振袖の魅力!人生で一番輝く時 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

振袖の魅力!人生で一番輝く時

振袖を購入するとなれば、ハードルが高いと感じる女性も多いでしょう。そこで安価に済ませたいという声に応え、振袖のレンタルをしてくれるお店が登場しています。その魅力や注意点等を調べてみました。

振袖の特徴とは?

「振袖」という言葉は、日本人だけでなく最近は海外の方にも多く広まっています。
ただ、その本質を詳しく知らない方は多いと思います。
そこで、もう少し詳しく振袖について調べてみました。
華やかな印象を醸し出す振袖

華やかな印象を醸し出す振袖

赤色は
振袖の人気カラーだそうです。
そもそも「振袖」って?
もともと振袖の長い袖には「厄をはらい、清める儀式」に通じる意味があります。
幸せを願う祈りを込めてまとう振袖は、人生の門出の日にふさわしい第一礼装です。
「振袖」はパーティでも喜ばれる!
振袖は成人式だけのものではありません。二十歳を過ぎても年齢に関わらずお召しいただけます。結婚披露宴やパーティに振袖を着て出かけると、場がパッと華やぎ、主催者にもとても喜ばれます。振袖姿は主催者に対する“敬意の表れ”と言えるのです。
「振り」とは「振八つ口」とも呼ばれ、身頃に近い方の袖端を縫い付けずに開口している部位のことを指す。 現代の振袖の特徴は「振り」があり、且つ、袖丈が長いことである。
袖に腕が入る方向に対して垂直方向の長さが袖丈である。振袖はその袖丈の長さにより「大振袖(本振袖)」(袖丈114cm前後)、「中振袖」(袖丈100cm前後)、「小振袖」(袖丈85cm前後)に分類される。

好みの振袖をコーディネートしよう

昨今では、インターネットの普及により振袖のレンタルも、
WEBブラウザー上から予約するというのが当たり前のようになっています。

また、成人式に振袖を使用したいのか、卒業式に使用したいのかなどの目的により、
用意する髪型や小物が変わる事があるので、伝えておいた方が良いでしょう。

そして近場の実店舗に足を運び、
振袖を試着したり、色合い等のデザインを帯あげや帯締めなど、コーディネートしていきます。

振袖のコーディネートって楽しすぎる!

振袖のコーディネートって楽しすぎる!

振袖選びのコツは?
大切なのは、パッと見たときの直感。最初にいいなと思った振袖に決めるお客さまも多いんですよ。
お客さまの顔立ちやお肌の色に合わせて、スタッフからもご提案させていただきます
品良く見えるのは古典柄です。
また現代風でも全身に柄があるタイプを避ければ、安っぽく見えないものもあります。
自分の左肩、両袖の下の方、裾の方にのみ柄がある奴を選んで見て下さい。
着物の良しあし・品の良さはどうしようもないぐらい値段に比例するので、
レンタルでもある程度の値段以上のものは「さすが!」と言われる品質になります。

安くてよいものを選ぼうと思ったら、着物のことをよく知る年配女性に一緒についていってもらうことです。

振袖を着る前の「準備」が大事!

振袖は早めに選ぶとデザインも豊富で好きなものが見つかりやすいので、早めに決めておくのがおすすめです。
振袖を決めたら、髪飾り、小物選び、美容院でヘア、メイクの予約、ネイルの打合せや予約、前撮の予約とやることはいっぱいですが、手を抜くとせっかくの晴れ姿も台無しになってしまうので、準備のスケジュールは余裕を持つことが大事です。
何でも早めの準備が大切ですよね!一生の思い出のため、早く準備しておきたいものです。
いざ振袖をレンタル、そして小物もレンタル・購入しても、着付けの予約もしなければ意味がありません。
そこで、美容院などで着付けを依頼しておく必要があります。
美容院では同時にヘアメイクもしてもらえるので便利ですね。
また、前撮りの予約も別で必要です。
早いうちにスケジュールを立てましょう!

さて、いろいろなレンタルや予約が出てきましたが、一体いくらくらいお金がかかるのでしょうか。

学院主催イベント | 着付け教室 典雅きもの学院

成人式の振り袖はいくらくらいが標準的なのでしょうか
レンタル振袖店バイト経験者で、今は呉服屋さんの着付け仕事をしています。
私がバイトしてた店は、前撮り(着付け+ヘアメイク)と成人式当日(着付け+ヘアメイク)が含まれて、平均15~25万円でした。前撮り写真は二枚ですが増やすとその分、高くはなりますね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |