看護師の転職、成功させるために気を付けるべきこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師の転職、成功させるために気を付けるべきこと

今の職場が合わない、転職しよう!そう思っていても転職先が必ずしも自分に適したところだとは限りません。転職する際に「気を付けるべきこと」をあらかじめ知って成功させましょう!

働きながら転職を考える看護師の理由はさまざま

転職相談 | 看護師の求人・転職・募集 (1945)

家の事情、ライフスタイルの変化、職場や仕事内容の悩みや相性など、いろいろな事情で転職を考えることがあるものです。
看護師の方々の転職理由としてもっとも多いのが、職場の人間関係をきっかけとした不満です。

同僚や先輩看護師と上手く付き合えない、看護師長のやり方が肌に合わない、尊敬できない医師がいる、患者からのセクハラに耐えられないなど、人間関係にまつわるトラブルは様々ですが、職場の人間関係を目的として転職をする以上、転職先で同じように悩んでしまっては元も粉もありません。

看護師が「今の職場を退職して、転職しよう」と考えることは、一般の職業に就いている方と同じように起こります。その理由は様々ありますが、一番多いのが看護師として転職する場合は「他施設への興味」、看護師以外で転職する場合は「他分野(看護以外)の興味」という結果になっています。
日本医療労働組合連合会の調査では、慢性的な人手不足からくる過重労働から「看護職を辞めよう」と思った看護師が75%という実態が明るみとなりました。
他「パワハラやいじめといった人間関係」「休日やシフト(夜勤)といった労働環境への不満」「上司・経営者への不満」「給与・待遇面での不満」なども理由に上がっています。

気を付けるべきこと① 残業時間をはっきり確認すること

看護師さんは全国的に慢性的な人手不足です。
職場としてもできる限り働いてほしいと言う本音はありますが、残業時間や残業代についてはっきりさせない所は要注意と考えて良いでしょう。
残業なしの看護師求人を探すにはこのサイトで決まり! (1950)

求人票・求人案内に残業に関する表記がない場合、 面接で対応する方に「残業代は出ますか?」と尋ねた際に きちんと法律で定められた金額を提示する職場は大丈夫。

しかし残業代を聞かれた際に、明確にきちんと答えない職場は要注意です。

なんとなくごまかすため 「うちの職場では残業ってほとんどないですよ」 「あっても異例の事です」というような曖昧な返答をする職場は要注意。

看護師の転職が多い理由のひとつに、超過勤務が多いという点があります。本来は労働基準法で1日の労働時間(法定労働時間)は8時間、1週間に40時間と決められています。これを超えた勤務時間に対しては残業代を支払うことになっています。
転職を考える場合は、どのケースまでが残業として認められているかを確認しておくといいでしょう。
残業の有無をチェックすることも大事です。診療科や時期によっては、クリニックでも残業が多くなる場合があるのです。クリニックだから残業がないと思い込んでいると、実際に働いてみたら残業が多くてウンザリしたということになりかねません。
看護師に限ったことではなく、他の国に比べても日本は残業が多いと言われてます。
サラリーマンの平均も月40時間以上残業をしていますが、残業代はほぼつきません。

仮にいくら残業が発生しても残業時間に見合った残業代がつけば問題ないのですが、
月20時間以上の残業をしても、残業代がつかない場合は問題があるかもしれません。

気を付けるべきこと② すでに働いている看護師の世代を知る

転職サイトを活用していても、
担当者にすでに働いている先輩看護師の年齢層について聞いておきましょう。
自分が働きだしたときに同年代の看護師がいるかどうかも気になるところです。
女性ばかりの職場、年齢層を気にしてみましょう。
新人看護師 悩み.com|サービス残業で月10万以上の損をしてるかも? (1949)

同年代の看護師さんはいるのかなぁ?
年代の若い看護師さんの多い職場の方が 最新の知識が必要、忙しい、残業が多い、給料が高い、看護技術が習得できる という傾向にあります。

逆に年代の高い方が多い職場では先ほどの真逆の傾向にあるようです。

大学病院など急性期病院では若い看護師が多く、平均年齢20歳代というのが一般的です。入職して数年で退職する人が多いため、平均年齢が低くなるわけです。一方、地方の慢性期病院などの場合は、子育てが一段落後に再就職する人が多くて平均年齢40歳代、といった所もあります。
転職先に関しては職場スタッフの年齢層も気になるという看護師が多いものですが、看護師求人サイトを使っての転職を考える人の中にもこのようなポイントを気にしている人は多いものです。

たしかに年齢層が自分とはあまりにかけ離れているということになってしまうと、職場で浮いた存在となってしまうので働きにくくなってしまいます。そのため、同世代の職員がいる現場へと転職させてもらえるように看護師求人サイトに依頼しましょう。

気を付けるべきこと③ 職場の雰囲気を自ら確認すること

女性が多い職場での人間関係、本当に重要です。
仲の良さをあらかじめ見ておくと安心できますね。
虫眼鏡を持った看護師さんのイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (1951)

職場の雰囲気や人間関係について情報収集する方法はいくつかあります。

・自ら患者として病院に足を運んでみる
・入職前に職場見学や職場体験・インターンなどに参加する
・面接時に、病院の採用担当者からヒアリングする
・転職支援会社に登録し、口コミ情報や取材情報を教えてもらう

一番確実なのは、自分の目で見て確かめるという方法です。

意外と多いのは、「自分の目で職場を見て決めるべきだ」という意見です。できれば、休日などに実際に職場となる病院やクリニックを訪れて、働いている看護師さんの様子をじかに見るのが大切だということで、その仕事ぶりから経験者であれば、自分と合う場所かどうかが判断できます。
看護師の転職の際には、希望している病院をあらかじめ見学することをオススメします。なぜなら、病院で実際に働きだしたときに、その雰囲気に馴染むことができず、結果としてまた退職してしまうという人も結構たくさんいます。したがって、そのような雰囲気に合うか合わないを実際に見学することによって確認しておくということは、大事なことなのです。

気を付けるべきこと④ 勤務時間、申し送りの時間を確認すること

看護師の一日:医療法人社団 邦生会 高山病院 看護師採用サイト (1952)

一方の3交代は日勤、準夜勤、深夜勤がそれぞれ8時間ずつというケースが多いようです。
求人票では、2交代なのか、3交代なのか、その場合の勤務時間はどうなっているかをよく確かめておきましょう。
また、看護師の配置人数が書いてあると、もっと参考になります。
シフト勤務の場合にチェックしておきたいのは、“各勤務時間帯が重なっているかどうか”です。
30分くらい重なっている場合には、その時間が「申し送りの時間」にあたります。

もし、勤務時間帯が重なっていない場合は、勤務終了後に申し送りの時間があることもあります。
その際、申し送りの時間は残業がつかない病院もありますので注意が必要です。

転職先でも頑張れるように

現役ナースが選ぶ!おすすめ看護師の転職サイト | 看護師応援サイト「ナーチパ」 (1955)

看護師として免許がある以上、ほかの病院が気になることも出てくるでしょう。
転職は自分のキャリアアップのためとは言え、転職先で悩んだり苦労することは避けたいものです。
あらかじめ転職活動で気を付けることを知っているかどうかは非常に重要なことと考えられます。
最も重要なことといえば「自分の目で職場の雰囲気を確認すること」だと言えます。
年齢層、仲の良さなどそういった情報をキャッチするためにも、転職先の候補が見つければ自分で足を運びましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |