自分もキレイになれる?美容皮膚科での再就職 | キュレーションメディア

自分もキレイになれる?美容皮膚科での再就職

美容皮膚科での転職活動をする前に知っておくべきことがあります。病気の治療目的ではなく、キレイになるために来院する人は患者さんではなく「お客様」。ちょっと特殊な転職になるかもしれません。

美容皮膚科とは?

イメージとしては来院する人は患者ではなく「お客さま」。
病気を治すところではなく、「キレイになりたい」という願いや想いを実現する場となります。
看護師さんが活躍する場としては、少し特殊なのかもしれません。
脱・コンプレックス!イボ・ほくろの解消法とは?-美容皮膚科編- 美容皮膚科・美容整形・エステの施術比較 | 美LAB. (2232)

キレイになるための診療科という感じでしょうか。
一般的に皮膚科というのは、湿疹やニキビ、水虫などの皮膚病治療、また、ホクロやイボの除去などの皮膚疾患を治療するところです。それに対し美容皮膚科は、美肌に詳しい肌の専門ドクターやスタッフが、カウンセリングや治療を行ない、お肌の悩みやコンプレックス、トラブルなどを最先端の医療機器で治療するところになります。皮膚科のように『病気を治す』というよりも、『きれいな肌をつくる』のが美容皮膚科といっていいかもしれません。
現在の美容皮膚科は、ニキビ治療はもちろんのことシミやしわ、毛穴の開きや黒ずみ、アンチエイジング等のお肌に関する悩みの治療を行うことが増えてきているのも事実ですが、皮膚の病気にも対応することができますので皮膚科に美容をプラスアルファしたものが美容皮膚科だと言って良いかもしれません。

美容皮膚科、ちょっと特殊な仕事内容

美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックなど美容医療の分野は、転職を希望する看護師が多い人気の求人です。
しかし美容整形を行う医療は病棟勤務とは違う特殊な分野です。このためほかの医療機関への転職とは勝手が違っています。
|メディカルスターの求人 (2242)

実際に美容 皮膚科で働いているのは、新人看護師から40代以上のベテランの看護師までさまざまです。
美意識があって常に美容に気を使っている人や自分や他人の美に対していつも完璧な人ももちろん向いているといえます。
だけど、そんなに美意識が高くなくても、完璧じゃなくてもいいんです。

美容に興味があり、美容 皮膚科に勤めたいという気持ちがあることが大切なのです。

美容外科へ転職すると、

お給料が上がる
定時で勤務できる
美容プログラムが格安で受けられる

など、良いことがあるのですが、美容外科と一般診療科とでは勤務内容が全く違うのです

美容院やエステサロンのスタッフと同じような接客態度や言葉遣いが求められる。
ですから、接客が不得意な方や看護師としてのプライドが高すぎるような人は勤まらないようです。
美容皮膚科と美容外科の違い  ~業務内容と、それぞれで働く看護師の適正(どっちが向いている?) | 転職MAQUIA (2246)

美に対して興味を持つこと。
さらに求められるのは接客態度です。
サービス業的な仕事が大切になってきますね。
美容クリニックで働くにあたって最も大切なことは…
技術力よりも美容に興味を持っていることです

美容クリニックで働くためには、一般病院で働いていた時より、言葉遣い等の接遇の面で気を付けて対応しなくてはなりません。つまり、しっかりとした接客能力が求められます。

求められる必須条件
・看護師の資格
・採血や注射、点滴のルートキープ等の基本的な看護技術
美容皮膚科での主な仕事内容は、

医師の診察補助
施術補助
カウンセリングなど
美容皮膚科では注射や点滴を行う機会が多く、これらは看護師の役割の中でも特に重要でメインとなるものでもあります。また、お客様がどんな悩みやコンプレックスを持ち、どう美しくなりたいと思っているかなどの希望を聞いて施術内容を話し合ったり、施術に不安を感じている人の不安を取り除いたりすることも看護師の役割で、コミュニケーションを大事にして信頼を築いていくということも重要な仕事です。

私が勤めている美容皮膚科では、採血や注射、肌の状態を調べるための機械の出し入れをおこなっています。また手術も行っているので、麻酔の用意や管理、オペ介助なども看護師の仕事です。あとは、レーザー脱毛やフォトRF照射のための補助などですね。

自分もキレイになれるって本当?

美容皮膚科・基礎化粧品 | わたなべ内科皮膚科クリニック (2228)

美容に関しての正しい知識を得られたり、最新の施術を受けられたりするんですね。
美容 皮膚科に勤めはじめて、きれいになる看護師も少なくありません。

仕事をしながら、どんどん知識を吸収していくことであなたはどんどん美容 皮膚科のエキスパートに近づいていくことと思います。

私が勤めていたクリニックでは、美容関連の施術や商品購入はスタッフが3割引、その家族が1割引でした。
また、クリニックで調合した美容クリーム等(ハイドロキノンやビタミン導入化粧水)は、スタッフで何ヶ月間か無料でモニターをして(写真撮影やアンケートあり)試せたり、使用期限の関係でお客様(患者様)にはお渡しできないものを無料でいただいたり、美白関連商品やスキンケア商品の割引や試供品をいただいたりしました。
美容皮膚科では、正しいスキンケアの知識と技術の習得が大切です。
女性なら誰しも美容に関することには興味があると思いますし、自分の美容だけでなく自身の子供のスキンケアにも役立ちます。皮膚の構造から働きまで、一から正しい専門知識を身近で学べ、とても勉強になって良かったと思いました。
美容外科・美容皮膚科で勤務をしていると、社員割引などがあります。そして、職場全体としてサービスを受けることを推奨しているところが多いです。

これは、実際に自分が受けると患者様にも説明がしやすくなるためです。また、従業員同士の練習というのもあるため、無料で施術を受けることができるケースもあります。

美容皮膚科で働く場合のデメリット

少し特殊な転職となるために、デメリットも挙げられます。
転職しようと考える場合には、このデメリットも知っておかなければなりません。
新人看護師毎日怒られると言い返してやったら…。 (2233)

美容関連は高額なわりに、1回の施術ですぐには肌が綺麗になるわけではありません。施術後あまり変わらない自身の顔を見て、不満そうな表情をしている方が少なくありません。来院する方は面倒くさがり屋さんや非常に神経質な方が多いように思います。
肌が強い方が採用されやすいのは確かです。

これにはきちんとした理由があります。美容クリニックはレーザー治療の研修を看護師の肌で行ったりします。新しいレーザー機器を導入した時は、その操作方法を覚えるために看護師同士で練習台にもなったりします。

つまり、肌が弱いとそういった研修や練習ができないため、仕事に支障が出てくるのです。

給与が高いのが美容外科・美容皮膚科の特徴、と思っている看護師が多いと思います。現に給与のために美容外科・美容皮膚科に転職する看護師もいるくらいです。

しかし、美容外科・美容皮膚科はインセンティブが多くなるため、給与が安定しないのも併せて特徴と言えるでしょう。

美容外科クリニックは接客業の要素も強く、来院者から指名されることもあるようです。このため指名制をとっているところや成績による歩合制を一部導入しているところ、繁忙期には報奨金が出るところなど勤務先、勤務地によって給与体系も違っています。

美容皮膚科でキレイになりながらお仕事も

滋賀県転職・求人なら転職祝い金・懸賞つき転職・求人サイトwork wave転職・就職版。 (2245)

女性はいつまでも美しくありたいと願うものです。
看護師の資格を持ちながら転職したい!そう考えた場合に美容皮膚科という選択肢があります。
夜勤などの生活負担もありませんし、最新の機器を使わせてもらえたり、キレイになるための刺激を受けながら働くことができそうです。
高収入といった期待もできますが、歩合制を取り入れているところも多く、
気になるクリニックなどがあった場合はあらかじめ調べておくことが前提です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |