日本赤十字社栃木県支部那須赤十字病院の看護師転職求人 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

日本赤十字社栃木県支部那須赤十字病院の看護師転職求人

日本赤十字社栃木県支部那須赤十字病院の看護師転職求人についてまとめました。

 (15788)

開設年月日昭和24年7月1日
開設者日本赤十字社栃木県支部 支部長 福田 富一
名称那須赤十字病院
院長北島 敏光
所在地栃木県大田原市中田原1081番地4
病床数460床
TEL0287-23-1122(代表)
 (15810)

「かかりつけ医」と「病院」との連携
那須赤十字病院では、地域の診療所や病院の先生方と連携し高度で専門的な医療を提供します。
地域の皆様へ
『医療機関の役割分担』をご存知でしょうか。
それは、普段の健康管理や、症状の安定している患者さんの診療は、『かかりつけ医』で行い、専門的な検査や高度な治療が必要な時は、当院のような急性期病院が担当するというように、病院と診療所・病院と病院がお互いに連携して効率的な診療にあたることです。
当院では、紹介状(診療情報提供書)をお持ちの患者さんに治療や検査をスムーズに受けていただけるように配慮しておりますので、かかりつけ医の紹介状(診療情報提供書)をご持参の上、ご来院くださるようお願いいたします。 また、その際の当院における外来予約もかかりつけ医からしていただくことも可能です。
 (15846)

日本赤十字社栃木県支部那須赤十字病院には、病気や障害から生じる生活上の不安に対して、相談に乗ってくれる医療ソーシャルワーカーがいます。内容として病気だけでなく、社会保障制度や転院、退院にも相談に応じてくれます。
【基本理念】
マイタウン・マイホスピタル
~地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に~
【基本方針】
赤十字基本原則に則り、地域のための医療を提供します。
患者さんの立場を尊重し、患者さんに信頼される病院をつくります。
日々の研鑚を惜しまず、医療の質の向上に努めます。
保健・医療・福祉施設との連携を密にし、地域医療の発展につくします。
 (15799)

日本赤十字社栃木県支部那須赤十字病院は、栃木県大田腹市に位置し、日本赤十字社栃木県支部が設置されています。人間ドック20床を備え、常に近代的医療施設の整備を心がけています。そして、「患者さん中心の医療」を目指し、へき地巡回診療を行っています。
 (15825)

当院では災害時国内外で活躍できる看護師を養成しています。
養成期間は院内研修3年間、その後に日本赤十字社主催の語学研修等に参加します。
【院内研修】
1年目:災害看護概論について学ぶ 防災訓練の見学
2年目:赤十字救急法を学ぶ 災害時の基礎行動訓練を学ぶ 防災訓練に患者役として参加
3年目:県内赤十字病院との合同研修 災害訓練に救護員として参加
 (15787)

まず、わが国の赤十字社について簡単にご紹介しますと、日本赤十字社は明治10年に設立された博愛社を前身とします。博愛社は西南戦争で傷ついた兵士の救護に当たりました。この当時、わが国では敵の負傷兵を助けるという文化はありませんでしたが、博愛社の活動では敵味方の区別なく負傷者を救護することで、日本人に人道という精神文化の基礎を植え付けました。現在、日本赤十字社は全国に92の病院を持つまでに成長し、那須赤十字病院もその一つとして地域医療に貢献しています。
病院の基本理念は「マイタウン・マイホスピタル~地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に~」で、この基本理念を達成するために、職員一人ひとりが自己研鑽に努めて地域の皆様のニーズにお応えできるよう邁進努力しています。
今後の目標として、高度医療の推進、三次救急医療の充実、地域医療連携システムの強化などによって更なる病院の発展に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。
 (15801)

内科
小児科
外科
脳神経外科
呼吸器内科
整形外科
泌尿器科
産婦人科
眼科
形成外科
皮膚科
耳鼻咽喉科
心臓血管外科
放射線科
歯科口腔外科
【診療協働部門】
看護部
薬剤部
検査部
臨床工学技術課
 (15809)

【応募資格】看護師・助産師資格を有する者
【募集人数】若干名
【待遇】臨時職員
【給与】経験年数を考慮のうえ決定します。年1回昇給あり。
【賞与】年2回
【休日】第2・4・5土曜日、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(7月1日)
【休暇】年次有給休暇 年10日、夏季休暇 3日間、特別有給休暇(結婚・忌服等)
【他】社会保険、雇用保険、厚生年金、年金基金、労災保険等加入、託児所(24時間完備) 制服貸与、日本赤十字社福利厚生制度
【応募方法】採用試験申込書(PDFファイルをホームページの人材採用でダウンロード)  履歴書、看護師免許証の写し
【選考方法】書類審査・面接・小論文
【選考日時】随 時 (都合を伺います)
【採用時期】随 時
【勤務】38時間45分/週、変則2交替制勤務 08:30-16:50 16:40-09:00
【病院見学】希望日をお知らせください。(メール可)
【応募連絡先】人事課
<電話でお問い合わせの方>0287-23-9946
<メールでお問い合わせの方>jinjika@nasu.jrc.or.jp
認定看護師とは、特定の専門分野において、熟練した看護技術と知識で水準の高い看護実践のできる看護師です。看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的にしています。平成20年、認定看護師会が看護部内に組織され、2ヶ月に1回定例会が開かれます。そこでは、患者のためのディスカッションが行われます。
平成24年、日本赤十字社栃木県支部那須赤十字病院には、9分野に13名の認定看護師がいます。その一部の方の活動や抱負を載せます。
 (15818)

013年当院では緩和ケア病棟が開設されました。私は現在緩和ケア認定看護師となり、病棟での実践を中心に、スタッフの教育を行っています。常に患者さんとご家族のそばに寄り添い、自己決定を支えることを心がけケアに携わっています。また、命を支えているスタッフの支えになることも活動の一つと考えています。他に緩和ケアチームの活動として、リンクナースの教育を行い、一般病棟でリンクナースが緩和ケアの知識を広め、患者さんのQOLが少しでも拡大していけるようにしたいと考えています。
 (15814)

私は2012年に、新生児集中ケア認定看護師の資格を取得しました。自身の出産や育児の体験を通して、赤ちゃんの生命力と親子の絆を実感したことがきっかけとなり、新生児看護をより深く学び、実践に生かしたいという思いで志しました。すべての赤ちゃんの行動には意味があります。児ひとりひとりを尊重し、心地よく安定した環境の提供を成熟に合ったペースで継続させていくことや、未熟性や特殊性を考慮しながら成長・発達を見守り促していくことを念頭に置きながら看護しております。そのためには、赤ちゃんの要求を理解することが重要であり、適切な判断のもと、個別的な時間・空間等を配慮しているか確認しながら進めています。また、親子間の愛着形成に向けたサポートを、医療スタッフと共に大切にしながら、日々赤ちゃんと向き合っています。
 (15808)

看護部ではワーキングサポートとして、働く女性を支援するものがあります。看護師および、夜勤に従事する職員の子供を対象に24時間保育が実施されています。
育児理念としては、安心して職員が働けるように家庭に近い環境で安全な生活を送れる保育。個々の成長リズムに合わせた基本週間の指導。年齢差のある子供も仲良く遊べるように思いやりのある保育。があります。
院内の保育施設なので、24時間保育で母親の勤務時間に合わせてくれます。また、夜勤明けの職員への理解もあり、仮眠を取れるように希望によっては15時まで預かってくれます。緊急時や病後児童も受けいれてくれます。
院内の保育施設にも関わらず、四季折々の行事を開催してくれるので、一般の保育施設と変わりありません。こちらの仕事に合わせてくれるので、寛容で母親にとっては嬉しい施設です。
 (15828)

体に病気や障害がなければ「健康」なのでしょうか?私たちは、こころが苦しみもがくときの辛さを知っています。
那須赤十字病院では、患者さんへの全人的医療を目指して、こころのケアにも力を入れていきたいと努力しています。
その一つの試みとして『こころのケア相談室』があります。相談室では患者さんやそのご家族はもとより、医療スタッフのメンタルケアも行なっています。また、地域の小・中学校の先生方への講演会や無料相談も行っています。
『患者さんのこころもサポートしたい』そんな思いをもつ同士とともに、患者さんの心身に当たっていきたい』 それが那須赤十字病院看護部の願いです。
【東北本線をご利用の場合】
西那須野駅下車車で約15分
西那須野駅東口より、市営バス(約25分)または東野バス(約17分) 那須赤十字病院下車
【東北新幹線をご利用の場合】
那須塩原駅下車車で約15分
那須塩原駅東口より、市営バス(約16分) 那須赤十字病院下車
【東北自動車道をご利用の場合】
矢板インターを降りて国道4号を 黒磯・大田原方面に 約40分
西那須野塩原インターで降りて国道400号を 大田原方面に 約25分
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |