春日井市民病院の看護師転職求人の案内 | キュレーションメディア

春日井市民病院の看護師転職求人の案内

春日井市民病院は愛知県の春日井市にある病院で、春日井市が運営している市立の病院です。当病院は、地域の中核病院としての役割も担っています。

基本概要

病院:外観

病院:外観

病院:外来案内図1F

病院:外来案内図1F

病院:外来案内図2F

病院:外来案内図2F

春日井市民病院は、地域において基幹病院としての働きを担っている病院です。ベッドの数は556床(一般病床:550床、感染症病床:6床)あります。

地域から愛される病院を目指していることから、病棟にデイルームを設置していたり、敷地内の25%を緑化など、緑の自然が多い病院となっています。
また、ICU・CCU、救急部など、救命救急にかかわる医療も充実しています。

院長あいさつ

院長:渡邊有三

院長:渡邊有三

院は、地域住民の方々が突然の病で入院治療が必要となった時、手術が必要となった時など、不測の事態が起こった時に、誰もが安心して適切な医療が受けられる病院でありたいと願い、そのようなご希望に応えられる体制作りを目指して、全職員が日夜研鑽しています。
 救急医療に関しては、「決して断らない」を原則に、毎年多くの救急患者さんに対応しています。
救急車によって当院へ搬送される患者さんの数は尾張北部で一番の数でもあり、地域の救急医療を守る生命線として頑張っていると自負しています。しかしながら、入院が可能なベッド数には限りがあります。限られた資源を有効に利用しつつ、緊急時に備えるためには、ベッド確保が重要です。
このような理由で、当院では入院される患者さんに対し、入院時から退院目標を提示し、病気が急性期を越えた時あるいは退院目標に到達した場合には、回復期リハビリテーション施設やご自宅での治療継続をお願いしています。当院を利用される方が均等に治療機会を得られるための手段です。
ご理解とご協力をお願いします。
当院がこのような急性期医療を推進していくためには、安定期や慢性期の医療と急性期の医療を区別することが必要となります。
たとえば、急性期医療が必要な患者さんは、連携医から紹介していただき、安定期となった患者さんは連携医に逆紹介して、通常の診療は連携医にお願いするというものです。これが医療連携システムの基本であり、この方式を積極的に進めるために、当院は地域医師会の先生方と協力して医療連携システムを構築し、1階には地域医療連携ステーションを開設しています。
地域の開業医が決められない場合には、地域医療連携ステーションをご利用いただくことをお勧めします。
当院は、尾張北部で初めての地域医療支援病院の指定を目指して、逆紹介を推進しています。また、当院を初めて受診される際には、連携医からの紹介状のある方を優先し、紹介状のない方には特定療養費という名目での自己負担をお願いしています。外来の待ち時間を短くするための有用な対策であり、ご理解いただきたいと思います。
 安全、安心な医療を提供することが、当院の一番の希望であります。
しかし、医療は完全なものではありません。我々医療を提供する側と医療を受ける皆様との相互協力があってこそ、皆さまのご期待にそえる結果が得られると私は確信しています。
今後とも、当院を信頼していただき、ご批判を頂戴しながら、さらによい医療機関を目指して頑張っていきますので、よろしくお願い申し上げます。

病院の理念/基本方針

・病院の理念
春日井市民病院は自治体病院として地域の医療にかかわる要望に誠実かつ不断に応えることを存立の意義とする。
・病院の基本方針
1.人権の尊重によって築かれる相互の信頼のもとに、医療を受けられる方の意思が反映された医療を行います。

2.正当な根拠に基づく良質で高水準の医療を効率的に行うために絶えず研鑽します。

3.急性期医療の拡充と専門医療の推進に努めます。

4.地域の基幹病院として、医療機関、介護サービス事業者、保健・福祉行政との連携を密にして地域完結型医療を推進します。

5.公営企業として健全な経営に努めます。

看護部

 (12958)

看護部長あいさつ

看護部長:鈴江智恵

看護部長:鈴江智恵

私たち看護職には、看護の実践を通じて、人々の健康問題にかかわっていくという使命があります。そのために絶えず研鑽していかなければなりません。しかも地道でひたむきな努力が必要なのだと思います。
しかし、個人で実現できることにはどうしても限界があります。

それを可能にするために私たち看護局はあります。
一人でできないことは、皆が協働して実現していきます。地域医療への貢献という同じ目標をもった仲間が、お互いを助け合い、気づかいながら成長していきたいと思います。

一人ひとりのキャリアを大切にする組織でありたいと考えます。

看護部の理念/活動方針

・看護部の理念
気づき、気づかいの看護の実践
・看護部の活動方針
1.ミッション:地域との連携を密にし、一人ひとりが地域につなげる看護を実践する。

2.ビジョン:やりがいのある看護の実践によって、一人ひとりが持っている力を最大限に発揮し、信頼されている組織となる。

3.イノベーション:一人ひとりが今ある組織の姿を認識し、常に自分に何ができるかを思考しながら行動することによって積極的に組織の価値づくりにかかわる。

教育制度について

・クリニカルラダー
春日井市民病院では、クリニカルラダーを使って、看護師一人一人のキャリアプランを支援しています。
また看護管理者もラダーレベルで看護管理者のキャリアアップ支援を行っています。
 (12966)

クリニカルラダーで、ジェネリストあるいはスペシャリストまでいった後はマネジメントラダーに移り、最終的に看護部長や主幹となるための教育に移っていきます。

他にも、新人教育では、1年を通して研修を行っています。

先輩看護師の声

医療連携質:林祐里子

医療連携質:林祐里子

チーム医療という新たな分野で
自分の可能性を広げています。

育休中に取得した資格を活かして復職
3年前の育休中、勉強することで仕事とつながっていたいと思い、ケアマネジャーの勉強をして合格。復職の際には、それまでと同じ急性期医療に関わる救急外来か、医療連携室かどちらかとの打診がありました。せっかくなら別分野にもチャレンジしてみようと、ケアマネジャーの資格を活かせる医療連携室を選びました。ここでの役目は、退院して自宅に戻る患者さんが、その方らしく地域の中で療養を続けられるためのお手伝いをする「退院調整看護師」です。患者さん、その家族を中心としたチーム医療の中でも患者さんや家族ともっとも近い存在である看護師として、自分に何ができるか、何を望まれているのかを常に考えて仕事に臨んでいます。

オーダーメイドの看護を目指して
それまで急性期看護の経験しかなく、回復した患者さんが退院した後、自宅でどのように過ごすのかまで考えたことはありませんでした。今は、がんの患者さんで、体力も筋力も落ちてしまった方や、認知症を患っている方が、自宅へ戻る時にどのようなサポートが必要かを考えなければなりません。そこには家族の思いもあり、また本人がどう生きていきたいかということにまで踏み込んで考えることが求められます。看護師として在宅医療について熟考し、少しずつですが、オーダーメイドの看護を実践できるようになってきたと自負しています。

自分の看護師人生を振り返り、新たな目標に向かって
看護師歴も12年となり、今一度、自らを振り返り、持つべき知識を身につけたいと思い、CLN認定をうけました。レベルの高い研修で、物事を俯瞰して捉える力が足りないことや、マネジメント能力もまだまだとわかりました。目指すは私を支えてくれている師長です。他にも憧れの上司や先輩もここにはたくさんいます。すぐ近くに目標となる看護師がたくさんいることで、常にモチベーションを高く維持できることが、この職場の最大の魅力です。

神経内科:河村帆波

神経内科:河村帆波

新たなステージに立つことで、
未知なる自分の可能性にチャレンジします。

メンタル、フィジカル双方からのサポートが求められる看護
神経内科で、脳梗塞や ALSなど神経難病患者さんの日常生活動作(ADL)の援助や、退院支援などが主な仕事です。入院中に寝たきりや車椅子が必要になってしまう患者さんが多く、ADLが落ちてしまいがちな患者さんの精神面のサポートをしながら、自身でできることは積極的にやってもらうようにすることが最大の役目です。特に高齢者の患者さんが多く、転倒しないように安全面にも細心の注意を払わなければならず、スタッフ全員の助け合いが必須です。そんな中、患者さんが日々元気になり、自分でできることが増えていく様子を見ると、本当に嬉しいですし、この仕事のやりがいを感じる時です。

チームワークが病棟の雰囲気を作り上げる
毎日忙しく、チームワークがないと回らない病棟です。それだけにスタッフ同士の結束力も強いですし、一人で悩んだことも、辛いと思ったこともありません。いつも仲間に救われ、助けられてきました。今は指導する立場になり、新人が悩んでいる様子が伺えたらすぐに自分から声をかけています。声をかけたり、かけられたり、そんな雰囲気作りが、ひいては患者さんに優しい看護につながりますから。「この病院は皆さんが優しい」「看護師さんの笑顔に救われている」と患者さんに言っていただけることが嬉しいですし、これからもそう言ってもらえる病棟であり続けたいです。

さらなるステージを目指す
5年間の神経内科での看護業務は、毎日が楽しく、やりがいも感じていましたが、以前から行きたい病棟があること、しかしまだ今の病棟でも自分の能力に自信がないことを上司に相談しました。上司からは、「私も何十年も働いていても自信がつく日なんてこないわよ。自分がやりたいと思った時が、そのタイミング」と、背中を押して下さるあたたかい言葉を頂き、決意ができました。可能性を広げ、新しいステージに立てる支援体制に感謝し、さらにレベルアップを目指していきたいです。

看護師求人のご案内

・正規職員
【 募集職種 : 看護師 ・ 助産師 】

✱採用予定日    平成28年6月1日

✱採用人数      若干名

✱受験資格      昭和31年6月2日以降に生まれた人で、免許を取得している人

✱給与月額      大卒:約316,600円
短大3卒:約309,900円
短大2卒:約303,700円
※2交替勤務:長時間日勤4回、夜勤4回の場合の例です。 

✱試験日4月24日(日)
※試験時間は、受験票で確認してください。

✱応募期間      3月22日(火)~4月15日(金)

✱試験内容等  
 試験内容:適性検査、面接試験
試験会場:春日井市民病院(3階講堂・講義室)

※給与月額は、平成28年3月1日現在のもので、今後変動する場合があります。
※そのほか、扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外手当、期末・勤勉手当等をそれぞれの条件に応じて支給します。

応募手続き

1.応募書類

履歴書(市販のものに顔写真を貼付)
看護師免許証(写し)
健康診断書
※ 履歴書に貼付する顔写真は、応募前3か月以内に撮影したものを用いてください。
※ 健康診断書の書式は、市民病院ホームページから入手してください。

2.応募方法

応募書類を持参又は郵送にて市民病院管理課へ提出してください。
※ 応募期間内に必着のこと。
※ 受付時間は、午前8時30分~午後5時です(土・日曜日を除く)。

福利厚生には、職員である看護師のための看護師寮があります。1LDKでオートロックの独身寮で家賃は17000円です。加えて、館内にはトレーニングルーム、サウナ、図書館、ラウンジなどの共用スペースもあります。

他にも、育児休業を、子どもが3歳になる間、取得することができます。また、育児短時間勤務など、子どものいる看護師のために働きやすい環境が整っています。育児休業後に復職もスムーズに進みます。院内には、保育所があるため、看護師の仕事と育児を両立させることができます。

育児休業を取った看護師が再度病院に復職する際などにカムバック研修といって、復職した際の研修を一度だけでなく何度もできるように研修を充実させています。

春日井市職員の共済会の一環として、ポイントの付与があり、旅行や英会話、フィットネスに通うなど、自分の生活に合わせて福利厚生を選ぶことができます。

アクセス

公共交通機関を利用する場合

JR名古屋駅から中央本線でJR春日井駅まで20分
→JR春日井駅から名鉄バスで春日井市民病院まで15分
→JR春日井駅からタクシーで春日井市民病院まで10分

最寄り駅からはバスで15分ほどの距離にあるので、徒歩で通うのは厳しいです。しかし、病院前にバス停があるので、バスにさえ乗れば交通の便はさほど悪くはありません。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |