免疫力アップが期待できる☆ローヤルゼリーの力!! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

免疫力アップが期待できる☆ローヤルゼリーの力!!

ローヤルゼリーにはデセン酸やアミノ酸などの栄養成分が含まれており、デセン酸は免疫力向上や風邪やウィルスから身体を守ってくれる効果があります。また女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、更年期障害にも効果がありますよ。

ローヤルゼリー配合成分の多くは加熱すると劣化しますが、特殊な脂肪酸(デセン酸)だけは壊れないで成分が保たれます。
加熱しても効果・効能を保つ成分です。

疲れやすいあなたはもしかすると免疫力が低下しているかも

免疫力アップが期待できるローヤルゼリーを試してみませんか?

最近なんとなく身体が疲れてだるかったり、
すぐに熱が出たり、風邪を引きやすくなってしまったり・・・そんなことはありませんか?
もしかすると、それは身体の免疫力が低下している証拠かもしれません。
休息が取れないと、身体の免疫力は自然に低下していきます。

ローヤルゼリーに含まれる「デセン酸」

だるさや疲れを感じている方に、ぜひ試して頂きたいものがあります。
それは「ローヤルゼリー」です。

ローヤルゼリーは蜂から生産される乳白色の液体で、
この液体の中には様々な栄養成分が含まれています。

身体の免疫力を向上させてくれる成分もたくさん含まれているので、
普段からローヤルゼリーを摂れば、疲れにくい健康な身体を目指すことが出来るのです。

ローヤルゼリーは、腸内環境の正常化に貢献して、免疫力の向上に大いに期待が持てると注目を集めています。とくに注目したいのが、ローヤルゼリーにしか見つかっていないデセン酸という成分です。数ある健康補助食品のなかでも、なぜローヤルゼリーが素晴らしいかと言えば、このデセン酸が含まれているのが大きな理由の一つです。
ローヤルゼリーは栄養が豊富♪
例えば、抗菌作用のある「デセン酸」という成分や、
高い抗菌作用がある「パントテン酸」が含まれていますが、
今回は「デセン酸」について調べてみました。

「デセン酸」は、ローヤルゼリーにしか含まれていません。
正式名称は「10ヒドロキシデセン酸」で、脂肪酸の一種です。

ローヤルゼリーには免疫力を高める効果があります。細胞実験でその効果が確認されています。
また、ローヤルゼリーにのみ含まれるデセン酸は天然の抗生物質で、強い抗菌作用を持ちます。さらに、ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸にも、ウイルスや細菌に対抗する抗体の合成をサポートする働きがあるため、風邪やインフルエンザにかかりにくい強い体を生み出す効果があります。

デセン酸の働きとは

デセン酸は熱にも強かった

・血糖に対抗する
・皮脂の分泌をコントロールする
・コレステロールに対抗する
・女性ホルモンに似た働き
・細菌に対抗する働き(殺菌作用)
・免疫をサポートする働き
・生活習慣病の対策になる
などがあります。

デセン酸と更年期障害

男女ともに嬉しい効果のあるローヤルゼリーでいつまでも若々しく

ローヤルゼリーには免疫力向上効果のある「デセン酸」のほかにも、
疲労回復効果のある「アミノ酸」が豊富に含まれています。
美容や健康によい成分がたくさん詰まっていますので、ぜひ普段の生活に摂り入れていきましょう。

ローヤルゼリーは、更年期障害に効果があるのですね!
どの成分がどんな風に有効かというと、一番の特徴は、自然界ではローヤルゼリーにしか含まれないという、「デセン酸」です。
更年期障害は、女性ホルモン「エストロゲン」が不足することによって起こりますが、デセン酸は、そのエストロゲンと似た働きをするのです。
自律神経を整えて、ホルモンバランスを整えるため、更年期障害が軽減するのです。

更年期障害になるとこんな症状があります

肩こり
疲れやすい
頭痛
のぼせ
ほてり
発汗
腹痛
腰痛
不眠
イライラ
動悸
息切れ
うつ状態
不安感
めまい

更年期障害はどうして起こるの?

更年期障害にはローヤルゼリーのデセン酸が効く!

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸には疲労回復効果があります

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があります。エストロゲンは8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。これ以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸が、具体的にはどのような役割を持っているのかを見てみましょう。
アスパラギン酸やグルタミン酸は速効性のエネルギー源となり、栄養そのものになったり、運動時の疲れなどを癒すのに役立ちます。
グリシンは神経ネットワークに機能して運動時の体を調節します。

ホルモンや神経伝達物質のアミンを生成するのに必要なトリプトファンやフェニルアラニン、正常な成長を助けるリジン、血流をサポートするアルギニンやストレスを軽減するヒスチジン、交感神経を整え高血圧をサポートするタウリンに、メラニン色素の生成に対抗するシスチン、循環機能の低下を予防するチロシンなどが含まれます。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |