採用枠が少ないけれど看護師さんの人気が高い転職先<産婦人科>とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

採用枠が少ないけれど看護師さんの人気が高い転職先<産婦人科>とは?

看護師さんは人の生死に関わる仕事です。そして産婦人科は人の生に関する仕事と捉えて希望する方が多いです。 実際には堕胎の対応もあり、死に関する部分にも接することもありますが。

少子化の為、産婦人科の募集も少なくなり、転職したいと言う看護師さんにとってはちょっと大変な時代です。産婦人科の施設やドクターもより減少してしまい、ドンドン厳しい状況になっているようです。産婦人科への転職は厳しい状況ですが頑張ってください。

産婦人科は減少傾向

 (7047)

近年、産婦人科の施設やドクターが減少していることが社会問題になっています。

日本産婦人科医会施設情報調査によると、産科は病院・クリニック合わせて2006年には2978施設ありましたが、2013年には2516施設にまで減っています。婦人科も産科ほどではありませんが、減少傾向にあります。

産婦人科が減少しているのは、少子化などで出産件数が減っているのも1つの原因ですが、出産に関する訴訟が増えているのも産婦人科が減っている一因と言われています。

いろいろな患者さんがいる

 (7048)

産婦人科というと、「出産する妊婦さんのための場所」というイメージがあるかもしれませんが、実はいろいろな患者さんがいるんです。

産科だけでも、妊婦さん以外に不妊治療をする人がいますし、婦人科では月経に関することや子宮筋腫、子宮内膜症などの疾患、 子宮体がんや子宮頸がん、卵巣がんなども扱いますので、産婦人科は10代の若者から80代の高齢者まで患者さんの年齢層が幅広いという特徴があります。

助産師資格は取得した方が良い?

 (7049)

産婦人科は、女性特有の疾患の治療を行うだけでなく、命の誕生に立ち会うことのできる科ですから、それが魅力で働きたいと思う看護師も多いでしょう。

助産師の資格は産婦人科で働くために必ず必要というわけではありませんが、持っていると必ずプラスになります。基本的には助産師は他の部署に異動になることはありませんし、転職することになっても助産師の資格があれば格段に採用されやすくなるでしょう。

助産師の資格を取るには、看護師の資格を持っていることが前提で、助産師養成所や大学などで1~2年の専門教育を受け、国家試験に合格する必要があります。ずっと産婦人科で働きたいのであれば取っておくとよい資格ですが、簡単に取れるわけではないのです。

看護師のメリット|生命の誕生に立ち会える

 (7050)

産婦人科に転職する看護師のメリットは、やはり生命の誕生に立ち会うという素晴らしい経験ができるということです。病気にせよ怪我にせよ、身体にとって負担となる状態が普通である看護師の仕事ですが、そういう点では産婦人科は特殊な科ということになります。出産そのものに魅力を感じる人もいれば、生まれてきた新生児のお世話が楽しいという人もいます。

病院では数少ない幸せいっぱいの雰囲気をもつ科だと言えます。無事出産を終えて赤ちゃんを抱いて退院していく患者さんを見ることがやりがいにつながるという看護師は多いです。

寄り添った看護

出産経験がない若手看護師の方であれば、妊娠・出産というプロセスに立ち会うことで、将来自分が妊娠・出産するときのための予行学習にもなります。

そして、産婦人科の場合、当然患者は女性となりますので、不妊治療や婦人科特有の疾患など、患者の悩みに深く共感しながら寄り添って看護をしていくことができるので、その点に強くやりがいを感じるという方もいらっしゃいます。

専門性が高い職場

 (7053)

産婦人科は他の診療科目とは違った、専門性の高い分野として認識されています。確かに専門性が高い分野ではありますが、看護師のできることは限られています。

産婦人科では医師の片腕としての存在は助産師になるためです。よって、専門性が高いといっても、一般的な看護業務しかできないというのが現状です。

残業や休日出勤が多くない

一般の病院に比べると、産婦人科は残業や休日出勤が少なくなっています。

もちろん、緊急入院になる患者様もいますので、残業が全くないとは言えませんが、その確率が一般の診療科目と比べると断然低くなります。プライベートも充実させたいという看護師に最適な職場と言えるでしょう。

産婦人科のデメリット

 (7054)

・アウス(人工妊娠中絶)や流産・死産などから来るリアリティショック
・看護師と助産師とのコミュニケーションがストレスになることも
・看護師の場合、産科の領域にほとんど関わらないことも

産婦人科で働く以上は、新たな命の誕生というポジティブなエネルギーに溢れた瞬間だけに立ち会えるわけではありません。その逆に、アウスや中期中絶、流産、死産など、ときには非常にむごく厳しい現実も直視して仕事をしていく必要があります。

助産師の年収は看護師よりも90万円高い!

 (7051)

助産師は看護師さんがステップアップした職業です。そのため、日頃忙しい看護師が業務の合間をぬって免許をとらないといけません。

実は、助産師の免許をとるためには、助産師学校に1年も通う必要があります。その助産師学校の数もまだまだ少なく、入学希望者数が合格者数を超えている状態です。入学試験に受かる人は“3人にひとり”、難しい学校だと“10人にひとり”という狭き門となっています。

さらには、学費も150万円ほどかかるため、金銭面でも敷居が高い状況です。ただ、学費は高いものの、免許取得後に得られる金銭面のメリットはとても大きいんです。というのも、助産師の平均年収は、看護師の平均年収より約90万円も高いからです。

だから、長く働くことを考えている看護師なら、早めに助産師免許をとっておいたほうがいいでしょう。
なぜなら、生涯年収がアップするからです。

「助産行為」は、助産師にしかできません

 (7052)

助産師と看護師の業務の大きな違いは、「助産行為」ができるかどうかです。

助産行為とは、出産を手助けし、赤ちゃんを取り上げる行為のことをいいます。 助産師は、正常な出産であれば、医師の指示がなくても単独で助産行為を行うことができます。 一方、看護師は医師の指示があったとしても、助産行為を行うことはできません。

助産行為は、出産に対する深い知識をもった助産師だけができる仕事なんですね。 ただ、助産師が助産行為をできるのは正常な出産が見込める場合に限られます。 正常な出産が見込めなかったり、何か異常がある場合には必ず医師の指示が必要になることも知っておいてください。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |