住宅ローンは組める?自己破産で困ること~生活はどう変わるの?~ | キュレーションメディア

住宅ローンは組める?自己破産で困ること~生活はどう変わるの?~

債務整理の中で一番債務者の負担が大きい自己破産。借金の債務整理として自己破産を選んだ場合、日常生活においてどのような負担があるのでしょうか。自己破産後どのように変わるのか調べてみました。

自己破産で困ること

 (5732)

自己破産…困ることは多いですよ。

ローン・クレジットは7年~10年は不可です。住宅ローン/自動車ローンで銀行の場合は10年以上~一生貸してくれません。
また7年程度して貸してくれる場合の甘い会社もありますが金利はかなり高い…

破産すると官報情報に掲載…

金融機関には本来で言うブラックリストに載ります。また信用情報にも掲載されます。

官報にはどこまでの情報が載るの?

官報には,以下のような情報が掲載されます。

1.事件番号
2.氏名
3.住所
4.決定の日時
5.決定の内容(主文)
6.破産管財人氏名
7.債権届出等の期間
8.次回期日の内容・場所
9.管轄裁判所

住宅ローンを組めるようになるには、いつから?

…破産の場合、信用情報機関にその事実が登録されているのが7年とされていますが、破産をした際の債権者は当然自社内にそれ以上の期間情報を有しているでしょう。

概ね、7年を過ぎればローンを組める可能性が高くなるとはいえるかもしれませんが、金融機関によっては、それ以前であっても現状の収入から融資可能という判断をするかもしれません。

通常自己破産後
5~10年は、クレジットカードを作ったり、自動車ローンを組んだりすることができなくなりますということになりますφ(.. )
住宅ローンを組むのは10年くらいできないと考えられています。

もちろんなかには5年経ってないのにカードが作れたという人もいるでしょう!
これらは信用情報機関やそれを照会したカード会社の判断次第です。

逆に自己破産した時に債権者だった業者からは、
業者内の登録情報により10年以上経っても借りれないということもあります。

自己破産すると携帯(スマホ)が使えないの?

 (5734)

…自己破産をすると割賦で購入した携帯電話は使えなくなります。なぜなら、自己破産の申し立てをした場合、いまある債務はすべて裁判所に申告し、本人の所有名義の資産はほとんど処分しなければならないからです。

2年の分割払いで買っている端末代金や利用料金も、申告しなければならない債務に含まれます。そのため、自己破産の申し立てが認められれば、免責の対象となり、端末代金や利用代金の支払いをしなくてもよいことになります。しかし、同時にその情報は携帯電話会社にも伝わるので、即座に利用停止・契約解除となります。利用料金の不払い情報は、携帯電話会社間で共有されるので、たとえば1社から利用停止になるとその他の会社との契約も難しくなるでしょう。…

月々の利用料(基本料金や通話料、パケット通信費、アプリ利用料など)を滞納している場合は、強制解約となり、使い続けることが難しくなるでしょう。

携帯などは一括の購入のみ、分割での購入ができなくなります。
自己破産をしても利用料等で滞納がない場合や一括購入されてある場合は、
そのまま使用し続けることが可能です。
ただ反対に電話料金キャリア費用が残っている場合は、債務の一つとして計上されてしまいます。

今現在分割で購入し費用が残っている場合は、そのまま使い続けることができなくなるのが問題ですね。

債権者平等の原則があっても考慮される場合

 (5735)

債権者平等の原則とは、同一の債務者に対する数人の債権者は、その債権の発生原因・発生時期にかかわらず、債務者の財産から平等に弁済をうける、という原則である。たとえば債務者Xに対して債権者A、B、Cがそれぞれ3000万円、2000万円、1000万円の債権を有する場合に、Xの総財産が1200万円しか存在しなければ、A、B、Cは債権額に応じた按分割合で、各600万円、400万円、200万円の弁済を受けることできる。…
仕事で携帯電話がなくては今後の収入が左右してしまう場合なども考慮されます。
・配達の依頼をもらうのに携帯電話が必要
・営業の仕事をしていてお客様とのやり取りに使う
・注文は全て携帯電話で受けている
などですね。
そういった場合は、考慮されますから、よく弁護士などの専門家に相談してください。
債権者平等の原則とは、債権者平等に扱うということです。
月々の携帯代等やキャリアの残額が残っている場合は、債務の一つとして計上されるため、
携帯代も他の債務と同様に平等に支払う義務が生じてきます。

しかし収入を得るツールとして使用する場合においてのみ、
債務整理を担当してくれる弁護士によっては考慮れることも。
絶対ではありませんが、そのようなケースがあることを覚えておくといいでしょう。

自己破産で働けなくなる職業とは

 (5736)

自己破産の申立てをした場合、 警備員や生命保険募集人などの一定の職業・資格などに一時的に就けなくなります。 しかし一生その職業・資格などに就けなくなってしまうという事ではありません。 破産手続開始決定から復権を得るまでの間の資格制限です。自己破産の手続きが終われば当然に就業・資格制限はなくなります。
一時的に働けなくなる職業の一覧については、下記の「資格制限一覧/自己破産の解説」のサイトをご覧ください。↓

資格制限一覧/自己破産の解説

資格制限一覧/自己破産の解説
資格制限/自己破産の解説/職業規制,自己破産したら出来ない職業
自己破産の手続きから、特定の職業についている方は働くことができません。
けれど、免責決定確定が決まれば再び働き始めることができます。
ただしその期間は1か月以上かかることも。

雇用主に事情を話して、その間に違う職、例えば事務職等などにしてもらい、
免責決定確定後に復職する方もいるようです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |