〈いったい何を使ったらいいの?〉育毛剤と発毛剤・養毛剤の違い。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

〈いったい何を使ったらいいの?〉育毛剤と発毛剤・養毛剤の違い。

知っているようで知らない・・・育毛と発毛・養毛の違い。いったい何を使ったら何に効果があるのでしょう。

育毛とは?

発毛 - Google 検索 (762)

育毛というのは、今ある髪をしっかりと育てていくことです。
育毛剤であれば、脱毛を予防したり、フケやかゆみをおさえ、丈夫な髪を育てることになります。
そして、頭皮環境を整えることになるため、薄毛部分からの発毛も期待することができます。
育毛とは
育毛とは現存している髪の毛を育てること。

生えている髪を太く長く成長させ、抜け落ちないよう毛根を丈夫にする。
よって生えていない場合は育毛は出来ない。

これは「現在ある髪の毛を健康に保ち、抜け毛を防ぎ、強い髪にする」こと。自分の脱毛原因などを把握し、体質に合ったケアで正常な頭皮に戻し、正しいヘアサイクルを取り戻し、髪の毛を育てます。
この言葉の定義は、毛髪に関する事業者のサービスと商品についてのガイドラインを策定し、その遵守を推進している「日本毛髪業界」が示したものです。

発毛とは?

発毛 - Google 検索 (763)

発毛は、その名のとおり発毛です。
さまざまな原因により脱毛状態になってしまった状態から、髪の毛を増やすこと。
それが発毛と呼ばれるものです。
発毛剤であれば、毛髪の司令塔でもある毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から、再び発毛をさせるものとなります。
発毛とは頭皮を改善し新しい髪の毛を増やすこと。

生えなくなった毛穴から新しい髪の毛を「発毛」させる。

養毛とは?

「養毛」という言葉をお聞きになった方もいらっしゃると思います。
これはご年輩の方には若干お馴染みですが、最近ではあまり使われない言葉です。意味としては、“養分を補給したり血行を良くしたりして、毛髪に栄養を行き渡らせる”ことでしょうか。ネットで養毛を検索すると、様々な成分を含んだ養毛剤や、毛穴の脂を落として育毛剤の浸透を助けるシャンプーなどが出てきます。
養毛は、育毛の一環として捉えてもいいかも知れませんね。
育毛・発毛・養毛の違いはご理解いただけましたでしょうか。

自分の髪の毛に対してどのような手段で髪の毛を増やしていこうかと考えるときに

この用語の差はきちんと理解しておかないと満足の行く効果が得られない場合がありますので

ご注意ください。

では、ここから養毛剤・育毛剤・発毛剤の違いをご説明します。

自分は何を使ったらいいのか・・・・分かってくると思います。

養毛剤

発毛 - Google 検索 (764)

脱毛を抑えて、毛髪を保護するのを目的としています。
栄養成分や保湿成分、皮脂・フケを抑える成分などが主流に配合され、効きめがおだやかな化粧品に分類される商品が多いです。
最も手軽に利用できるタイプのものになります。頭皮の環境を整えて今ある髪の毛の脱毛を防ぎ、髪を健康に保つ働きが期待できるのが養毛剤です。

育毛剤

発毛 - Google 検索 (765)

毛髪の成長を促す成分が主体になった製品です。 養毛剤と似ていますが、今ある毛髪の成長を促し、脱毛を予防する効果を主目的にしています。育毛剤には、医薬品や医薬部外品に指定された商品が多く、有効成分が配合されていることから、養毛剤よりも高い効果が期待できます。

育毛剤の効果には、主に次のようなものがあります。

頭皮の毛母細胞や毛根細胞に働きかけて新陳代謝を活性化し、育毛を助ける。
頭皮の血行を良くして毛乳頭への栄養補給を増やし、毛髪の成長を促す。
雑菌の繁殖や炎症を抑えることで、脱毛を予防する。
保湿成分によって頭皮の乾燥を防ぎ、育毛環境を整える。
女性用育毛剤の場合、女性のデリケートな頭皮に刺激を与えすぎないよう、有効成分の濃度が男性用に比べて低めに配合され、それぞれの効果がゆるやかに現れるように配慮されている商品が多いのも特徴です。

発毛剤

発毛 - Google 検索 (766)

毛母細胞に作用し、脱毛後に新しく発毛させることを目的とした商品です。
養毛剤・育毛剤が既に生えている髪の毛の状態を維持するものであるのに対し、発毛剤は積極的に髪の毛を発毛させるために、毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分が配合されています。
発毛剤は薬事法で医薬品に指定されたものが多く、医師から処方される医療用医薬品と、薬剤師がいる薬局等で購入できる第一類・第二類・第三類医薬品とがあります。
発毛 - Google 検索 (767)

抑えておこう!発毛と育毛の違い。

抜け毛の対策として、発毛とか育毛とかいう言葉をよく聞きますが、発毛と育毛との違いは何でしょうか。

発毛とは、頭皮を改善して、髪の毛を増やす抜け毛対策です。髪の生成に必要な栄養素を含んだサプリメントの飲用、薬剤の投与、外用薬の塗布などをすることによって、発毛環境を整え、発毛を促進します。髪の量が増加することはありませんが、髪を太く長く成長させることで、髪の密度を増加させます。

これに対して、育毛とは、抜け毛を食いとめて地道に髪を育て、髪の量を増やしていく抜け毛対策です。正しいシャンプー法や、規則正しい生活を心がけ、頭皮や髪の環境を整え、健康に保つことで、抜け毛を防止します。

頭皮が健康になると、抜け毛が減少し、髪が残り、その結果、髪が増加します。このような発毛と育毛の違いをよく理解して、抜け毛対策に取り組んでみましょう。

効果の出やすい順番ってあるの?

発毛 - Google 検索 (768)

効果が出やすい順に並べると、発毛剤ー育毛剤ー養毛剤となります。
じゃあ発毛剤が良いの!?となるかもしれませんが、効果が強い物には副作用がある場合もありますし、このような発毛や脱毛に関する物は、自分の状態や体に合っていなければ、
効果を発揮することは出来ません。
ですから今の自分の状態を見極め、自分にはどんなケアが必要なのか、で育毛剤、発毛剤、養毛剤を選ぶようにしてみて下さい。
何よりも大切なのが、使用している成分について。
おそらく、発毛剤に含まれる成分は「刺激が強すぎて頭皮に合わない」という方も多いはずです。地道に継続することが重要な薄毛対策では、低刺激の育毛剤を使うようにしましょう。
発毛剤は刺激が強いので低刺激の物を使うか、医師に相談することをお勧めします。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |