肝臓に良い◎«アミノ酸豊富≫な黒酢を日々の食生活に | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

肝臓に良い◎«アミノ酸豊富≫な黒酢を日々の食生活に

アミノ酸が豊富な黒酢はダイエットで注目を集めていますが、実は肝臓にも良い影響があるんです。ここでは主に黒酢に含まれるアミノ酸と肝臓の関係について調べてみました。

・メチオニンやシスチンといったアミノ酸が特に多い
・ミネラルのカリウムが特に多く、マグネシウムも微量に含む

アミノ酸は肝臓でも脂肪蓄積を予防・改善し肝機能を正常化し、カリウムはナトリウム排出に働くことで、血圧を下げるように働きます。大麦黒酢はこのような働きをする成分が特に多く含まれているため、玄米黒酢やもろみ酢に比べ、その効果が強いことが特徴です。

見逃せないミネラルがマグネシウムです。 マグネシウムは、骨粗鬆症や心血管疾患、糖尿病などとの関わりが非常に深く、タンパク質の合成にも働いています。精製された食品を食べることが多くなった私たちには、不足しやすい必須ミネラルです。

著作者: enneafive

著作者: enneafive

黒酢は酸が強いので、薄めて飲む方も多いと思います。
そんなときにお勧めなのが、ハブ茶やクコ茶による、黒酢のお茶割りです。
二つの力で肝機能をアップさせましょう。
● ハブ茶
 ハブ茶は、あらゆる病気に効く妙薬とされていますが、肝臓病にも大きな効力があります。そのほか、クチナシ、ニワヤナギ、カラスウリ、カワラヨモギ、リンドウなども、肝臓病によく効く民間薬です。
● クコ茶
 クコ茶は、漢方薬局などで置いてあるものを使用しても良いですし、野生の葉をとってきて陰干しにしたものを煎じてもよいです。これをお茶がわりに飲むとよく効きます。
昭和大学医学部による大麦黒酢を与えたマウスの実験では、
肝臓での脂肪蓄積の抑制しと肝臓機能異常の改善が見られたそうです。

肝機能の回復という意味では、普通の黒酢よりも、大麦黒酢を飲むことをお勧めします。

肝臓病に効くお茶で黒酢を割ってみよう

肝機能の回復に良い大麦黒酢の特長

食事によるタンパク質からアミノ酸を摂取すると、内臓に負担が掛かります。
しかし、黒酢のアミノ酸なら、その心配がありません。
その上、肝臓の解毒作用までサポートしてくれるなら、まさに一石二鳥となりますね。

肝臓の機能回復に黒酢を推す理由

スレオニン以外の必須アミノ酸には、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジンがあります。
これらが全部黒酢に入っているわけです。

しかも、必須アミノ酸は、体内で合成できません。
ですから、毎日黒酢を摂取し続けることが重要なんです。

黒酢には上記の必須アミノ酸のうち、スレオニンを除く8種類も含まれています。その量は原材料や熟成期間によって異なりますが、非必須アミノ酸も含んでいるためアミノ酸バランスに優れた健康食品と言えるでしょう。

アミノ酸の摂取は、毎日継続して摂り続けることが大切です。普段の食生活のサポート的な存在として、料理の調味料やドリンクなどで黒酢の栄養素を上手く取り入れていきましょう。

肝臓は体にとって大変重要な役割を果たしているんですね。
もし、肝臓の機能が低下してしまったら大変なことになると思います。

肝臓の障害を治すには、たんぱく質が必要ですが、それだと肉類が多くなりますから食生活が不安です。
そこで、アミノ酸の形で摂取することが必要になってきます。

黒酢のアミノ酸は、天然で発酵によってつくられたアミノ酸のため、
通常のアミノ酸よりも吸収に優れ、内蔵に負担をかけません。

肝臓の機能が低下している場合、
できるだけ肝臓に負担を掛けずにアミノ酸の摂取が必要となります。

黒酢に含まれるアミノ酸を摂取すると、
肝臓の傷の修復や肝臓の機能の向上が促進され、
先ほどの症状が改善されます。

またお黒酢はアルコールや薬剤の代謝を促進し、
肝臓の解毒作用を向上させるため、
肝臓への負担を減らすと期待されています。

アミノ酸が豊富な黒酢

肝臓の主な三つの働き

・代謝
たべものからとった糖・たんぱく質・脂肪を体内で使える形に変えて貯蔵し、必要なときにエネルギーのもととして供給します。

・解毒
アルコールや薬、老廃物などの有害な物質を分解し、からだに影響をおよぼさないように無毒化します。

・胆汁の生成・分泌
肝臓でつくられた老廃物を流す「胆汁」を生成・分泌します。胆汁は、脂肪の消化吸収を助ける消化液でもあります。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |