山口大学医学部附属病院の転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

山口大学医学部附属病院の転職求人のご案内

山口県宇部市にある山口大学医学部附属病院(略称、山口大学病院)の転職、および求人についてのまとめです。

理念は『1,患者の立場に立った全人的医療を実施する。2...

理念は『1,患者の立場に立った全人的医療を実施する。2,将来を担う医療人を育成する。3,世界に発信する先進的医療を推進する。4,地域医療を発展させる。』

山口大学医学部附属病院はどんな病院?

1946(昭和21)年、9月に 宇部市東梶返にあった宇部興産沖ノ山同仁病院、東見初病院、宇部市立伝染病院の3つを引き受け、山口県立医学専門学校附属病院として生まれ変わったのが始まりでした。
その後、専門学校から大学へ移行し、国立大学になるとともに今の名前になりました。
また、長期での入院が必要な児童、生徒を対象に院内学級を開設させています。
山口県で唯一高度救命救急センターの指定を受け、さらに特定機能病院として先進医療を担う病院の一つになっています。
病床数は一般病床が685床、精神病床が51床の、計736床になっています。
 (11214)

病院概要

病院長、田口敏彦氏

病院長、田口敏彦氏

山口大学医学部附属病院は,1944年(昭和19年)に設立されて以来,現在ではベッド数736床,29診療科と23の診療部を擁し,あらゆる分野の疾患を総合的に診療できる県内唯一の特定機能病院です。
本院には国立大学病院で最初に設置された「高度救命救急センター」があり,宇部市とのドクターカー運用や山口県ドクターヘリの基地病院として,全県の救急医療体制を担っています。また,「山口県がん診療連携拠点病院」および「山口県肝疾患診療連携拠点病院」,「総合周産期母子医療センター」等にも指定されており,安全で安心な質の高い医療を提供できるよう,すべての職種,職員が連携し,最先端の機器や技術の修得にも日々努めているところです。
国立大学の使命である教育・研究についても,医療人育成センターでの医療人のキャリア形成支援,臨床研究センターでの倫理審査をはじめとした研究のトータルサポート,基礎研究を臨床応用するトランスレーショナルリサーチの推進を行っています。
写真:山口大学医学部附属病院長 田口敏彦
平成27年度の大きな取組みとして,一つには病院再開発事業の一環である新病棟建設の本格的なスタートがあります。『Your Health, Our Wish』(あなたのために)をスローガンに ①教育・研修,②研究開発・先進医療,③地域医療推進,④病院基盤強化を4本柱として,「頼りになる病院」を目指して国立大学で初となる再々開発事業に取り組みます。
もう一つには,山口大学医学部に待望の「呼吸器・感染症内科学分野」が新設され,本院でも「呼吸器・感染症内科」の診療を開始することです。これまで山口県では呼吸器疾患の専門医が不足していましたが,今回の「呼吸器・感染症内科学分野」の新設によって,大学を中心とした呼吸器内科医の育成,地域医療との連携が大きく前進するものと確信しています。
地域の皆さまからのご期待に応えるべく,患者中心の透明性の高い医療を提供し,変化する社会の要望に貢献できる医療人の育成,新しい診断および治療法の研究開発に邁進してまいります。
今後とも,皆さまの暖かいご支援をお願い申し上げます。
先進医療を取り入れるだけの力があるとあって、病院長の言葉も力強いものになっています。
「Your Health,Our Wish(あなたのために)」のスローガンを、守り通しています。

看護部の理念と方針

 (11253)

看護部の理念は『1,対象を全人的にとらえ、健康のあらゆる段階に対してその専門性をもって適切な看護を提供する。2,大学病院の使命を認識し、地域の中心として看護の役割を果たす。3,専門職業人としての研究活動を通じて、新しい看護の創造と実践をはかる。』となっています。また、キャッチフレーズは「あたたかい看護の探求と実践」で、約800人の看護職員で看護を行っています。
看護部は、理念と「あたたかい看護の探求と実践」をキャッチフレーズに約800人の看護職員と看護補助者で看護を担っています。
一般病棟の入院基本料及び看護職員配置状況は、7対1看護体制をとっています。看護提供方式は「固定チーム継続受け持ち制」で高い看護実践能力と患者満足度の向上をめざしています。そして、「目標管理」「キャリアラダー」「人事評価」からなる独自の「人材育成システム」を運用し、看護師のキャリア開発に力をいれることで、働く看護職員が、働くことに誇りを持ち、自己の成長が実感できる組織づくりをめざしています。
 (11266)

看護部長からのメッセージ

看護部長、猪上妙子氏

看護部長、猪上妙子氏

 「花と緑と彫刻のまち」宇部市にある、山口大学医学部附属病院の看護部は、736床を約650人の看護職員で担っています。
 「あたたかい看護の探求と実践」をキャッチフレーズに質の高い看護実践と高い患者満足度をめざしています。看護提供方式は「固定チーム継続受持ち制」を採用しており、受け持ち患者さんとのかかわりを大切にしています。
 平成12年に国立大学病院として初めて設置された高度救命救急センターがあり、ドクターカー・ドクターへりの運航等に専門看護師や認定看護師をはじめ多くの看護師が、第3次救急分野で地域医療に貢献しています。
 同時に看護部職員一人ひとりが、自病院の看護の質に誇りを持ち、さらに自己の成長が実感できる組織づくりをめざしています。

人材育成システム

 (11272)

院内の継続教育体制は看護部教育委員会と教育担当副看護師長会が中心となっています。教育委員会は院内教育の企画・運営・評価に対する責任を持ち、教育区分ごとに教育担当副看護師長会で運営・実施された結果に基づいて教育内容を検討します。平成20年よりクリニカルラダー、平成25年よりマネジメントラダーを導入し、運用しています。

先輩看護師からのメッセージ

小児科病棟へ2010年入職 佐々木彬さん 

小児科病棟へ2010年入職 佐々木彬さん 

 日々子供たちや家族の方々の色々な反応を感じ、状態を確認しながら、スタッフ全員でたくさんの事を考え、話し合い、毎日の看護に取り組んでいます。子供たちの笑顔を共に喜び会える先輩たちとともに、同じ目線に立って仕事ができる自由な環境の中で、とてもやりがいを感じながら働けています。病棟全体で新人を教育していくという意識が強く、どの先輩も明るく優しく指導してくださいます。是非、山大で看護師として一緒に働きましょう!
耳鼻科病棟へ2011年入職 本田智子さん

耳鼻科病棟へ2011年入職 本田智子さん

 優しく尊敬できる先輩のご指導や、充実した教育体制のおかげで、日々たくさんのことを学びながら、看護を実践しています。大変だと思うこともありますが、患者さんとの関わりのなかで元気がもらえる素敵な仕事だと思います。

福利厚生

 (11285)

病院からわずか徒歩5分のところに宿舎があります。部屋数は30で、玄関はオートロックですので、女性にはとてもありがたいセキュリティですね。
 (11288)

病院敷地内には「たんぽぽ保育所」があり、経験値を積んできたベテランの保育士さんが担当しています。安全かつ衛生的な環境の中で預けられるので、ママさん看護師さんも安心して働くことが可能です。
 (11294)

さまざまなレクリエーションも開催されています。
バレボール大会、ボーリング大会などで、看護師同士の親睦を深めていきます。

募集要項

募集職種薬剤師、看護師、臨床検査技師、臨床心理士等
所属臨床研究センター
募集人員計3名程度
雇用形態任期付常勤職員(採用時には3年の任期を付しますが、任期満了時において、 勤務成績良好な場合は、任期の無い雇用へ移行します。)
採用予定年月日随時
職務内容臨床研究の支援業務全般(試験スケジュール調整、同意説明補助、治験・臨床研究のデータチェック、症例報告書の作成、各種治験・臨床研究用資材の管理等) 在職2年経過後に、臨床研究コーディネーターの認定試験の受験可能
応募資格次の各号のいずれかに該当する者であること。
・薬剤師、看護師、臨床検査技師、臨床心理士等の免許取得者 又は免許取得見込者
・臨床研究支援業務経験者
・臨床研究支援業務に興味のある方
応募書類(1) 履歴書(別紙様式)
(2) 免許証の写し(免許取得者のみ)
(3) 成績証明書
(4) 卒業証明書 又は 卒業見込証明書
応募締切随時
書類提出先〒755-8505
山口県宇部市南小串1-1-1
山口大学医学部総務課人事係
*郵送の場合は書留と資し、封筒の表に「臨床研究センター 職種名(看護師・薬剤師・臨床検査技師・臨床心理士・その他のいずれかを記載)応募書類在中」と朱書願います。
選考方法提出書類による一次選考を行い、合格者には二次試験(面接)を行います。
給与・薬剤師 202,700円/月(大学6卒)
・看護師 200,600円/月(大学4卒)
・臨床検査技師 180,300円/月(大学4卒)
・臨床心理士 180,300円/月(大学4卒)
・契約専門職員 220,000円/月(大学4卒・経験5年)、180,000円/月(大学4卒)
諸手当住居手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当等
※契約専門職員は住居手当・扶養手当の支給無し
賞与年2回(4.04カ月分)
勤務時間週38時間45分勤務(1日7時間45分)
休日土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までの日
休暇・年次休暇(初年の採用月日に応じた日数(4月1日採用で15日)を付与し、年次休暇の残日数は20日を限度として、翌年に繰り越され、1月1日に新たに20日を付与する。)
・特別休暇(結婚休暇、産前産後休暇、忌引休暇他)
・母性健康管理のための休暇、病気休暇
保険共済保険(医療、休業・災害給付等)、共済年金、雇用保険、労働者災害保険
問い合わせ先業務に関する問合先
山口大学医学部附属病院臨床研究センター CRC 有馬 秀樹
TEL:0836-22-2428  E-mail:crc-di@yamaguchi-u.ac.jp
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |