ママ振袖を上手に着こなそう!-着物は世代を超えて着られます- | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ママ振袖を上手に着こなそう!-着物は世代を超えて着られます-

昔からお母さんが着た振袖を娘さんが着ることは多かったのですが、最近ではそれが「ママ振袖」として一種のブームとなっているようです。そんなママ振袖を今の時代に合わせて上手に着こなす方法をご紹介します。

ママ振袖とは

昔からお母さんが着た振袖を娘さんが着る事はそれほど珍しい事ではありませんでしたが、
古典柄の振袖が人気が高まるに伴い、
母娘二代で着る振袖が「ママ振袖」と呼ばれ、一種のブームとなっているようです。
古典柄の振袖が人気

成人式では、伝統的な模様、いわゆる古典柄の振袖を目にすることが多くなっています。

新作レンタルの振袖も、そういったものに人気が出てきているようです。

ママ振袖とは?

そこで注目すべきは「ママ振袖」と言う言葉。

二十数年~三十数年前にお母様が成人式に着用された振袖を、今度はお嬢さんが着られます。

それは昔からある事柄ですが、今はちょっとしたブームにさえなりつつあります。

現在新たに作られる着物より、品質的に良いものも多いのです。

お母様の着物をお召しになるお嬢さんがた、どうぞ胸を張って「母の振袖です」とおっしゃってくださいね。

長年着物のクリーニングに携わっている職人さんによれば、お母さん世代が成人式の頃に作られた振袖は織りも染めも最高級に近い品質のものが多く、保存状態がよければ2世代、あるいは3世代ぐらいまではゆうに着られるとの事です。
ママ振袖は小物づかいでアレンジ

ママ振袖は小物づかいでアレンジ

ママ振袖を娘が着る場合は、小物づかいで今風のアレンジをして上手に着こなすケースが多いです。

ママ振袖を着る前のチェックポイント

ママ振袖は、お母さんが最後に着てからだいぶ日が経っていますので、目立つ場所にシミがあったり、娘さんの身長が高くて丈が短い・・・という事も起こり得ます。
そんな事態を防ぐ意味でも、ママ振袖を着る前に必ずチェックしておきたいポイントがあります。

先ずは見た目です。
臭いはないか、変色や汚れはないか確認しましょう。

次にサイズです。
裄や袖丈、身丈などのサイズを確認しましょう。

補正やしみ抜きなどが必要な場合は、一度呉服店などに振袖を持って行って見てもらいましょう。

母親の振袖をリメイク ママ振袖 |振袖レンタル・成人式や卒業式などの着物は「ぷりずむ館」

母親の振袖をリメイク ママ振袖 |振袖レンタル・成人式や卒業式などの着物は「ぷりずむ館」
振袖レンタルで「ぷりずむ館」が他と比較して、選ばれる人気の理由を教えます。色やサイズ、デザインなど、豊富にそろえております。
振袖の状態を見てもらうために店舗に行くときは、必ず振袖・帯・小物一式を持って行きましょう。

ママ振袖をアレンジしよう(1)帯・帯回りと衿回りの小物

ママ振袖は最近新しく出ている振袖とは見た目の印象が違いますので、今の時代に着るとかえって新鮮に見えます。けれども一方で、着こなしかたによってはどこか古臭い印象に見えてしまう可能性もあります。そこでおすすめなのが帯や和装小物をいまどきのものにしてアレンジするやり方です。ここではその一例をご紹介したいと思います。
帯

ママ振袖をアレンジする場合、帯を変えると見た目の印象がぱっと違ってきます。予算がある場合は呉服店などで店員さんにコーディネートをお願いしてママ振袖に合った帯を新調してもいいでしょう。
半襟・重ね衿

半襟・重ね衿

和装では衿元が違うとそれだけで全体の印象が変わります。
レースをあしらった半襟や重ね衿など、お母さんの若い頃にはあまり見かけなかったいまどきの小物でアレンジするのもいいですね。
帯揚げ

帯揚げ

帯揚げは、帯と同系色か、挿し色となる反対色を選ぶのが基本です。帯や振袖が映えるものを選ぶといいでしょう。あえてお母さんが持っていない色の帯揚げを選ぶのもいいかもしれませんね。
帯締め

帯締め

帯締めは今や多種多様なデザイン、色のものがあります。また、同じ帯締めでも結び方によって帯の印象も変わりますので、ママ振袖にお母さんが使っていた帯を使うという場合は、ここで差をつけるというつもりで納得のいくものを選びたいものですね。

ママ振袖をアレンジしよう(2)バッグ・草履・髪飾り

新たな門出はやっぱり桜!|草履&バッグ|小物コレクション|振袖レンタル・成人式や卒業式など着物レンタルには「ぷりずむ館」

昔と違い、バッグや草履はペアで販売されていますので、色や柄にも統一感があります。お母さんと娘さんとでは足のサイズも違うので、娘さんがママ振袖を着る時にはぜひ新調してほしいものです。
髪飾り

髪飾り

髪飾りにも時代ごとの流行があります。色々な種類の髪飾りが出ているので、ぜひ着物や希望の髪型に合わせて選びたいものです。
最近では古典柄の着物が流行している事もあり、つまみ細工の髪飾りも人気があるようです。

まとめ

保存状態が良ければ二代、あるいは三代と長く着られるのが着物の良いところですが、
世代を超えて着るためには、場合によってはシミ抜きや補正などをする必要があります。
また、時代の流行に合わせて小物などを新しく揃えてアレンジするのが今は主流です。
成人式など実際に着る時になって慌てる事がないよう、
時間に余裕をもって着物のメンテナンスや和装小物を揃えるようにしましょう。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |