病院で処方される育毛剤・育毛薬には、どんなメリットがあるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

病院で処方される育毛剤・育毛薬には、どんなメリットがあるの?

薄毛治療には専門の医療機関を受診することが、最も安心できる方法と考えられます。育毛剤は数多く市販で売られていますが、病院で処方してもらう方が大きなメリットがあります。

男女で違う育毛剤や育毛薬の成分

病院で処方される育毛剤や育毛薬は個人に合わせたものになりますが、男性と女性では全く違っています。

男性の薄毛治療には男性ホルモンを抑制するタイプが用いられていることが多いのですが、それは女性の薄毛には効果を示すことはありません。
逆に女性の薄毛治療には女性ホルモンを補佐するようなタイプが用いられていますが、男性が使用しても意味がありませんね。

その違いをまずは勉強しましょう。

B型肝炎とはどんな病気か?:性病検査のアイ・ラボ (669)

女性の育毛剤の特徴は、栄養成分や保湿成分、イソフラボンなど女性ホルモン様成分が配合された低刺激のマイルドな育毛剤が主流になっています。

一方、男性用育毛剤は、皮脂分解成分、抗菌成分、清涼剤、男性ホルモン抑制作用、血行促進剤などが主流です。これは、男性ホルモンの作用で、皮脂分泌が多く、フケや痒みなどの症状が多いためです。男性用育毛剤は、やや刺激があるさっぱりタイプが主流です。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
男性特有の治療薬に含まれる成分
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
フィナステリド
男性の抜け毛の原因である男性ホルモン「DHT」の生成を抑制することができる成分です。
効果が現れるまでには3~6か月必要であり、服用をやめると薄毛が進行してしまいます。

男性の薄毛は、主に男性ホルモンの割合が多くなってしまうことが原因で起こります。そのため、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制する成分が薄毛治療薬の主成分になります。

男性の薄毛は、その大半が男性型脱毛症です。男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、そのDHTが毛髪の成長を妨げる…というメカニズムになります。それに加えて頭皮の血行不良も大きな要因となります。そのため、男性用育毛剤には男性ホルモン抑制、血行改善の成分が主に含まれていなければなりません。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
女性特有の治療薬に含まれる成分
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
・パントテン酸カルシウム、ビタミンB1
脂肪や糖の代謝を促進する成分であり、毛髪や頭皮を健康に保つ作用があります。
・ケラチン、L-シスチン
毛髪や皮膚、爪などをつくる成分です。

女性の薄毛は加齢やストレスによる、びまん性の薄毛が特徴であり、男性の薄毛との最大の違いは「女性の薄毛は、髪がなくなることはない」ということです。
そのため、薄毛の治療薬でも女性の体内に不足しがちな様々な成分が含まれます。

女性の薄毛は頭皮の栄養状態が低下すること、そして毛髪の寿命を延ばす女性ホルモンが減少することの2点が主原因です。このようなことから、頭皮への栄養補給を行う成分、女性ホルモン同様の働きをする成分が育毛剤のメインとなっているのです。

男女で同じ育毛剤や育毛薬の成分「ミノキシジル」は、男女で濃度が違う!

一人で解決? 二人で共有? 男性と女性では問題の解決方法が異なる | 女子力アップCafe  Googirl (668)

ミノキシジル
頭皮の血行を促進する成分です。外用薬や内服薬など、様々な薄毛治療薬に利用されています。
しかし、男性に適応されるのは主にミノキシジル配合率5%であるのに対して、女性が使用する場合はミノキシジルの配合率は1%程度です。配合率が高い治療薬を女性が使用してしまうと、体毛が濃くなってしまうため、使用時には注意が必要です。
ミノキシジルを配合した外用薬には、男性用と女性用があります。違いは、ミノキシジルの濃度です。女性は男性よりミノキシジルの濃度が低くても、十分な発毛効果がみられるため、男性用に比べて女性用の外用薬は濃度が低くなっています。ミノキシジルの含有量が多いからといって、男性用を使用しないように気をつけましょう。女性が高濃度のミノキシジルを使うと、体毛が濃くなるなど副作用の影響を受けやすくなります。

病院で処方してもらうことにはメリットがある

育毛剤とか、ドラックストアやスーパーでも売ってるでしょ?
確かに市販の育毛剤は数多く存在し、買おうと思ったときにすぐに手に入る環境です。

しかし病院で処方してもらう育毛剤や治療薬には、大きなメリットがあります。

そらまめ物語|慢性腎臓病患者さんの腎臓を守る物語サイト|透析を始める時期を遅らせるために|お医者さんと相談しましょう (670)

:.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.:
① 成分の濃度調整によって、高い効果が期待できる
:.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.:
発毛成分の代表格であるミノキシジルがメインに使われています。

頭皮の状況に合わせてミノキシジルの濃度を変えていくことができ、直接頭皮に塗るだけなので使い勝手も悪くありません。

ミノキシジルの女性用発毛剤も市販されていますが、病院で処方される医療用ミノキシジルに比べると市販のミノキシジルは作用成分の濃度が低く なっています。
治療費はやや高くつくものの、AGA病院での治療はより安心することができますし、薬も必ず正規品を購入することができますので、安心して利用できますし、正規品ということで、しっかりとした効果を期待することができます。

薬の濃度調整なども知識がないと難しいものがありますが、専門の病院であれば、それぞれの症例に合わせて適性な濃度を選んでもらうこともできます。

ミノキシジルについてですが、AGAの病院では確実に結果を出すためにさらに高い濃度で使用されることがあります。(基本的に濃度が高い方が効果が出る)しかし、市販に含まれている濃度(1%or5%)でも使用者のうち5~10%近くの人にかぶれ、異常発汗、倦怠感、酷い場合はこん睡などの副作用が起こるとのことです。この実情はもちろんのこと、さらに高い濃度で使っているとなれば「やはり病院で」となるのも仕方の無いこところがあります。
:.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.:
② 副作用など個人に合わせた治療ができる
:.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.:
クリニックなどによる女性の薄毛治療は、市販の薬やサプリメントと違って専門家が処方することになりますので、その効果も強くなることがあります。

しかし、その治療法や処方される成分に無理があったりすると、頭皮の炎症や体調不良を招いたり、育毛成分が強すぎると、髪の毛だけでなく、すね毛やワキ毛など他の体毛も濃くなってしまうこともあります。

薄毛の治療には、医師と相談しながら、無理のない処方をしてもらうことが大切ですね。

副作用の説明もしっかり行なわれますので、薬の効能だけではなく、副作用についてもしっかり理解できますし、写真撮影などを行なうクリニックもありますので、治療経過がわかりやすい、効果を実感しやすいということもあげられます。
しっかり結果を出すために効果が出る薬を使いたいわけですが、その反面副作用のリスクがつきもの。となるとAGAの病院があるといざというとき(副作用が起きたときに)にとても助かるので安心です。
:.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.:
③ 医師によって定期的な経過観察ができる
:.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.::.。. .。.:
初診の段階で、治療方法や期間、費用についての詳しい説明が行われ、問診や採血、家族の髪の状況などを聞かれて、遺伝的な要素なども判断されます。その上で内服薬の治療だけか、頭皮に治療薬を直接注入する方法もとるかといった判断が下されます。
初診後は月1回など定期的に診察を受け、経過を観察し、薬が処方されます。薄毛が気にならなくなってきたら、薬を減らしたり、薬を止めたりして、その後の経過を見守っていきます。
発毛医薬品処方だけでなく継続的な経過診察が施される専門外来では、患者の状況や改善情報を写真データと共に保存し完全カルテ化されます。このため、患者個別に効果が出やすい治療方針を診察ごとに専門的な見地に基づく検討が期待でき、個人輸入での自己発毛のような独自に学習して治療をおこなうということが必要なくなるメリットです。
薬を服用していて副作用の兆候などが現れた場合にいち早く対処できるからです。
病院で処方されるミノキシジルやプロペシアというのは副作用の危険性をはらんでいます。

そのため、定期的な検診は欠かせません。
血液濃度などから不整脈を患っていないか、肝機能への障害はないかなどを調べることができます。

やはり薄毛対策には薄毛専門の医療機関を受診しましょう

ドラッグストアなどで数多くの育毛剤を目にすることができる時代になりました。
薄毛は男性女性問わず多くの人が悩んでいます。

簡単に手に入る育毛剤ですが、その副作用についても深刻なものがあります。
男性用と女性用では育毛剤の成分が違うことを知っていますか?男性用の育毛剤は女性にとって刺激が強すぎて逆効果になってしまうこともあります。

医者と出会う(病院編) (671)

そんな育毛剤はやはり医療機関で処方してもらうのが一番安心でしょう。
治療費はかかってしまいますが、

●個人に合わせた治療方針を専門家が立ててくれること
●副作用をきちんと説明し、副作用に応じで薬の濃度調整をしてくれること。
●副作用が現れないように定期的な経過観察をしてくれること

がメリットとして挙げられます。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |