薄毛が気になり始めたら知っておくべき!育毛剤の副作用。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

薄毛が気になり始めたら知っておくべき!育毛剤の副作用。

皆さん身近な風邪薬にも副作用はあるのです。体調によっては、あるいは体質によっては合うものと合わないものがあります。どんなものがどんな人に合わないのか、気をつけるべきことをまとめてみました。

薬には副作用がつきもの。

プロペシア - Google 検索 (73)

育毛剤は医薬部外品ではありますが、
育毛成分が何十種類と含まれていますので、
相応の副作用もときには発生することを覚えておきましょう。
育毛剤には副作用があるっていう事はご存知でしょうか?
薄毛の悩みを抱える方にとっては、自分に合った育毛剤はまさに救世主ともいえる存在でしょう。

ですが、自分の頭皮に合わない含有成分だったりすると、場合によっては副作用を起こす可能性も充分にあり、注意が必要です。

皆さん身近な風邪薬にも副作用はあるのです。

体調によっては、あるいは体質によっては合うものと合わないものがあります。

どんなものがどんな人に合わないのか、気をつけるべきことをまとめてみました。

海外メーカーの育毛剤。

プロペシア - Google 検索 (72)

日本国内の育毛剤メーカーは副作用の心配はありませんが、注意すべきは海外メーカーの育毛剤です。

海外メーカーの育毛剤には添加物や刺激の強い育毛成分の多いものがあり、効果は高いですが、その分副作用やリバウンドの可能性も高いです。

このリバウンドというのは、一時期生えますが、また抜けてしまう事です。
まさに海外のものは、ハイリスクハイリターンです。

メーカーによっては、考えられる副作用の記載を行わないケースや、副作用を引き起こしかねない使用分量を記載していないケースもあります。

けっこう海外メーカーのものは、日本製と違って適当なのです^^

化学添加物が入っている場合は肌アレルギーの可能性も・・・

プロペシア - Google 検索 (74)

化学添加物などが多少なりとも含んでいる場合は、肌が拒否反応を起こす場合があります。

症状としてはニキビ、ふきでもの、痒み、発疹などです。
症状が酷い方ですと、かいたら皮膚が剥けた、などということもあるようです。

一般的に育毛剤を使用する前はパッチテストをして肌反応を確かめるのが基本です。
このサイトでも紹介しますが、

天然由来成分、人間由来成分などの化学添加物無添加の育毛剤がおすすめです。

天然由来成分を配合した育毛剤は頭皮への刺激は少なく、炎症なども起こりにくいとされていますが、それでも肌に合わない方はいます。

すべての人の肌に合うという成分は存在しないようです。

そのため、育毛剤に含有されるすべての成分にかゆみや炎症を引き起こす可能性があります。

天然由来成分のほうが副作用なく使っていただけるようですが、それでもかゆみの出る方も

まれにいます。

使用の前にパッチテストをしてみることをお勧めします。

育毛剤の成分で「ミノキシジル」の副作用。

プロペシア - Google 検索 (71)

ミノキシジルの使用によってもたらされる副作用です。
「低血圧・頭痛やめまい・胃のあたりに不快感・手足や顔にしびれを感じる」など、その他にも様々な症状が報告されています。
ミノキシジルにはプロピレングリコールという溶剤が含まれているのですが、これが主にアレルギー反応などを起こす要因となっているようです。
頭痛・めまい・吐き気などの体調不良
育毛剤の成分で「ミノキシジル」という成分は聞いたことがあると思います。

この「ミノキシジル」には血管拡張剤が含まれていて、頭痛・めまい・吐き気などをときどき起こすことがあります。

「ミノキシジル」を含む代表的な育毛剤は「ロゲイン」「リアップ」などです。

血管拡張剤の作用もあってかなりの発毛効果を期待でき、販売開始後5カ月で400万本以上を売り上げたようです。

ですが副作用のクレームも500件以上にのぼりました。

この「ロゲイン」「リアップ」はミノキシジルの血管拡張剤を含む医薬品です。

医薬品は医薬部外品よりも育毛剤の効果が高いですが、こういった副作用があるのであなどれないです。

もしこういった症状が出た場合はすぐに使用を中止し、医者に相談するようにしましょう。

さらに低血圧の方は「ロゲイン」や「リアップ」などのミノキシジルが含まれている育毛剤を使うのをやめておきましょう。

ミノキシジルは高血圧の患者に使う薬品のひとつですので、血圧を下げる作用があるため、低血圧の方に使うと危険だからです。

効果の高いものほど、副作用の出る可能性もあるようです。

とはいってもたいていの方には副作用なく、効果を実感してもらえている商品です。

育毛剤の「プロペシア」という成分。

プロペシア - Google 検索 (70)

まれに育毛剤のプロペシアで「胃の不快感、性欲減退など約5%の副作用を発症した」という例が報告されています。

プロペシアの成分には男性型脱毛症(AGA)の最大要因といわれる男性ホルモンの一種・ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することによって、男性機能を低下させる可能性があります。

ですが、そこまで心配することはなく、深刻な状況に陥ることはまれであるといいます。

プロペシア(フィナステリド)の使用によって起こりうる副作用ですが「性欲がなくなってくる・出生児(男児)に何らかの障害(奇形など)が起こる・精子の数の減少」などの報告があります。

これらのような副作用は男性にとっては非常に致命的なものですよね。

女性の場合も妊娠中などに使用すると胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。たとえ妊娠中でないとしても婦人科系の病気を引き起こすリスクもあるため、一般的には女性にはプロペシア(フィナステリド)は処方されることはありません。

プロペシア - Google 検索 (75)

服用型育毛剤の副作用。

服用型育毛剤は塗るタイプよりも副作用が強いので注意が必要です。
しかも、アレルギー反応を起こすだけではなく、身体の状態に危険が伴う場合もあります。

服用型はご想像の通り、体内から脱毛の原因を除去しようとするものです。
男性ホルモンを抑制したり、血行を整えたり、細胞分裂を促進したりと、その効果はかなり強いものですが、下手をすると副作用によって、他の症状が併発してしまう恐れがあります。

その他の副作用について。

育毛剤の副作用には、人体に危険なものは極めて低いといわれているようです。

しかし、用法や用量を守らずに使用すると、身体にあまりよくない影響を引き起こす可能性があります。

育毛剤の多くは「成人男性用」のものがほとんどで、未成年者や女性の使用を禁止しているものもたくさんあります。

もちろん女性のために開発された、女性に優しい育毛剤も今現在では多数あります。

一般的にいわれている「若ハゲ」といわれる、若年性脱毛症の方は10代の若さで発症するので、ほとんどの育毛剤は使えない事になります。

フィナステリド系の育毛剤は、妊娠中の女性が触れると胎児に悪影響を与える可能性もあります。

育毛剤は未成年は使ってはいけないものがほとんどです。

大丈夫と思っていても思わぬ副作用が出ることがあります。

また、女性は女性用のものを必ず使用してください。

夫婦で一緒の物を試しに使うなんて事のないようにしてください。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |