

このことから、アルガンオイルは、LDLコレステロール値を下げ、酸化を防ぐ働きがあり、心血管の疾患を防ぐ可能性があることが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15380909

食用のアルガンオイル

 (2496)

食用につくられたアルガンオイルは風味や美味しさを残すために、ほとんどのオイルが、ある程度の加工をしています。

そのため、化粧品用に使用した場合、まれに刺激になってしまう可能性もあります

◆アルガンオイルには、現在「食用」のものと「化粧品用」のものが存在します。

食用のアルガンオイルを化粧品に取り入れても大きな問題はありませんが、食用オイルも化粧品用オイルも、それぞれの効果を最大限に引き出すための処方となっています。

より高い効果を実感したい方は、摂取方法に合わせて使い分けることをおすすめします。

<豆知識>ベルベル族とアルガンオイル

 (2499)

モロッコで人口の半数を占めるベルベル人は、北アフリカの広い地域に住み、母国語ベルベル語を話します。

ベルベル人はアルガンの樹からとれるアルガンオイルが治療薬や食物となることを知っていたため、古くから村長の家にアルガンオイルを抽出する作業所があったといわれています。

ベルベル人は、赤ちゃんが生まれるとアルガンオイルをスプーン1杯飲ませ、赤ちゃんの健やかな成長、食べ物に困らないようにと祈りを込めています。

このように、ベルベル人にとってアルガンオイルは生活に不可欠なものであるといえます。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |