そろそろサンダルシーズン♡『アルガンオイル』で足元からオシャレを♪♪夏美人はかかと美人♡ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

そろそろサンダルシーズン♡『アルガンオイル』で足元からオシャレを♪♪夏美人はかかと美人♡

暖かくなってくるとサンダルでオシャレしたくなってきますよね♡だけど、そこで問題になってくるのが「ガサガサかかと」(´・ω・`)だけど、軽石などでごしごしするだけでは、ちゅるんかかとにはなれません。。。顔と同じくやはり大切なのは「保湿」なのです☆

oh…かかと…

 (7927)

魅力的な女性の条件とは?
サンダルの季節には気をつけるけれど、普段からケアしておきたいのが踵。女性はすべての部分がみずみずしくて柔らかいと思い込んでいるのが男性。いざお泊りなんてときに踵がガサガサだと、彼の気持ちも盛り下がってしまいます。

女性の足もとにガッカリした経験

ガサガサ・粉ふき
・「かさかさで粉がふいた状態のかかとを見た時、正直冷めた」(32歳/自動車関連/営業職)
・「がさがさで不健康そうだった」(31歳/不動産/専門職)
・「ひび割れて汚い」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
なぜかかとはガサガサしてしまうのでしょうか?原因は乾燥、刺激、年齢が合わさってガサガサしてきます。元々かかとには顔や体などと違って毛穴がないため体から油分もでてきません。
かかとのガサガサの原因には様々なものがありますが、いずれにしても状況を脱するためには「保湿」が必要不可欠となってきます。
もちろん、専用クリームなどでもよいのですが、乾燥が著しい場合はなかなか浸透しなかったり、すぐにまた乾燥してしまう場合も。。。

保湿力最強アルガンオイル

 (7933)

アルガンオイルには、豊富なビタミンEのほか、リノール酸とオレイン酸などが豊富に含まれているので、保湿力がとても高いという性質があります。また、分子量が小さいので、肌の奥深くまで浸透していく効果があります。 ですから、肌の新陳代謝をよくして、厚い角質を正常化させてくれる効果もあります。
アルガンオイルの効能は美容だけにとどまらず、炎症などの傷跡を修復する効能があります。アルガンオイルに含まれる肌の修復効果がある成分が、美容や傷の治療に効果を発揮するのです。
角質の除去にも
固くなったかかとの角質や、肘や膝などの黒ずみが気になるところにアルガンオイルを塗り、マッサージをして血行を促進した後洗い流すと、角質がやわらかくなり除去しやすくなります。
ここで登場!保湿力、浸透力共に優等生なアルガンオイル☆
よく尿素入りのクリームも使用されている方がいらっしゃいますが、尿素には角化した角層を溶かすように柔らかくする働きがあるので、敏感肌の方や傷が入りかけている方には刺激が強すぎるのだそうです。ぶりこも且つて何も知らずに尿素入りクリームを使用して涙した経験があります。のちに保湿力が優れている反面をもつ物という事を知り、美容オイルに切り替えて以来リスクを背負うことなくシットリかかとを維持しております(笑)

脱・メロンパンかかと

 (7928)

お風呂上りのケアがベスト!
保湿をするにも、ガサガサの状態だと浸透しません。
お風呂上りの角質が柔らかい状態でやるのがベスト。
夜、お風呂から出て、タオルドライ後に数滴のアルガンオイルを足のかかとに塗布します。その後、靴下を履いて一晩そのまま寝ます。お風呂上がりの足のかかとは水分をたっぷり含んでいて、柔らかい状態です。その状態を保てるように、アルガンオイルでまずはカバーします。そして、さらに一晩、靴下を履いてダブルカバーすることによって、アルガンオイルの浸透を促進します。

ラッピングで更にかかとを柔らかく♡

5分~10分程度浸透させます。パックで包んだかかとを蒸しタオルでくるんだり、靴下を履くと浸透力がさらにアップします♪蒸しタオルで床が塗れるのが気になるようでしたら、ビニール袋で足を包むとさらに保湿効果も高まりますよ。
 (7932)

ラップを巻くのが苦手な方なら。。。
100円均一にも売られている、かかとケア用シリコーンカバー♪
のびーるのでどなたでも使用できるそうです(*'ω'*)
ひび割れが裂けて血が出てしまっている場合は血が治まるまでは行わないようにしましょう。
ですが、アルガンオイルにはそもそもケガを治癒する力もあるようなので、清潔な状態であれば使用可能です♪♪昨今ではかかとケア用のシリコン製の靴下のようなものが売られていますので、併用するともっとシットリ効果が期待できるかもしれませんね♡
オシャレは足元から☆サンダルDAYにむけてケアに勤しみましょう♪♪(*'ω'*)
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |