食用&ドリンクとしての<アルガンオイル>についての記事をまとめました。参考にしてください。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

食用&ドリンクとしての<アルガンオイル>についての記事をまとめました。参考にしてください。

美容にいい<アルガンオイル>を飲み物や食事にも利用すると、体の中から美しくなる感じがします。食用&ドリンクの効能や利用の仕方などまとめました。

▼パーフェクトビューティードリンク

 (2747)

トマトジュースにレモン、アルガンオイルを加えたビューティードリンクです。

トマトジュースにレモン、アルガンオイルを加えたビューティードリンクです。 トマトに含まれるリコピンは、オイルと一緒になることで吸収率が80%以上UPします。 リコピンとはトマトに含まれる赤い色素で、カロチノイドの一種です。 このリコピンには強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは活性酸素による身体の「酸化」を防ぐ働きのことです。 この働きにより生活習慣病予防作用や老化抑制作用が期待できるのです。 つまり、サビない身体を作るのです!

出典|奇跡のアルガン

出典|奇跡のアルガン
モロッコ料理「モロッコタジンや」は、飯田橋駅より徒歩3分。アルガンオイルはくすみやしみに効果が期待できる、モロッコの黄金オイル。アルガンオイルをたっぷり使った美容と健康に良いヘルシーメニューが人気。使い方も紹介。

▼アルガンオイルの効能

 (2758)

食用としては主にどのような効能があるのでしょうか?

アルガンオイルは、モロッコのサハラ砂漠のみに自生する、 アカテツ科の広葉常緑樹「アルガン」の種子から作られる植物油です。 生息地が限られており、抽出量も少ないため、高価な油となっています。 そんなアルガンオイルですが、食用としては主にどのような効能があるのでしょうか?

★アンチエイジング
アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれており、その含有量は、オリーブオイルの約2~4倍です。 ビタミンEの最大の特徴は、強い抗酸化作用があるところです。 老化の原因となる、有害な過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防ぐ働きがあります。 これにより、アンチエイジング対策に有効です。

★血行不良によるトラブルの改善に
ビタミンEには、血管を広げて血行を良くする働きがあります。 これにより、血行不良による肩こりや腰痛、冷え性などの症状の改善に、有効とされています。

★動脈硬化の予防
アルガンオイルには、オレイン酸が豊富に含まれています。 オレイン酸は、動脈硬化の原因といわれる悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。 また、ビタミンEには、善玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。 これにより、動脈硬化の予防に役立つとされています。

出典| 食用植物油ガイド

出典| 食用植物油ガイド
アルガンオイルには、主にビタミンEとオレイン酸が豊富に含まれております。これらの成分がもたらす効能をみていきましょう。

▼アルガンオイルの食べ方

 (2766)

どのような摂り方があるのか紹介します

・ドリンクに混ぜて飲むクセのないアルガンオイルであれば、ほかの飲み物と一緒でも味を邪魔しません。健康や美容によいドリンクにアルガンオイルをミックスすれば、より多くの有用成分が補給できます。

・ドレッシングとして使用するよくオリーブオイルをサラダにかけるという人がいますが、アルガンオイルをサラダドレッシングとして使用する方法もあります。アルガンオイルはオリーブオイルの倍以上のビタミンEをはじめ、豊富な栄養成分がたっぷりと含まれています。

・ジャムとして使用するパンに塗るジャムにアルガンオイルを少量混ぜるだけで、栄養補給の効率がグンとよくなります。朝が弱くしっかり食事を摂れないけれど、栄養は十分に摂りたいという人にはとくにおすすめです。

・アイスやヨーグルトにかけるバニラアイスやヨーグルトにかけるシロップに混ぜたり、そのままアルガンオイルをかけたりすれば、健康や美容に有用なデザートが完成です。

出典|バリグー

出典|バリグー
アルガンと呼ばれるモロッコ南西部にしか存在しないアカテツ科・広葉常緑樹の種子(仁)からとり出される植物油のことをアルガンオイルといいます。アルガンの実からとれるかたい種子をペースト状に石うすで挽いたあと、長時間を費やして油の抽出をおこなう製造方法が採用されているのが特徴です。

▼食用グレードと化粧用グレードのオイルの違い

 (2773)

食用オイルを肌のお手入れに使うのはどうなんでしょう?

個人的に1番好きなアルガンオイルは、食用と化粧品用どちら も同じアルガンの実の種子からできます。でも使う目的が違う ので、それぞれの用途にあった処理(加工)がされています。その違いは、

 ■ 食用のオイル
 風味やおいしさを1番重視した加工をしています
 ■ 化粧用のオイル
 使いごこち優先、肌刺激・浸透性なども重視します

食用は肌に塗ることは想定していないと思うので、自己責任で使わないといけません。 化粧用のものよりも刺激が強いと思うので、敏感な方はお控え下さいね。

出典|みんなのアロマテラピー

出典|みんなのアロマテラピー
「グレードが高い=精製度が高い」ことでもあります。とはいえ、 精製度が高いと、不純物が少なくなり、純度が高くなる反面、 有効成分まで一緒に少なくなる場合もあるとのこと。シアバターやみつろうなど は、精製度が低い方が肌への効果は高いと言われています。

▼「食用アルガンオイル」は、オリーブオイルのように加熱しても大丈夫?

 (2783)

酸化に強いオイルですので大丈夫ですが、加熱しないほうが成分を損ねません。過熱する場合は短時間にしたり、食べる直前にかけたりすることをおすすめします。そのままで召し上がっていただいたほうが、成分そのままを摂取することができます。

1日の目安量は?

小さじ1杯程度です。
美容と健康維持を目的としている場合は小さじ1杯程度を毎日摂ってください。生活習慣病の改善を期待するのであれば、大さじ1杯程度をとるようにしてください。「パンにつけるマーガリンをアルガンオイルにする」「ドレッシングのサラダ油をアルガンオイルに切り替える」などすると効果的です。

出典|アルガン デ モガドール

出典|アルガン デ モガドール
「食用アルガンオイル」は種の仁を焙煎した後に圧搾していますので、香ばしい香りがあり、色も茶色です。一方「肌用アルガンオイル」は仁をそのまま圧搾しています。色は黄金色をしています。成分はほぼ同じです。「食用アルガンオイル」のほうが「肌用アルガンオイル」よりも酸化に強いです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |