病院から離れて「助産院で働く」ということ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

病院から離れて「助産院で働く」ということ

看護師さんの中には助産院で働くという道もあります。助産院は病院の産科とはどう違うのでしょうか?助産院での働き方はどういったメリットがあるのでしょうか?転職先として助産院を考えている看護師さんは調べてみましょう。

助産院、病院の産科となにが違うの?

助産院と病院の違いは、ズバリ、産婦人科の医師がいるか、いないかです。
男性の疑問「女子はなぜ連れションをするのか」の最適解 - Ameba News [アメーバニュース] (4674)

助産院は、母子ともに正常な状態にある場合の出産の介助を行う場所で、そこを利用する人は妊婦さん、または産後の保健指導をうけるじょく婦さんと、赤ちゃんです。

助産院は、入院床数9床以下の施設を言いますから、規模も小さく、その分、家庭的な雰囲気の中での出産が可能です。

一番の違いは、出産時。

帝王切開や麻酔での無痛分娩をする場合には、医療行為になるので、病院でしかできません。また、出産時に赤ちゃんが出やすいように会陰切除する場合がありますが、これもメスが必要なので医療行為=病院のみになります

普通に自然に分娩をする場合には、病院も助産院も同じです。

助産院は助産師を責任者とした医療施設で、妊娠管理や分娩を行います。助産師は妊娠・分娩の専門技能を持った国家資格保有者であり、妊婦健診や分娩を医師のいない状況でも行うことができます。

ただし、助産師は医師ではないため、医療行為はできません。助産師が携わることができる妊婦健診・分娩は、医療行為を必要としない通常分娩のみに限定されるため、妊娠期に異常がある場合やハイリスクの妊婦の分娩は行いません。

助産院では自然分娩で安全に出産ができると予測される分娩のみを取り扱います。

助産院への転職・・・将来は開業することも可能

独立開業 Archives - J-musu-no-blogJ-musu-no-blog (4677)

助産院に転職される方の多くは、産婦人科病棟やクリニックで経験を積んだ助産師ですが、出産や育児に関する業務により集中して取り組むことができるという点にメリットを感じて、助産院への転職を決める方が多いという特徴があります。
それぞれの助産院では、助産師資格だけではなく、
これらの取り組みが実践できる資格をもっている助産師を求めていて、
その資格があることで手当てを支給している。
将来的に助産院を開くこともできる!
『助産院を開業できる』というのは助産師に与えられている特権です。開業に当たり、必要な条件はたくさんあります。まず必須なのは助産師としての経験やスキル。
「将来は助産院を開きたい」という方も、まずは産科で数年の経験を積むことをオススメします。開業すれば、ひとりだけで判断し、責任を負うことになります。自信を付けて開業しましょう。

助産院で働くデメリット

助産院では「リスクのある妊婦さんは受け入れできない」んです。
医師がいない、緊急の手術などができない環境下では致し方ありません。
助産院で働くということは正常分娩のみのお産にかかわることになるので、看護師(助産師)としては限定的な働き方になる可能性があります。
「ブランク明けの復帰が不安…」ママさんナースが気をつけたい3つのこと (4678)

「正常分娩の介助」だけが認められている助産院と違い、医師のいる病院では、あらゆるケースの妊娠経過、分娩に立ち会うことができます。

助産院と比べ、圧倒的な数の経験を積むことができ、いろいろな形の「人の誕生」から、人として学ぶ機会も多いと思います。

助産院では医療行為ができないため、分娩時のトラブルへの対処にやや不安があります。
また、妊娠期にトラブルがあるとどんなに助産院での出産を望んでいてもそれは叶いません。

扱える分娩が限定的であるというのが助産院の最大のデメリットです。

助産院は産婦人科病棟やクリニックと違って医師がおらず、また助産師資格を持つ看護師も医療行為を行うことが無いため、助産院で働くことで注射や点滴など基本的な処置のスキルが低下してしまい、産婦人科を除く病院への転職が難しくなるというデメリットがあります。
よって、助産院へ転職を検討されている方は、将来のキャリアを見据えた上で転職の判断をすることをお勧めします。
助産院は、産婦人科病院やクリニックと比較して残業や夜勤が少ないというメリットがありますが、出産間近の妊婦さんが入院されている時は、夜間の呼び出しを受けたり24時間待機を求められたりということがあります。

助産師としての資格が必要

【看護師*アルパカママ*】ブランク明けに体力がついていけるか不安 (4687)

資格を目指すのは大変ですが・・・
助産課程を設けている看護大学に入学し、無事助産師コースに進むことができれば、4年次に助産師養成過程の単位を取得することで、同年度の看護師国家試験と助産師国家試験を受験することができます。まだ看護師資格をとっていない方にとって、最短で助産師を目指すことができるスタイルです。
2つの学校に通う必要がないので、入学金などの費用も比較的安く抑えられるというメリットもあります。
助産師になるためには、助産師国家試験に合格することが必要ですが、助産師の試験は、看護師資格を取得していないと受けることができません。

助産師になるには、看護専門学校または看護系の短大を卒業後、看護師国家試験に合格し、看護師の資格を有してから、さらに指定されている助産師養成校で一年以上、助産師に必要な知識を学び、臨床実習で実践的な技術を身につけた者に「助産師国家試験」の受験資格が与えられます。

助産師の免許をとるためには、助産師学校に1年も通う必要があります。
その助産師学校の数もまだまだ少なく、入学希望者数が合格者数を超えている状態です。
入学試験に受かる人は“3人にひとり”、難しい学校だと“10人にひとり”という狭き門となっています。

さらには、学費も150万円ほどかかるため、金銭面でも敷居が高い状況です。

ただ、学費は高いものの、免許取得後に得られる金銭面のメリットはとても大きいんです。
というのも、助産師の平均年収は、看護師の平均年収より約90万円も高いからです。

助産師免許が取得できる大学・大学院・専攻科・別科一覧| 看護大学・専門学校受験ナビ

助産師免許が取得できる大学・大学院・専攻科・別科一覧| 看護大学・専門学校受験ナビ
看護学校受験者のための情報サイトです。
助産師の資格が取れる助産師養成学校リスト
(看護系大学・短大・大学院・専攻科・別科など)

助産師さんの資格を取る看護師さんは増えてきている

助産師の仕事内容 | 助産師の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden (4683)

就業場所別の助産師の人数は、病院での勤務が最も多く20,784人となっています。次に多いのが診療所の6,663人、助産所の1,742人となっています。
助産師の数はここ数年大幅に増加してきています。平成24年の助産師数は31,835人となりました。

助産師の数を年齢別に見ると、25歳〜29歳が5,204人と最も多くなっています。若い世代に助産師の人気が高まっていると考えられます。

助産院を転職先に選ぶということ

どこで出産する? プレママが知るべき「助産院」と「大病院」の特徴 | マイナビニュース (4668)

出産は女性にとって命がけの大仕事です。
妊婦さんはどうして出産する場として助産院を選ぶのか?そこまで考えて助産院への転職を考えてみましょう。また、医療行為も限られている助産院での働き方がどのようなものか、しっかりと知っておくことが必要です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |