債務整理を行うと出てくる配偶者へのデメリットって何? | キュレーションメディア

債務整理を行うと出てくる配偶者へのデメリットって何?

債務整理を行うことで、配偶者の方にデメリットは出てくるのでしょうか?デメリットがあるとすればどういった内容の物なのでしょうか?債務整理を行った際に出てくる配偶者へのデメリットの他にも債務の返済義務が配偶者にあるのかなどについてまとめました。

債務整理を行って出てくる配偶者へのデメリット

ローンや融資が受けられない可能性

 (8032)

敢えてデメリットとして挙げるとすれば、一定期間ローンを組んだり融資を受けることができない点でしょうか。
特に夫が任意整理をしている場合は、車やマイホームを購入したくても、信用情報から事故情報が消えるまでの間は我慢が必要です。
via http://借金整理・債務整理.com/category_niniseiri/ninni_demerit.html
住宅ローンや車のローンなど高額となる買い物の費用で、ローンの審査が通らない可能性は否定できません。
連帯保証人の欄に債務整理を行った方の名前を記入する音が出来ませんの、そのような点もローンの審査落ちに関わる可能性があります。

専業主婦の方はカードの更新が出来なくなる可能性

 (8033)

夫の債務整理により夫の信用力が落ちると、専業主婦は審査にパスできなくなる可能性が高まります。
例えば、専業主婦が夫の信用力でカードローンやクレジットカードを持っている場合、夫の債務整理により直ちにカードローンやクレジットカードが使えなくなることはありませんが、更新時などに新規の取引が停止される可能性が出てきます。
また、返済や支払いに延滞などが全く無くとも、カードローンやクレジットカードの限度額が引き下げられることも考えられます。同様に債務整理した夫の信用力で新たなカードローンやクレジットカードを作ることは難しくなります。
via http://債務整理評判.xyz/995/#i-2
専業主婦の方で、夫の力でクレジットカードなどを作成した場合、更新が出来なくなることがあります。
新たにカードも作ることは難しくなります。
そういった点は理解する必要があります。

信用情報に影響

 (8035)

各社によって対応が違いますが,夫婦の場合はどちらか一方が債務整理をすると影響が発生する可能が高くなります。なぜなら夫婦は同じ財布という発想があるかです。ただし,あくまで同一業者の中となります。信用情報センターについては専業主婦でない限り,金融業者は契約者本人の情報しか閲覧ができないことになっています。つまり,夫ないし妻の与信について,他方の信用情報を元に設定することはできませんから,夫ないし妻の信用情報に異動(事故)情報があるからといって,原則,他方に影響がでることはありません。ただし,同一業者の中では,夫婦のどちらが債務整理をしたという情報は分かりますので,影響が発生する場合があります。
これも先ほどのカードが作れないのと同じです。
専業主婦の方の場合は、夫の信用情報を見られてしまいます。
その際に新たに借りいれが出来ない可能性も考慮しておく必要があります。

官報に名前が載ってしまう

 (8034)

官報というのは国が発行している機関誌なんですが、この官報に名前などが記載されてしまいます。
ただ、この官報というのは、一般の方が直接目にする機会というのがまず無いため、例えば周囲の人(職場や近隣住民など)に知られてしまうということはあり得ません。
なので、これに関してのデメリットとは言えないかも知れませんね。
via http://債務整理-デメリット.biz/
これは必ずしも配偶者にとってデメリットとは言えませんが、周囲に官報を読んでいるような方がもしいるようであれば、配偶者の方に多少の迷惑をかけることになるかもしれません。
ですが、官報を読むことは普通はないので心配するほどではありません。

債務整理は個人の問題

本人の代わりに配偶者に対し、借金の請求が来ることがあるのかという相談がとても多いです。
この質問に対する回答としては、配偶者には請求は来ないということになります。
借金に関しては、完全に個人主義となっていますので、たとえ配偶者や親子などの家族であったり兄弟などの親族であっても、他社の借金返済義務を負うことはありません。
他人の借金返済義務を負うのは、借金の保証人(連帯保証人)になっている場合などが代表的なケースです。
よって、債務整理をしても基本的には配偶者に対し、直接的なデメリットはないと考えて良いでしょう。
via http://借金返済cafe.jp/saimuseiri-demeritto-haiguusya
債務整理を行うことで、配偶者に大きなデメリットというのは考えづらいです。
それは、あくまでも個人で債務整理を行うので、債権者と債務者間だけの問題です。
よって、債務整理を行うことにより、配偶者に債務の返済義務は生じません。
しかし連帯保証人になっている場合は別です。
連帯保証人は返済義務が生じますので、その点だけは注意が必要です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |