手稲慶次階病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

手稲慶次階病院の看護師転職求人のご案内

手稲慶次階病院は、北海道札幌市手稲区前田に所在している医療機関です。手稲渓仁会クリニックと手稲家庭医療クリニックの2つの医療施設が併設されています。

病院概要

病院長あいさつ

病院長

病院長

015年4月から院長を務めております成田です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

当院は1987年の開設以来、地域住民の皆さまから頼りにされるかかりつけ医として、同時に質の高い急性期総合医療を提供する病院を目指して、これまで職員一同日々研鑽してまいりました。

その結果、「地域医療支援病院」、「地域がん診療連携拠点病院」、「救命救急センター」、「ドクターヘリ基地病院」、「災害拠点病院」、「初期臨床研修指定病院」等の指定や、大学附属病院と同等の機能を有すると認められた病院に与えられる「DPC医療機関群II群(高診療密度病院)」の承認を受けるに至りました。

現在建設中の新棟完成後には、最新の設備を備えた手術室の増設や病棟個室率の増加などハード面での一層の拡充はもちろんのこと、ソフト面では患者支援センター(仮)の新設を予定しています。これにより手術や検査の説明から入院前オリエンテーション、退院調整、よろず相談など、様々な局面で患者さんが迷わない、ワンストップサービスを目指します。

私たちは今、「500床以上の大病院」や「地域医療支援病院」が取り組まねばならない政策医療である、病院完結型から地域完結型の医療体制への変革の只中におります。一方で、医療機関に求められている機能分化・役割分担の方向性と、フリーアクセスが当たり前であった時代の患者さんの意識に、現時点で温度差があるのも事実です。

しかし、超少子高齢社会、人口減少社会が目前に迫る中で、当院が地域の中核病院として果たすべき役割は、地域住民の皆さまの理解を得ながら提携医療機関との連携をより一層深め、在宅医療も含めた地域の医療機関全体で切れ目のない医療を提供していくことだと確信しております。

何事にも多職種の職員で一つのチームとして努力してまいります。これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院
院長 成田 吉明

理念

 (10128)

理念
1.患者主体の医療に徹する
1.地域に開かれた病院を目指す
1.高度の医療もわかり易く提供する
1.学習機会の積極的活用による前向きのチーム医療を実践する

ミッション
地域住民及び利用者から信頼され、質の高い効率的な急性期総合医療サービスの提供

ビジョン
■患者満足度の高い医療サービスの提供を目指す
■急性期総合医療体制の整備と専門医療体制の充実を目指す
■医療の質向上と経営基盤の安定を目指す
■モチベーションの高いプロフェッショナル集団を目指す

私たちは患者様の権利をお守りします
1)私たちは患者様お一人お一人の意志を最大限に尊重して接します。
2)私たちは診断・検査・治療計画等についてわかりやすく説明致します。
3)最終的な治療方針の決定は患者様個人の意志を最も尊重します。
4)主治医・看護師を始め職員の説明がわかりにくい場合や疑問がある場合は御遠慮なくお申し出下さい。
5)私たちが医療行為上知り得た個人の情報やプライバシーは必ずお守りします。

看護部概要

看護部長のごあいさつ

看護部長

看護部長

 (10135)

生命にひたむきな看護、それは患者さんのこれまで歩みを通して繋がれた命、その命に、真摯に向き合い看護を通して関わらせていただくことです。お一人おひとりの命、それは単に生物学的な命を指すのではなく、その人の生活、大切にしていること、その人らしさも含みます。患者さんの傍にいることを許され、命に関わる私達看護師。患者さん、ご家族の傍で私達は何をすべきか常に考えなければなりません。

 当院はドクターヘリを含む救急医療、地域災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院など公的な役割を担いつつ、急性期の総合病院専門病院として医療の貢献に努めております。医療技術は確実に日々進歩しています。また少子高齢社会、社会保障制度の改正などにより医療を取り巻く情勢は刻々と変化しています。

 その中で私達は、高度医療を担える確かな技術の獲得を目指します。ただ、どんなに医療が発展しても病に伴う患者さんご家族の苦しみ、悲しみは変わりません。私たちはその苦しみ悲しみに寄り添い、患者さんそしてご家族の持てる力が発揮できるように支えることを目指します。

 それには、主体性と責任をもって看護を提供し、ひたむきに患者さんとご家族のために、何をすべきかを考え変化し続ける看護師でありたいと考えています。

認定看護管理者 田中いずみ
手稲渓仁会病院 看護部長

看護部理念

看護部は手稲渓仁会病院の理念に基づき、時代に即応した質の高い看護サービスを提供するために、次のような理念をかかげて、その達成に努めています。

1.患者の権利を守り、確かな技術で患者中心の看護を実践する。
2.社会の変動に目を向け、時代の要請にこたえた看護を実践する。
3.自己の能力の開発に努め、よりよい看護を追究し主体性と責任をもった看護を実践する。

チームでの活動

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

症状緩和のため、1日1回コンサルテーション活動を行っています。医師や看護師以外の仕事をしている方からの意見も多く、いろいろな目線から症状緩和に向けて活動をしています。
栄養サポートチーム

栄養サポートチーム

医師や栄養管理士などの様々な職種と、専門知識や技術をフルに活用しあうことで、栄養障害への対策を最良の方法で行うことを目標としています。栄養障害の改善により、感染症の予防になるなどの様々なメリットがあります。
感染制御チーム

感染制御チーム

感染予防のために感染管理認定看護師などが中心になって構成されているチームです。患者さんのみではなく職員への感染も防ぐため、監視や調査、教育をしっかりと行っています。その成果は、多くの部署で幅広く活躍しています。
教育システム

教育システム

手稲仁会病院では新人教育研修をはじめとし、様々な研修プログラムが用意されています。設定されているレベルごとに目標を定め、自分にあった研修を選択して行くことが出来ます。また、院外での研修や講習会に参加することも可能です。
看護部ブログ

看護部ブログ

看護部では時々ブログを書いています。内容は様々なイベントから、職場の現状報告まで様々で、看護師に興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。病院の雰囲気などもつかむことが出来ますよ。

看護職員募集案内

平成28年(2016年)助産師・看護師募集要項

手稲渓仁会病院では、平成28年4月1日採用の助産師・看護師を、次により募集いたします。

1.募集人員
約70名 (事業拡大に伴う)
2.受験資格
平成28年3月卒業見込みの方及び過年度卒業の方
3.募集方法
必要書類を希望の面接日に合わせて締切り迄に郵送して下さい。
4.必要書類
自筆履歴書(当院所定)履歴書説明ページへ
卒業見込み証明書(平成28年3月卒業見込みの方)
学業成績証明書 (同上)※厳封
免許証(過年度卒業の方 原寸コピー)
小論文
新卒者「最近、最も関心をもったことについて」
既卒者「看護観について」
800字(A4サイズ用紙 横書き 20×20 2枚)

7.選考方法
それぞれの日時に面接を行い選考します。
8.試験会場
手稲渓仁会病院 渓仁会ビル 会議室
9.募集要項
給与・勤務時間など、詳細はこちらのPDFファイルをご覧ください。
なお、詳細につきましては、下記にお問合せください。

連絡・お問い合わせ先

手稲渓仁会病院 看護部
〒006-8555 札幌市手稲区前田1条12丁目1番40号
TEL:011-685-2980 (直通)
E-Mail:kangobu@keijinkai.or.jp
※電話での受付は、平日8:30~17:00までにお願いします。

中途採用者

1.勤務体制
2交代制
8時30分~17時20分
16時30分~9時00分
2.休日
4週8休
3.待遇
社保完備、住宅手当・燃料手当・交通費支給、賞与有り、尚Uターン帰省・地方から入職の場合、住宅斡旋有り
4.必要書類
写真付履歴書、免許証実物大コピー

福利厚生

院内保育園

院内保育園

子供がいる人でも看護師として仕事ができるように、院内には24時間利用できる保育施設が完備されています。最大200名まで収容できる大規模な保育所で、保育士さんもたくさんいるので、安心して子供を預けて仕事に励むことが出来ます。
住宅斡旋

住宅斡旋

JR手稲駅から歩いて2分のワンルームマンションを借りることが出来ます。オートロック機能付きで、駐車場、トイレ、バスが完備されているのでとても住みやすい建物です。他の物件を希望する際にも、不動産仲介業者を紹介してもらうことが出来ます。
ユニフォーム賃与

ユニフォーム賃与

被覆を一式貸与してもらえます。4年毎にスタッフが新たなデザインを考えています。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |