薄毛の予防に使ってもいいの?使っても良い育毛剤と悪い育毛剤 | キュレーションメディア

薄毛の予防に使ってもいいの?使っても良い育毛剤と悪い育毛剤

男性にとって薄毛は深刻な問題ですね。薄毛に気づく前に予防の段階で育毛剤を使用してよいのでしょうか?使っても良い育毛剤と、悪い育毛剤があるのを知っていますか?

男性の薄毛が気になる年齢は?

専門医に聞く「気になる髪と年齢の関係」 | サントリー健康情報レポート (239)

男性ホルモンが増えると、毛乳頭細胞から成長を抑えるシグナルが出て、成長期の髪が減り、退行期・休止期の髪が多くなります。そのために、毛が細くなったり、伸びなくなってしまいます。男性ホルモンに起因するため「男性型脱毛症」と呼ばれていますが、実は、男性にも女性にも起こります。
  男性の場合、症状が前頭部と頭頂部に集中するのが大きな特徴で、早い人は20代から発症し、加齢とともに発症率が上昇していきます
男性の薄毛に関するある統計によると、次のような数字があがっている。すなわち20代6%、30代12%、40代32%、50代44%、60代51%、70代61%。この数字から一目瞭然なように、年齢が上がるにつれて薄毛人口はじりじり増えていく。
「薄毛が気になり始めた年齢をお答えください」という質問では、男性の回答の平均は34歳、女性は38歳でした。さらにその後、頭皮ケアを検討し始めた年齢は男性平均36歳、女性平均が40歳と、こと薄毛に関しては、男性は女性の4年ほど先を行く傾向にあるようです。

そして薄毛を “あきらめだした”年齢は、全体の平均で40.3歳。なんだか早すぎるような気もします。

薄毛の予防にも育毛剤は効果があるようです

今のうちに薄毛対策しようかな・・・。

今のうちに薄毛対策しようかな・・・。

まだ完全に薄毛とは呼べないけど、ちょっと最近抜け毛が気になる人、グレーゾーンにいるうちに、思い切って育毛活動始めてみない?えっ!これって薄毛の兆候?って思った瞬間にどう動くかが、それから10年先、20年先の自分の髪の運命を決めるといっても、決して大げさじゃない。
髪の悩みは今のところなくても、育毛剤を予防策として使用する人は多いようです。
「面倒くさいし育毛剤なんて第一買うところを人に見られたくないから」と髪に無頓着でいる人と比べると、数年後、数十年後にその差ははっきりしてくる場合があり、女性のスキンケアに似た点がこの点はあると思います。
育毛剤は薄毛になってから使う方がとても多いです。ただ、当然育毛剤はハゲる前に使いはじめることで、事前に薄毛を予防することができます。そのことから、人によってはハゲる前から育毛剤を使っている方もいます。
育毛剤の効果は「抜け毛や薄毛を予防し、健康な髪が育つのをサポートする」というものです。今の時点で全く抜け毛や薄毛が気にならない、髪質も変化していない方が育毛剤を使ったとしても何も変化はありません。今より髪を増やすことはできませんが、抜け毛予防のために育毛剤を使うのはとても良いことです。
医薬品、および医薬部外品の育毛剤や発毛剤には、「脱毛の予防」「ふけ、かゆみの防止」の効能・効果が認められているため、脱毛症になる手前の人が、予防を目的として使用することができます。予防のため、あるいは脱毛の初期段階から使用することにより、脱毛を未然に防止したり、将来の脱毛の進行を遅らせたり、脱毛症を発症したとしても程度の軽いものに止めたりする効果も期待できます。

予防のために使用する育毛剤は「刺激が少ない優しいタイプ」

発毛シャンプーやその他の方法を活用する【取り戻そう太くて長い髪】 (250)

ハゲる前に育毛剤を使うのなら本格的に髪を生やすのとは目的が違うので、使う回数や頻度も少なくて構いません。1本だけでも数ヶ月と長持ちしてくれるので、そういった意味では結果的に経済的なのかもしれないですね。
まだ健康な状態なのですから、必要以上に皮脂を取り除き、強い刺激で血行を促進するタイプは必要ありません。ミノキシジルやエタノールの配合量が多い育毛剤を使用すれば、逆に炎症やかぶれを引き起こし抜け毛が多くなってしまう危険性があります。あくまで、薄毛予防に育毛剤を使用するなら、刺激が少なく、健康な頭皮の状態をキープするというタイプの育毛剤が理想です。
そこまで薄毛が進行していない場合は、まずは育毛剤を使った自宅ケアをはじめることをおすすめします。とりあえず育毛剤を半年ほど使ってみて満足できる効果があれば継続すればよいですし、もし効果に満足できなければAGAクリニックを受診すればよいのです。

薄毛に気づく前に育毛剤を!

髪が薄くなって時間が経つほど、生やしたり・髪の元気を取り戻すのに時間・労力・お金がかかります。
今、ハゲてない人も、ハゲる前に対策しておくことが肝心なのです。
髪の毛の悩みとは、薄毛対策で解決できる。 (251)

頭頂部を自分で確認したことはありますか?
薄毛が進行してしまってからでは、治療や育毛効果を実感できるまでに時間やお金がかかってしまいます。
薄毛の兆候に気づいた、もしくは気づく前から予防の段階で育毛剤を使用することは、将来的な薄毛の対策に効果的なようです。

しかし薄毛でない段階で使う育毛剤には注意が必要です。
あまり刺激が強いものであればかえって頭皮を傷めてしまいます。

購入する育毛剤は「頭皮に優しいもの」にしましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |