放射線科に転職する前に知っておきたいこと | キュレーションメディア

放射線科に転職する前に知っておきたいこと

放射線科は、看護師の転職先として人気が高いです。その仕事内容や働き甲斐と苦労を見てみましょう。

放射線科の業務内容

放射線科では検査部門とは別に、放射線を使った治療も行っています。放射線は、その性質上体の中の一部分をピンポイントで攻撃することができるため、主にガン治療に有効だとして活用されているのです。 この放射線治療は現在の最新の技術によるもので、より効果の高いものを目指して新しい技術開発が日々行われています。
 (8140)

放射線科は人気の診療科

広い分野で活躍することができて、しかも経験を積むことで年収アップにも結び付きやすい診療科があります。それは放射線科。
看護師の中には、特定の分野に関する知識やスキルを狭く深く追求してみたいと思っている人もいるはずです。そのような看護師にとって、放射線科はうってつけの診療科目といえます。
via http://放射線科看護師求人.com/questions/merit.html
 (1438)

自身のレベルアップ、年収アップを両立できるのが「放射線科」です。

放射線科の看護師の仕事

放射線科で働く看護師の仕事内容のうち、従来の画像診断部門について、レントゲン造影、消化管造影、血管造影、SPECT、CT、MRI、PET、超音波検査などを行います。

放射線科の看護師に求められるもの

放射線科は文字通り、放射線を使って検査や治療を行います。放射線は使いようによっては私たちにとってプラスにもマイナスにも働きうる繊細なものです。このような放射線を取り扱うためには、専門的な知識を身に着ける必要があります。
via http://放射線科看護師求人.com/questions/merit.html
 (1439)

放射線科のナースには、専門知識が必要です。
放射線治療科は技術の日進月歩が激しく、古い知識がすぐに役立たなくなる可能性があり、看護師は医療技術の進歩に常について行かなくてはなりません。
患者さんの気持ちを理解して、わかりやすく説明し、患者さんに納得して検査や治療を受けてもらう必要があります。事務的な対応ではなく、相手の立場に立って対応ができる人が向いているでしょう。

放射線科のいいところ

放射線科で働く看護師のメリットは、基本的に日勤のみで残業も少ないということでしょう。たとえ患者が入院していても、夜中に検査を行ったり放射線治療を行うことはありませんから、放射線科の看護師の仕事も日勤のみということになります。
 (1441)

放射線科は、日勤だけなのがいい点です。
放射線科では、放射線のサポートを行うたびに手当が加算されるので、夜勤がなくてもお給料が高く維持できるというメリットがあります。将来は日勤だけで高給を稼ぎたいと考えている人なら、放射線科の経験や知識は、持っていて損にはならないものと言えるのではないでしょうか。

放射線科の大変なところ

放射線科で働く看護師のデメリットは、常に最新の医療技術に携われる反面、勉強することが多くて負担に感じやすいということです 常にスキルアップを目指す看護師ばかりではありませんから、求められる勉強量がストレスになってしまう場合もあります。
放射線科の技術は日進月歩の世界なので、新しいことを学び続けないといけません。
直接放射線に触れるのは患者さんですが、取り扱う放射線技師や医師、看護師も同様に被ばくの危険性に晒されます。患者さん自身に比べればはるかに危険性は低いものの、ゼロではありません。

放射線科で経験を積むと転職にも有利

放射線科は、大規模な大学病院や総合病院にも設置されていますし、人間ドックなどの検診施設や個人経営のクリニックなどにも設置されていることが多く、転職する場合でもライフステージに合わせて職場を選びやすいというメリットがあります。
放射線科の看護師さんは、常に最新の技術や理論を学ぶ必要があります。
がん治療の需要はなくならないので、放射線科で経験を積むと、今の病院以外でも職場の選択肢が増えます。
将来の転職を考慮するうえでも、一度は経験する価値のある診療科です。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |