名古屋医療センターの看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

名古屋医療センターの看護師転職求人のご案内

名古屋医療センターは愛知県名古屋市中区にあります。前身は国立名古屋病院です。戦後に国立名古屋病院として発足し、地域の総合病院として、活躍しています。1979年には救命救急センターとして指定され、2004年に現在の国立病院機構名古屋医療センターに改称されました。長い伝統のある病院で、最新の医療を提供しています。

病院の紹介

 (11980)

病院の正面の写真
 (11965)

院長の直江 知樹先生です。
当院は、がんや循環器疾患(心筋梗塞や脳卒中など)、血液難病、内分泌・代謝疾患、リウマチ・膠原病、骨・運動器疾患および感覚器疾患などに対して最新最善の医療を提供します。また、臨床研究センターを設置し、血液・免疫異常の病態解析やがんの診断を中心とする先進的な研究を行うとともに、根拠に基づく医療づくりの中心的な役割を担っております。がんの治療においては、地域がん診療拠点病院としてあらゆる種類のがんに対して積極的な治療を行うとともに、緩和医療を実践し、患者さんのQOL(生活の質)の向上に努めています。加えて、「やすらぎサロン」と命名したくつろぎの場所を用意し、がん患者さんやそのご家族が抱える悩みや不安を和らげる手助けもしております。また、気軽に専門医師の意見を求めることができるように、「セカンドオピニオン外来」を設けていますのでご利用ください。
最新・最先端の医療を提供するばかりではなく、常に新しい治療法を研究しています。
がんの治療にも精通し、患者の生活水準を上げられるように努めています。
当院は24時間無休の第三次救命救急センターを備え、積極的に救急医療を実践しております。特に一刻も早い治療が救命につながる心臓疾患に対して、いつでも対応できる「心臓血管センター」を設置しています。地域に密着した医療を行うために「地域医療連携室」を開設し、他の病院や診療所との連携を密にして病める人々の視点で医療が行われるように努力しています。また、「相談支援センター」の充実にも努めております。相談支援センターでは、患者さんやそのご家族の方々の心理的、社会的、経済的な諸問題のご相談に応じています。
地域に密着した病院であり、救急医療にも対応していて地域住民から頼りにされています。
内科、心療内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギ-科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、リハビリテ-ション科、放射線科、歯科、小児歯科、歯科口腔外科、麻酔科
標榜している診療科一覧です。
病床数は800の用意があります。大きな病院であることがわかります。

看護部の紹介

 (11970)

 (11971)

看護部長です。
当院の歴史は長く、「国民の健康をまもる」という認識が伝統として職員に根づいています。臨床現場の職員が築いてきたそのマインドは当院の誇りでもあります。
看護部は「患者さんの人権を尊重し、安心と満足をしていただける看護をめざします」という理念のもと、一人ひとりの看護師が振り返りを行いながら看護を実践しています。患者さんが安心され、満足されるためには、確かな知識・技術に基づいて判断した専門性の高い看護を提供しなければなりません。また、急性期だからこそ一人ひとりの患者さんに関心をよせ、生活者としての視点を常にもちながら患者さんの持っている力を引き出していきたいと考えています。そして、職員一人ひとりが仕事を通じて、自分の人生も豊かなものにしていけるような環境づくりに努力しています。
看護師さんの一人ひとりが責任感を持って患者さんの看護に当たっています。
知識と経験を活かして、個人個人が活躍できそうです。
教育は、看護の専門的知識と臨床実践能力を、一定の水準で、看護師全員が獲得すべき能力として培いたいと思っています。具体的には確実な実践能力を身につけてもらうプログラムを、集合教育とベッドサイドで、企画・実施しています。支援体制はプリセプターと実地指導者を支援する教育担当者を各看護単位に配置し、さらに専従の教育担当副看護師長・看護師長がいつでもどこでもサポートを行います。専門領域の知識や技術については専従の認定看護師や専門看護師も支援を行っています。日頃の実践を通じて看護師としての学びや育ちを共に実感していきましょう。
看護師の教育もきちんとされます。
専門的なキャリアアップも可能です。
1) あらゆる健康レベルにある人々を看護の対象として、インフォームド・コンセントを重視し、個々のニーズに応じた看護を提供する。
2) 専門職として看護の本質を追求し、科学的、創造的かつ主体性のある看護を提供する。
3) 研修・教育・研究の推進と人間的成長をめざし自己研鑽する。
4) 看護職員としての品性と誇りを持ち、他部門との信頼関係を保持する。
5) 安定した看護を提供する基盤の確立に積極的に参画する。
看護部の基本理念です。
患者さんの人権尊重と安心満足をモットーにしています。
1.患者の意思を尊重しながら、確かな知識・技術・判断にもとづいて看護を実践し、患者の生命力を最大限に引き出すことができる。
2.医療チームの一員として看護の役割を認識し、その役割を果たすと共に、お互いの能力を発揮できるようマネジメントできる。
3.仕事に対する誇りを持ち、医療・社会の状況に対応できるよう主体的に学習できる。
看護師の教育理念において、期待される看護師像です。
このような看護師になれるように教育をしてくれます。
 (11974)

救急救命センターの様子です。
臨機応変に対応ができる能力が求められています。
患者さんの家族等の思いも受け止めて看護に当たります。
 (11975)

日本人の死因のトップクラスである心臓病を扱う心臓血管センターです。
患者さんが感動するような看護をできるように日々努力しています。
 (11986)

現在、緩和ケアチームの看護師として、患者さん・ご家族の方の様々な苦痛を緩和すべく日々奮闘しています。身体的・心理的・社会的・スピリチュアルな痛みの辛さは、はっきりと目に見えたり、数値に表れるものでなく、現にそれを体験している人しか、その本当の辛さは分からないものです。なにより、患者さんの言葉に常に耳を傾けることを大切にし、そして、認定看護師として得た専門的スキルを最大限に生かしてより良いケアを提供していきたいと考えています
がん性疼痛看護認定看護師のコメントです。
 (11988)

私たち感染管理認定看護師は、患者さんやご家族はもちろん、職員や委託業者など現場で働く院内のすべての人々を感染から守り、感染を拡大しないようにするため、様々な職種と連携し感染防止対策に取り組んでいます。多剤耐性菌や医療器具関連感染、手術部位感染の監視や調査(サーベイランス)、院内で発生している感染症の発生状況の把握、院内の環境ラウンドを行いナースステーション・処置室、患者さんの療養環境などを見て回り、感染対策の実践状況を確認しより良い環境作りを目指しています。感染対策で何よりも大切な手指衛生についても職員全員がきれいな手で患者さんに関わることができるよう、必要な物品を取り揃え声かけを行い、手荒れの相談にものっています。麻疹や水痘などの流行性ウイルス性疾患のワクチン対策にも力を入れており、抗体価が基準に満たないすべての職員を対象にワクチン接種を行っています。私たち職員が媒介者にならないように努めています。
感染管理認定看護師のコメントです。

中途採用情報

2交替】①
 日勤: 8:30 ~ 17:15
 夜勤:16:00 ~ 9:15
【2交替】②
 日勤: 8:30 ~ 17:15 ・ 8:30 ~ 19:30
 夜勤:18:00 ~ 9:15
【3交替】
 日勤: 8:30 ~ 17:15
 準夜:16:15 ~ 1:00
 深夜: 0:30 ~ 9:15
勤務体制です。
応募資格は看護師の資格を所有していれば応募できます。
履歴書を試験日の一週間前までにサイトからダウンロードして提出を済ませなければなりません。
看護職員用の住宅完備 名古屋の一等地に立地しています
キャッスルビュー名古屋(リース)・他

保育所あり・夜間保育実施
平日:7:30~19:00
第1・3・5土曜日 最大7:30~19:00
夜間保育:毎週火・木実施

福利厚生の情報です。
 (11981)

院内にカフェもあります。

アクセス

 (11983)

地下鉄でのアクセス:
  桜通線・東山線から乗り換えて名城線「市役所」駅で下車すぐ
バスでのアクセス:
  市バス基幹2系統・14系統で「市役所」駅で下車すぐ
自家用車でのアクセスは有料駐車場がありますが、混み合うので公共交通機関の利用をおすすめします。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |