楽な仕事を探しているなら「眼科」がおススメ? | キュレーションメディア

楽な仕事を探しているなら「眼科」がおススメ?

看護師の仕事は、ただでさえハードなもの。今回は、もう少し楽な仕事がしたい、体力に自信がない・・などの理由で転職したいなら「眼科」の仕事をしてみてはいかがでしょうか?どうして人気なのか、また現実的な部分も簡単に説明していきます♪

どうして眼科って人気があるの?

 (6827)

命を預かる精神的プレッシャーがない

眼科で働く看護師のメリットは、忙しいものの命に関わるような病気の患者さんがほとんどいないので、命を預かるといった精神的なプレッシャーが少ないことです。どの病棟でも看護師が行う処置は医師の指示によって行うものですので救急やICUのようにその場で判断して行動しないと命の危険があるようなケースは少ないのですが、眼科の場合は特にそれが顕著です。

目以外は健康な人

目以外は健康な人がほとんどですからコミュニケーションを取るのに苦労がないというのも、働きやすさのポイントです。そのため、結婚や出産を機に退職していた看護師が復職する場合に眼科を選ぶことも少なくありません。

夜勤が少なくパート勤務もある

クリニックでの勤務が多く、夜勤がなかったりパート勤務が可能な場合が多いのもメリットのひとつ。ライフスタイルに合わせた働き方ができるので、家庭や子育てと両立しながら頑張る看護師が多いのも事実でしょう。眼科は専門の機械を扱うことも多いので、眼科経験があると別の眼科への転職がやりやすくなるという特徴があります。眼科から眼科への転職をすることで、専門的なスキルアップを目指すのもいいかもしれません。

感謝されるやりがいもある

さらに眼科の場合は患者さんの感謝されることにやりがいを感じるという人も多いです。目の痛みというのは耐え難いものがありますし、見えづらかった目が見えるようになって、視界が開けた時の感動は眼科ならではの感覚。そういった経験をした患者さんが、お世話になった看護師さんに感謝するケースが多く、それが看護師へのやりがいにつながっているのです。

眼科を受診してみて思うのは、コンタクトレンズを購入するためという人が多いように思います。
他の科に比べると、確かに命に関わるような重大なケースは少なそうです。
ただ、高齢者の方も多く受診されるので、丁寧なケアやコミュニケーションが必要です。

働きやすく人気はあるが、給料は低め?

 (6877)

転職先としての眼科のメリット
眼科を転職先に考えて求人を探している方もいますが、考えている以上に眼科は人気のある診療科になります。
メリットが際立つ診療科である事もあり、眼科の求人には多くの看護師が集まります。 眼科で働く上でのメリットとしては、やはり残業が少ないという点が挙げられます。 大きな病院であっても、眼科病棟に入院している患者の多くは目に対しての治療を行っている患者になり、容態の悪化などで特別な処置の必要になる患者がほとんどいないと言うことが眼科の残業がほとんどない大きな理由となります。 また、小規模なクリニックでも眼科は多く、クリニックともなれば更に人気が高まります。 残業がない事に加え、休診日が設けられていることもあるため、安定した休暇を得ることが出来るというのがその理由です。
働く看護師としての立場から考えれば非常に大きなメリットであるように感じられるものですが、デメリットもあると言うことを理解しておく必要もあります。 眼科で働く看護師のデメリットとしては収入面の低さがあります。 小規模のクリニックの場合、平均的な年収は250万~350万程度になっており、大きな病院でも350万~450万程度となります。 看護資格以外の資格の有無によって収入に差がつくことになりますが、それでも一般病院の看護師に比べて給料平均額は低い部類に入ります。 また、眼科に特化した医療技術や知識を身につけることになるため、基本的な病気や怪我に対するスキルが低下する傾向もあり、応用が利きにくい診療科でもあります。
眼科は、とても人気のある科のようですが、お給料は若干低めになります。
何が自分にとって重要な条件なのかを考えた上で、検討する必要があります。

視覚は重要な器官、眼科の必要性

 (6831)

視覚を一番使って生きている私たちは目が見えなくなる世界を思い浮かべることはできません。目をつぶって歩いてみればわかりますが、通常の生活を送るのは不可能なことの様に思います。
目はケアをしないと色々な病気にかかりやすくなるため、異常があればきちんと眼科にかかり治療をしていきましょう。
近視になるまでは眼科が関係ないかというとそうでもありません。例えば小学生の頃でもプールで泳いでいれば結膜炎になることもありますし、年齢があがれば近視や乱視が気になるようになります。
加齢によって発症するものには老眼が一番多いでしょう。誰もが感じる変化であり、40代から徐々に始まり新聞の文字などが読みにくくなってきます。
やはり他の体の部位と一緒で、年齢が進むにつれて目の病気も起こりやすくなります。日本人で一番なりやすい目の病気は緑内障で、次に糖尿病網膜症、そして網膜色素変性とされています。
若くしてこれらになる人たちも多くなっていることから、眼科医の中では目の成人病などの呼び方をしています。
最も身近なもので言えば近視が悪くなったときに出てくる視力障害などでしょう。近視が強度になってくると網膜が薄くなってしまい、変性してしまうと障害が発生します。
たかが近視というイメージがある私たちですが、近視も屈折障害というれっきとした障害です。そのため簡単に片づけるのではなく将来にわたって視覚を維持していくために、眼科医などに定期的に通って調べるようにしましょう。
目が見えなくなるとは、どういう状態なんでしょうか。
考えただけでも、怖くてたまりません。そうならない為にも、定期的な受診が大切です。

眼科の看護師の仕事内容

 (6835)

眼科の業務内容は、病棟かクリニックや外来かで大きく異なります。眼科の病棟は、手術が多いという特徴があります。手術件数はその病院の規模にもよりますが、1日5~10件程度はあるところが多いようです。

そのため、眼科病棟勤務の看護師は、術前の患者さんへの説明や指導、術前処置、オペ出し、術後処置、術後の説明や指導、ケアなどが主な業務内容になります。

白内障や緑内障、網膜剥離などの眼科の手術は、心臓外科や脳外科の手術よりも手術時間は短く、30分から1時間のものが多く、長くても2~3時間です。また、入院日数も短いですので、回転が速く、手術の対応に追われることが多くなります。

また、眼科に入院している患者さんは、視力が低下していることがほとんどですので、食事介助や服薬の介助などの日常生活援助を行うことも眼科の看護師の大切な仕事です。

このほかに眼科専門の個人病院やクリニックの場合は、病棟や外来業務以外に、手術での器械出しなどの業務もあります。

クリニックや外来勤務の場合、眼科の特徴的な業務内容には検査業務があります。視能訓練士がいるところもありますが、看護師も眼科の検査を行うことが多いんです。

視力検査以外にも眼圧検査やオートレフを用いた検査など眼科独特の検査が多く、機器を用いた検査も多いですので、検査内容や機器の取り扱いなどを覚えなくてはいけません。

眼科の看護業務の特徴
眼科では、視力検査や眼圧測定をはじめ、視野検査・眼底検査・超音波眼球検査など様々な検査を行いますが、それら検査の多くを看護師が担当しています。

眼科看護師の業務内容のなかで、専門的な何種類もの検査機器を使いこなす必要があるという点が、他の診療科にはない最大の特徴であるといえます。

さらに、他の病棟に比べると眼科の病棟看護師は手術を手伝うことが多いという特徴があります。しかし、眼科経験がなくても心配することはありません。

また、視能訓練士という資格を取る人もいます。視能訓練士とは眼科医師の指示を受け、視能力検査を行ったり斜視、弱視の訓練治療を行ったりすることができる資格を持った人のことです。例えば視力や視野、色覚などといった検査を行い結果から診断、治療を行います。

眼科看護師の業務のなかで最も重要といえるのは、「見えている」ことを前提にした話し方を避け、視力が低下している患者の身になったきめ細かいケアを行うことにあります。

看護師にとって眼科勤務は、新たな知識と技術を習得する必要がある分、看護スキルや経験を積み上げることにもつながりますが、それ以上に、看護の心の基本を再確認できる職場であるともいえます。

眼科の特徴として、専門機器を使用することが挙げられます。扱い方を覚えておくと、スキルアップとして良い経験値となりそうです。

眼科看護師の向き不向きとは?

 (6850)

細かい作業が好きな方
眼科では、細かい作業が必要になると言えるでしょう。例えば、目にガスを注入し、その後の患者さんの体位を固定したり、微妙な角度を把握し、固定するようにする必要があります。眼は人間の体の中でも小さい臓器となっており、患者さんを支える医師、看護師の業務も細かくなっているのです。

眼は、感染を起こしてしまうと、失明してしまう恐れもあり、患者さんの清潔だけでなく、看護師自身も清潔にするように心がける必要があるのです。毎日の作業で慣れてしまい、アバウトになってしまっては、大変な結果になる可能性があります。手洗いなどを徹底出来る、細かい作業も苦にならない方が向いています。

お年寄りが好きな方
眼科は、子どもからお年寄りまでが訪れる診療科目となっていますが、平均するとお年寄りの患者さんの方が多いと言えるでしょう。その為、お年寄りの患者さんにも親切に対応できる、お年寄りが好きな看護師が向いていると思います。

中には、お年寄りの対応をするのが苦手という方もいると思いますが、そのような方はお年寄り患者が多い眼科には不向きなのかもしれません。お年寄りと話をするのが好きという方は、眼科の看護師を目指してみてはいかがでしょうか?

落ち着いて機材を取り扱える方
眼科で使用する機材は、他の診療科目とは違う機材が多くあり、使いこなすまでには多少の時間がかかると思います。

未経験で眼科の看護師をするのであれば、特殊な機材にも慣れる必要があるでしょう。落ち着いて機材を扱う事で、患者さんに不安感を与えずに検査を行えるようになるでしょう。機材を扱うのが苦手という方は、研修制度が充実している職場や、教育体制が整った職場を見つけ、機材の取り扱い方法などを学ぶ時間を取れるようにしましょう。

機材の取り扱いになれる事で、毎日の業務もスムーズになり、患者さんに与えるストレスも最小限に出来、気持ちよく検査や治療を受けてもらえるようになると思います。

高齢者の方は、定期的に通院されることが多いかと思います。そのため、高齢者と話すのが苦手な人は向いていません。
自分の向き不向きを知ることも必要ですね。

高齢者の方との接し方

 (6863)

難聴で聞こえにくい人には、目線を合わせて丁寧にゆっくりと話す

難聴の場合、特に高音域が聞こえにくいので、低い声で一語一語、丁寧にゆっくりと話します。

また、長い文章や回りくどい言い方は避け、簡潔にわかりやすい言葉で話すよう心掛けます。気を付けていても、つい専門用語を使っていることがあるので注意しましょう。

認知機能によっては、伝える情報も、先々のことまで考えて説明したり、一度にたくさんのことを伝えるのはよくありません。早くから説明するのは、看護師自身の安心のためといえます。患者さんの理解力や反応を見ながら、伝える量を考えましょう。

患者さんに話しかけるときは、目線を同じ高さにします。例えば、臥床している患者さんに看護師が立ったまま上から話しかけるのは、相手にとって脅威であり、威圧感を覚えます。あまり顔を近づけすぎない程度にかがむなどして、患者さんの耳元で話すようにします。看護師がマスクをしている場合はなるべく外します。

ゆっくりと話すことは、看護師も落ち着かせる効果があります。患者さんの肩や背中、腕に手を添えながら、「ちょっとよろしいですか」と改まった雰囲気をつくると、患者さんの意識がより集中されやすくなります。

わがままで頑固な人が多く、上手くコミュニケーションが取れない

歳を取った人と言うのは、どうしても自分の考えを曲げたくない人が多く、頑固でコミュニケーションが取れないと言う事も少なくありません。

そう言う人に対して、「あの人頑固だしわがままだから苦手だな・・・」と思うよりも、逆に他の人よりも多くしゃべるかける事で、コミュニケーションが取り易くなるケースもあります。

頑固でわがままな人でも、”決まった看護師には笑顔で接している”と言う場面を見かける事はないですか?

それはその先輩看護師が、わがままで頑固だと分かっていながら積極的にコミュニケーションを取りに行った結果かもしれませんよ。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |