多額の借金・・・闇金からお金を借りるのはやめよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

多額の借金・・・闇金からお金を借りるのはやめよう

ブラックリスト入りしたせいで借金が出来ない…。そんな人にもお金を貸してくれる業者と言えば、闇金です!利息制限法を無視しての法外な利息、不当な取り立てなど、闇金を利用するデメリットをまとめています。迂闊に手を出すと、とんでもないことになりますよ…。

闇金とは

Free photo: Dollar, Currency, Money, Us-Dollar - Free Image on Pixabay - 499481 (13257)

ヤミ金とは、財務局や都道府県に登録をせずに貸金業を営む不法金融のこと。ヤミ金の特徴は利息制限法における法定利息を大幅に超える金利で融資を行い、脅迫・強要・恫喝などの苛烈な取立で債権を回収することにある。
ヤミ金業者は、破産手続をした人や多重債務者のような、もうこれ以上は消費者金融等から借入ができないような人をターゲットにしています。ダイレクトメールや雑誌広告などで、低利、無担保で誰にでも融資するという宣伝をし、電話をすればお金を貸してくれるという利便性の高さを謳っています。
債務整理などを行なって、ブラックリスト入りしてしまった人は、
闇金の格好のターゲットとなります!
その他にも、消費者金融からお金を借りることが出来ない専業主婦や、
カードローンの限度額いっぱいまで使ってしまっている人などは、
闇金の甘言に吸い寄せられることが多いので注意しましょう!

闇金の甘言

Free illustration: Hands, Shaking Hands, Company - Free Image on Pixabay - 1063442 (13256)

勧誘のビラには,「50万円まで無担保で融資します!」,「即日融資可能」,「金利最大9.8%」,「ブラックの方でも融資可能」などと書かれ,甘い言葉で勧誘が行われます。しかし,実際に50万円の借入の申込を行っても,「あなたはほかに借入があるので,審査が通らない」,「貸すことはできるが,まずは信用を見るために少額しか貸せない」などと言われ,実際に50万円を借りられることはありません。そして,「小口で取引の実績を作ってもらえれば,50万円を9.8%で融資することができる」など嘘を言って,客に小口,短期の取引をするよう仕向けていきます。
闇金であっても、担保も保証人もなしで初対面の相手に50万円も貸し付けるのはリスクが高い。
そこで、なんだかんだと理由を付け、お金に困っている弱みに付け込んで、
まずは5万円以下の小口融資を取り付けるわけです。
そしてその数万円に法外な利息を付けて、搾り取ってくるという手口!

闇金の利息

Free photo: Achievement, Bar, Business, Chart - Free Image on Pixabay - 18134 (13255)

ヤミ金なのでやはり利息はものすごく高いです。
利息 法外
年利にすると1,000%以上なんてざらにあります!

貸金業では出資法で年利20%を超える利息で融資する事は違法行為になります。

例えば3万円を融資すると称して、初回時から金利を取って実質2万円のみを融資し、さらに10日後には元金の3万円の他、利息としてさらに3万円を要求すると言った手口が知られている。
闇金のある意味スゴイのは、融資するその場で利息として元本から少し引くところです!
しかも、利息も払えなくなると、利息分も元本に上乗せしてくるのも
闇金の常套手段。
すぐ返すから大丈夫、なんて甘く考えていては痛い目をみますよ!

取り立ても壮絶

Free photo: Desperate, Despair, Depressed - Free Image on Pixabay - 659647 (13254)

負債が膨れ上がってしまった段階で,被害者の方がそれ以上支払えない状態になるとヤミ金融は手のひらを返したように強引な取立を始めます。「もう返せない」という被害者の方に対し,「ふざけるな」,「借りたものを返さないのは泥棒だろう」などと罵り,一日に何十回も自宅の電話や携帯電話に督促の電話をかけてきます。
自分の携帯電話だけにかかってきていた取り立ての電話は、自分だけではなく会社や家族、そしてその家族の勤務先にまで取り立ての電話などが行われます。

親や兄弟など、借金取り立ての影響は拡大していく一方です。このまま、取り立てから逃げまわる方法など、何もありません。

貸金業法という法律では、
夜間(21時~翌朝8時)までの間の取り立てをはじめ、
複数の人数で押しかけること、勤務先へむやみに連絡すること、家族や知人に取り立てをすることなど、
取り立てにも禁止事項を設けており、これに違反した金融業者は罰せられることになっています。
しかし、闇金は正当な金融業者ではないため、
このような違法手段にも出てくるというわけです。

債務整理をしようにも…

Free illustration: No, Negative, Finger, Hand, Keep - Free Image on Pixabay - 1532826 (13253)

闇金から融資をされているとなると、弁護士が正式に相談の依頼を受けてくれない困窮したケースが多くなります。交渉相手が闇金ですと行程がスムーズにいかなくなる為です。 天下無敵の弁護士もご商売ですので割にあった仕事から選びたいというのが本心な訳です。 闇金の場合は電話連絡をわざと取れなくしたり、嫌がらせをしたりして債務整理をさせない面倒な妨害が入る可能性が非常に高く顧問の弁護士からは敬遠されやすいです。
闇金が相手となると、弁護士さんも及び腰になることも…。
もちろん、闇金からの借金に怯える消費者を救うために、
積極的に動いてくれる弁護士さんもたくさんいらっしゃいます!
しかし、だからと言って闇金に手を出していいということにはなりませんよ…。

完済したとしても…

Free photo: Man, Lonely, Park, Night, Dark - Free Image on Pixabay - 1394395 (13251)

ヤミ金の違法な高金利で完済できた人は、業者にとっては、絶好のカモになります。貸したお金が利息をつけて回収できた、という実績がありますので、「もう1回貨したい」と業者が思うのは当然です。

完済後の落とし穴として注意しなければならないのは、ヤミ金による「押し貸し」というものです。

押し貸しというのは、こちらが借りるつもりもないのに、勝手に金融機関にお金を振込み、利息をつけて返済するよう要求する行為です。「借りたつもりはないから・・・。」といって逃げ切る自信があれば別ですが、そうでないなら、最初から借りないようにするのが賢明です。

これが一番厄介な問題かもしれません。
一度嵌ってしまった闇金の沼からは、なかなか抜け出せないということです。
どんなにお金に困っていても、闇金からは絶対に借りないようにしましょう!

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |