頭皮の炎症を防ぐ育毛剤成分「グリチルリチン酸」 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

頭皮の炎症を防ぐ育毛剤成分「グリチルリチン酸」

育毛剤の副作用で最も多いのが頭皮の炎症によるかゆみ。頭皮の血行を促進するタイプでは、頭皮の炎症が気になるところです。そんな頭皮の炎症を防ぐ「グリチルリチン酸」に注目してみましょう。

育毛剤の副作用で多いのは「炎症によるかゆみ」

育毛剤には副作用があります。
全ての人に副作用が現れるという訳ではありませんが、育毛成分の中にはアレルギー反応を惹起してしまうものもあります。
女性の場合にはホルモンバランスの影響が男性よりも大きく出るので、いつもは大丈夫な育毛剤でたまにかゆくなるといったこともあるようです。
つむじはげの対策方法5選!【決定版】 | ハゲラボ (1461)

育毛剤は天然成分のものもありますがミノキシジル配合など化学薬品を使用しているものも沢山あります。そのため頭皮に合わない場合は頭皮に炎症が起き赤くなってしまう事があります。育毛剤を使用して頭皮が赤くなった場合はすぐに使用を止めましょう。
配合されている成分内に、アレルギー反応が生じてしまって、痒みや炎症がおきることがあります。他にも、女性の場合は生理前にホルモンバランスの乱れによって肌が敏感になることで、その期間だけ痒みや炎症が生じるというケースもあります。
育毛剤に含まれる成分が頭皮に負担をかけてしまい頭皮にかゆみが出てしまう事が考えられます。また、かゆみとともに炎症がおこった事例もあります。

なぜ頭皮は育毛剤によって炎症を起こすの?

外国人の疑問「なぜ日本人はNOと言わないの?何考えてるかわからないよ」 (1462)

頭皮に湿疹や炎症などを起こす育毛剤の特徴として最も多いのが

アルコールの量が多い育毛剤があげられます。

なぜアルコール量が多いと問題なのかというと、アルコールが蒸発する時に『頭皮に必要な水分まで一緒に奪ってしまう』のです。

確かに育毛剤は髪の毛を育てていく物なのですが
その効果をより凄くするために添加物などが使用されている物があったりします。

その添加物によって頭皮トラブルを起こしてしまう人もいるので注意しなくてはいけないのです。

例えば
イヤな臭いを無くすための香料だったり
洗浄力を強くするための石油系界面活性剤だったり
植物性の原料ではなく動物性の原料だったり

頭皮の炎症は薄毛を進行させてしまうので注意が必要

女性の髪の悪い抜け毛・良い抜け毛を見きわめよう! [女性の薄毛・抜け毛] All About (1463)

かゆいからといって頭を掻くと傷が付き、それを治そうと新陳代謝が高まり、皮脂の分泌が促進され、フケが発生します。そしてその負の連鎖が結果として抜け毛にも発展してしまうのです。
「頭がかゆい」、「頭皮に炎症や湿疹ができる」といって、ついつい頭皮をかきむしってしまう人は、抜け毛を引き起こす負のスパイラルに陥っている可能性があります。

かゆみがあるからと頭をかいていると、頭皮が傷ついて炎症を起こし、頭皮環境がどんどん悪化していきます。そして最終的には、髪が抜け落ちてしまうのです。

頭皮に炎症が起こっているときは、育毛剤の使用を避けなければなりません。炎症が起こっている状態だと、頭皮が弱っていますので育毛剤の効果が無いだけでなく、頭皮に強い刺激を与えますので、脱毛を進行させてしまう可能性が高いのです。もし毛が生えたとしても、その毛は健康なものではなく、すぐに抜けてしまうような細くて弱い髪の毛なのです。

頭皮の炎症を防ぐ育毛剤成分「グリチルリチン酸」

グリチルリチン酸二カリウム

グリチルリチン酸二カリウム

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)は、マメ科の甘草(カンゾウ)から抽出した成分「グリチルリチン」の誘導体です。甘草は砂糖の100倍とも200倍とも言われるほど強い甘みを持ち、この甘みの主成分がグリチルリチンです。

グリチルリチン誘導体はグリチルリチンを水に溶けやすくしたもので、すぐれた抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つことが知られており、医薬部外品原料規格や日本薬局方外原料規格に収載された成分として医薬品・化粧品分野で多用されています。

グリチルリチン酸というのは、抗アレルギー作用、抗炎症作用を持つ成分です。最近では、化粧品などにも多く用いられている一般的な成分として広く知られるようになりました。正式には「グリチルリチン酸ジカリウム」、「グリチルリチン酸2K」などと表記しますが、グリチルリチン酸と略すことも多くなっています。
グリチルリチン酸には抗炎症作用がありますので、頭皮の炎症を鎮め、健康な毛髪が生えやすい状態へと近づけることができるのです。発毛に対するダイレクトな効果があるわけではありませんが、間接的なアプローチとしては、大きな効果が期待できるでしょう。
グリチルリチン酸ジカリウムは、中国で古来生薬として広く使われてきたた甘草(カンゾウ)の主成分なんです

甘草とはシベリア南部、中国西部や東ヨーロッパなどに自生する多年草の植物ですね
甘草には抗炎症・抗アレルギー効果があると言われていますがその薬効はグリチルリチン酸ジカリウムによるものです

炎症が見られた場合には速やかに病院へ!

赤い頭皮は頭皮が炎症を起こしていることを示し、この炎症は放置しておくと脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患にも繋がります。慢性的なかゆみや痛み、フケが大量に出るなど、症状が深刻であれば専門の病院で診てもらうのが一番です。
江東区 病院 - 錦糸町の賃貸はハウスパートナー錦糸町店 (1465)

育毛剤による頭皮の炎症は広く知られた副作用です。
書くことによって頭皮を傷つけてしまった場合には、薄毛をさらに進行させてしまうこともあります。
頭皮の炎症によってかゆみが出た場合は、速やかに皮膚科や頭髪専門のクリニックに相談しましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |