育毛剤にも種類があります!育毛剤選びに要注意! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

育毛剤にも種類があります!育毛剤選びに要注意!

薄毛で悩んでいる人で育毛剤を使用している人は多くいるでしょう。最近ではドラッグストアやスーパーでも多くの商品を見かけることができますね。でも育毛剤の種類を気にして選んでいますか?

薄毛で悩む人は多い

男女2,000人に聞いた!「薄毛に関する意識調査」結果発表 毛髪が気になり始めたきっかけは、男性は「他人の指摘」、 女性は抜け毛の量や洗髪時など「現実的なきっかけ」で毛髪を意識し始める | リクルートライフスタイル (113)

「この十数年の間、薄毛の日本人の割合は変わっていないと考えられています。しかし、アンチエイジングに関する意識が高まるとともに、薄毛を気にする人や、それを話題にする機会が増えてきているため、薄毛の人自体が増えていると思う人もいるようです」
男性は、20代の75%が薄毛が気になり、もっとも気にしているのは30代!その後40代、50代とだんだん気にしなくなる。女性は、年齢があがるほど薄毛に悩む人が増え、40代以降は、男性より女性の方が気にしているという結果に!
10年前の調査* によると、抜け毛や薄毛に悩む男性は、20代の約13%、30代の約21%、40代の約33%、50代の約40%、60代の約43%。調査の対象は男性であり、この割合は男性型脱毛症に悩む人の割合と考えて良い。
第一三共ヘルスケア育毛剤 消費者トラッキング調査(2012年3月29日)

育毛剤を使用する人は多い・・・けど種類まで気にしていますか?

失敗しない選び方!男性用育毛剤は効果の違いで4タイプ! (121)

そんな薄毛に悩まされた時、あなたならどのような方法をとりますか?
多くの人がまず考えることは、育毛剤を使用するということです。
育毛剤を使用れば髪の毛が生えてくると思っている人が大半ではないでしょうか。
ドラッグストアは日本全国、夜遅くまで営業している所も多いです。このため、仕事帰りにドラッグストアに立ち寄って、育毛剤を手軽に購入することも可能です。1000円や1000円を切るような価格で販売されている格安の商品もあります。

手軽に抜け毛対策できるので、最近髪の毛の気になる人はつい手が伸びてしまうわけです。

育毛剤のタイプ① 頭皮の血行を促進させ、栄養を届けるタイプの育毛剤

薄毛やハゲにつながる原因と理由 | 育毛貴族 (156)

髪の毛は毛乳頭から髪の根元の毛母細胞に栄養が送られて、健全に細胞分裂が行われる事で伸びて行きます。
当然血行が悪ければ髪の成長にはマイナスですね。
頭皮が堅いと感じたり、運動不足や脂肪性の食事が多くて血管が詰まりがちな人はこちらのタイプを検討しましょう。
育毛剤だけでなく、マッサージも合わせて心がける必要があります。
頭皮環境の悪化やストレス、運動不足などの生活習慣の乱れ、食生活の影響で血行不良がおこると十分な栄養が頭皮に運ばれなくなります。こうなると毛根の働きは弱まり、抜け毛や薄毛の原因に。

このタイプの育毛剤は毛細血管を拡張することで血液の循環をよくし、栄養素が頭皮の届きやすくなる効果が期待できます。

頭皮を柔らかくし、毛細血管の拡張作用によって血行を良くし、発毛を促すタイプの育毛剤です。毛細血管が広がると毛乳頭が十分に酸素・養分を吸収できるため、髪の毛を作り出す毛母細胞の働きも活発になります。市販の育毛剤はほぼこのタイプの作用を少なからずもっています。
毛髪はそもそも、毛包という組織によって作られるもので、その毛包のなかにある毛母細胞が分裂と増殖を繰り返すことによって毛髪となります。この毛母細胞が正常な細胞分裂を行うためには、充分な栄養素が必要なのです。ですから、乾燥型薄毛や円形脱毛症など、よくある壮年性脱毛症には当てはまらないのに、薄毛が進行してきたという方は、「頭皮への栄養補給を促してくれるタイプ」の育毛剤を使用することをオススメします。

育毛剤のタイプ②男性ホルモンを調節するタイプの育毛剤

【衝撃】薄毛の原因はホルモンにあった?【男性女性必見】〜ハゲの原因を探れ〜 | ハゲラボ (160)

多かれ少なかれ男性ホルモンは脱毛の遠因となります。
男性特有のM字やO字の薄毛進行が始まった場合にはこちらを選んでもよいのではないでしょうか。
男性ホルモンから5α-DHTを生成する5αリダクターゼを攻撃し、5α-DHT生成を抑える効果が期待できる商品などもこのタイプです。
男性ホルモンの1種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってDHT(デヒドロテストステロン)という物質に変わります。このDHT(デヒドロテストステロン)の増加が抜け毛をひきおこす要因なのです。

男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤は、この抜け毛を引き起こす5αリダクターゼの分泌を抑える働きがあります。つまり、抜け毛の原因になる男性ホルモンの分泌を抑えることで男性型脱毛症(AGA)の予防・改善に効果が期待できるのです。

薄毛の95%を占めると言われる男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響と考えられています。男性ホルモンに含まれるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)という発毛抑制物質を生成します。男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は5αリダクターゼの働きを抑制することでジヒドロテストステロン(DHT)を生成を抑制するというものです。

育毛剤のタイプ③ 細胞分裂を促進させるタイプの育毛剤

頭皮への栄養補給-人気の育毛剤ランキング (157)

最近では毛を成長させる毛母細胞の細胞分裂を活発化させて、
毛自体を多く育てる育毛剤が流行っています。
新しい角度からの脱毛治療であり、効果も実証されているので薄毛が広がっている方には効果的
でしょう。
髪の毛は毛母細胞という場所で作られています。頭皮環境が悪化するとこの毛母細胞の働きが弱まり、抜け毛や薄毛の症状がでます。

このタイプの育毛剤は、髪の毛の製造工場である毛母細胞を外から直接活性化することで、元気が毛髪が育つ環境を整える効果が期待できます。

髪の毛は毛母細胞の分裂によって生成されますが、この分裂を活発に行うためには、ビタミン、亜鉛、システインなどの養分が不可欠です。毛母細胞活性(栄養補給)タイプの育毛剤はこれらの栄養を直接頭皮に補給することで毛母細胞の分裂を活性化させ、強く健康は髪の毛を作るものです。

育毛剤のタイプ④ 皮脂分泌を調節するタイプの育毛剤

【育毛効果も!?】ゆず油が頭皮に良いらしい... | ハゲラボ (159)

皮脂分泌が多いと毛穴が詰まってしまいます。
皮脂の分泌は体にとって必要なことなのですが、ホルモンバランスの乱れなどにより過剰分泌しやすいものでもあります。
皮脂が過剰に分泌する事で毛包から排出しきれずに、ニキビ状に毛穴に詰まって、同じ毛穴から顔を出す毛の成長を阻害する事になるのです。
頭皮が脂っこい人や毛自体が先細っている場合には、こちらの作用を含む商品を選びましょう。
頭皮から過剰に皮脂が分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害します。またそのまま放置すれば炎症を引き起こし、脂漏性脱毛症の原因にもなります。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を清潔に保つことで育毛を促すタイプの育毛剤です。

育毛剤のタイプ⑤ 頭皮を保湿するタイプの育毛剤

頭皮の保湿について。薄毛抜け毛には頭皮が目覚める新発想のブラックシャンプー!  |  心の欠片 (158)

フケがよく出るという場合、頭皮の乾燥が原因となっていますが、乾燥したフケの角質軟化と水分を保持するために、保湿剤系の育毛剤があります。
頭皮が乾燥するとフケが出やすくなり、毛穴をふさいで毛髪の成長を阻害します。細菌繁殖によって毛根が炎症すると粃糠性(ひこう性)脱毛症を起すことになります。頭皮保湿タイプは、イチョウ葉エキス・海藻エキスを配合することで頭皮の乾燥を防ぎ、正常な育毛を促すタイプの育毛剤です。
フケは細胞が代謝活動をする上で必ず発生するものなのですが、頭皮が乾燥するとこのフケが発生しやすくなります。フケが多いと毛穴を塞ぎ細菌が発生し、炎症などを起して粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因になります。
頭皮保湿タイプの育毛剤は、チョウ葉エキス・海藻エキスなどによって、頭皮を保湿し、健康な頭皮状態を保つタイプの育毛剤です。

自分に適した育毛剤を使わなければ意味がありません。

男女で異なる薄毛 | 薄毛治療で薄毛改善を目指す【フサフサ髪プロジェクト】 (161)

薄毛を気にして育毛剤を使っている人は多いですね。
しかし、その育毛剤のタイプが自分に合っているでしょうか?

自分の薄毛の原因が何に当たるのか、自分で知ったうえで適した育毛剤を使わなければ意味がありません。意味がないどことか薄毛の進行を早めてしまうことさえもあります。

市販でもたくさん売られている育毛剤ですが、人気があるから、CMでよく見かけるからといった理由で簡単に使わないようにしましょう。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |