≪ブラックリスト≫任意整理の事故情報の登録はいつ消えるか | キュレーションメディア

≪ブラックリスト≫任意整理の事故情報の登録はいつ消えるか

債務整理を行うと、負債の額が減額したり免除になるといったメリットがある一方で金融事故情報として登録されてしまい、その後の生活にさまざまな支障があります。ここでは任意整理によってどのような影響があるのか、事故情報の登録期間についてご紹介します。

任意整理で得るモノと失うモノ

多額の借金や多重債務を抱えてしまった時の解決策として債務整理があります。
その中でも裁判所をとおすことなく手続きが進められ、複数の金融機関のうち
自分が整理したいところを選んで交渉出来る、というメリットをもっているのが
「任意整理」です。
自己破産のように、借金をチャラにするかわりに、ほとんどの財産を失うといった
ハイリスク・ハイリターンとはタイプが違いますが、任意整理によって「得るモノ」
と「失うモノ」があるということは覚えておきましょう。
Free vector graphic: Justice, Scales, Orange, Libra - Free Image on Pixabay - 311699 (14281)

任意整理で得るモノ

●借金の怖さから開放される。

●精神的に追い込まれなくなる。

●以前までの普通の生活に限りなく近づける。

●少しづつプライベートも取り戻す事ができる。

●気持ちを切り替えるきっかけになる。

●給料から借金が引かれない。

●未来が見えない状態から開放される。

Free illustration: Hand, Sea, Water, Wave, Clouds - Free Image on Pixabay - 1602489 (14282)

上にあげられた「得るもの」をまとめると「心の安定」という一言に尽きると思います。
目に見える「お金がない」という事実よりも、「お金を支払えない」という将来への不安
のほうが大きいということです。

任意整理で失うモノ

任意整理以外は金銭での支払いが免除される分、家、土地といった固定資産や一部家財道具、貴金属などが差し押さえられます。

返済額が大きくなりますが、お金以外に失うものがないのは任意整理です。
お金で返済できるならその方が良いので、最初は任意整理を希望する債務者が多いです。

ですから、ある程度生活とお金に余裕のある方に向いた債務整理がこちらです。

Free photo: Street Photography, Losing His Home - Free Image on Pixabay - 1017885 (14283)

こう書かれると「任意整理っていいかも?」って思ってしまいますよね。
しかし油断禁物!お金以外にも失うものがあるんです。
債務整理を行ったことは信用情報(ブラックリスト)に記載されてしまいます。
記載されなければ、再び借金をすることが可能になるからです。

借金を減らす措置を行った代わりに、次に借金をしないための制限が加えられます。
その1つが信用情報への記載なのです。

信用情報に記載が無ければまた借金を作ることが可能になってしまい、
再び債務整理をされてお金が返ってこなくなってしまいます。

信用情報に記載されてしまうと、一切の借金が行えなくなります。
この信用情報は金融機関が一括で見ることのできる情報だからです。

消費者金融でも銀行でもお金を借りることが出来ません。

Free photo: Lose, Decay, Old Factory, Abandoned - Free Image on Pixabay - 1565014 (14284)

なるほど、ある意味お金より大きな「個人の信用を失う」ということなんですね。
世の中で「信用がない人」が生きていくことは想像以上に大変です。

「事故情報」があるとどうなる?

金融事故情報が登録される、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまうと
私たちが生活していくうえで、さまざまなことが出来なくなってしまいます。
Free photo: Borderline, Depression, Psycholgie - Free Image on Pixabay - 997613 (14285)

金融事故によってブラックリストに載る、つまり事故情報が登録されると実生活に影響を及ぼすこと、それは新たな借入は一切できなくなるということ。
具体的には、下記の手続・発行ができなくなります。

・ショッピングローン
・自動車ローン
・住宅ローン
・クレジットカードの使用・新規発行

なので、すべて現金で生活することになります。

こうなってしまうと、大きな買い物はもちろん出来ないということになりますね。

ココが気になる!事故情報の登録はいつまで残るの?

いまさら、カードやローンのない生活になんて戻れない!
一生借り入れは続けられないの?
と思ってしまいますが、事故情報の登録は永久保存ではありません。
Free illustration: Japanese, Male, Businessman - Free Image on Pixabay - 1206509 (14286)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)
全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関。銀行系の信用情報機関。ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年

CIC
割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関。クレジットカード系の信用情報機関。ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年

JICC(日本信用情報機構)
貸金業者系の信用情報機関。信販会社によるクレジットカード、キャッシング系の信用情報機関。ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |