ポケモンGOplus、賛否両論のようでして・・・。メリットとデメリット。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ポケモンGOplus、賛否両論のようでして・・・。メリットとデメリット。

iphone7と同じ日に発売されたポケモンGOplus。実際使ってみたっていう話がやっとちらほら見えてくるようになってきたので、実際使った感じはどうなのか意見をみてみることにしましょう!

ポケモンGOplus

 (4433)

「Pokémon GO Plus」は、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokémon GO』を遊ぶことのできるデバイスです。「周囲にポケモンが現れた」「ポケストップがある」という情報を、ランプと振動でお知らせします。ボタンを押すことでポケモンの捕獲を試みたり、ポケストップで道具を手に入れたりできます。
保証書添付無しなので故障には注意!

故障時の修理保証もありません!
取り扱いには注意してください。

①スマホがスリープでも距離がカウントされる
②投げられるのはモンスターボールだけ
③ボールから逃げられた時は赤く光る
④おこうで出現したポケモンは捕まえられない
⑤ルアーモジュールで出現したポケモンは捕まえられる
発売前はとにかく騒がれていたポケモンGOplus。
最初はポケモンを捕まえることができるぐらいの機能しかないと言われていましたが、ポケストップでアイテムを回収することができて歩いた距離もカウントしてくれるっていうんだから気にならないわけがないッ!

メリット

 (4434)

振動で教えてくれるから、
・移動中もポケストップで確実にアイテムを入手!
・ポケストップ周辺でじっとしている時も、ポケモンの出現を見逃さない!
Pokemon GOでは、歩いた距離に応じて、ポケモンの卵がふ化したり、相棒にしたポケモンからアメをくれたりする。GO Plusは、スマホがスリープ中でもバックグラウンドで動作し、歩いた距離をカウントしてくれる。記者はこの日、広大な園内を10キロ以上歩き回り、10個以上の卵をかえすことができた。
これまではポケモンGOアプリを起動した状態でないとポケモンの発見も、距離のカウントもされませんでしたが、Plus利用中であればその心配はなし。

LINEでもSNSでも他のゲームでも、自由に使うことができます。

メリットは、スマホの画面を見なくてもよくなったってことや他のアプリを開いたり他の操作もできるようになったというのは結構大きいみたいですね!
さらにはアプリを起動していなくてもバックグラウンドの状態で歩いた距離がカウントされるということ!
コレはたまご孵化の効率がグッと上がりそうですよね♪

デメリット

 (4435)

そんなこんなで散歩ついでに1時間半ほど使用してみました。
使用してみた率直な感想ですが…。
作業ゲーすぎてつまんない。
捕まえることよりも、図鑑をコンプすることを楽しみとしている人や、
モンスターを育てるのが好きでそのための素材集めばかりやっている人にとっては神デバイスだと思います。
「ポケモンgoプラス、7匹中5匹に逃げられる」
「ポケモンGOプラス使ってバイト帰り歩ってみたけど、
ボタン押すだけで捕まって楽だけど逃げられる確率のほうが少し高いみたい(。-_-。)」

など、“逃げられる確率が高い”と感じた人もいるようだ。

ボールの種類が選べない

どんなにレアなポケモンであっても必ずノーマルモンスターボールだけを1つ消費します。

デメリットに関しては、ボールがモンスターボールしか使えないということとポケモンの捕獲率が激減したということでポケモンの捕獲についての不満が大きいみたいです・・・。
あとは振動したらボタンを押すという超単純な作業だけなので、本当の作業ゲー感が半端ないとのこと。
何にしてもメリットとデメリットってあるもんなので、使い方を考えてみたらもっと使いやすいアイテムになると思います☆
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |