≪自分以外の借金≫代わりに債務整理をすることは可能? | キュレーションメディア

≪自分以外の借金≫代わりに債務整理をすることは可能?

自分以外の借金を誰か他の人が債務整理することは出来るのでしょうか?例えば親子関係であった場合はどうなるのでしょうか?債務者自身に判断能力の場合に関してはどうなるのか?債務整理を本人以外が行うという点についてまとめました。

債務整理は本人以外でも出来るの?

Free vector graphic: Characters, Communication, Example - Free Image on Pixabay - 1292891 (10203)

 債務整理は,債務者本人の意思に反して行うことができませんので,親族の方であっても本人の代わりに債務整理を依頼することはできません。  なお,本人が高齢等により意識がはっきりせず,自分の意志で債務整理を依頼することができない場合は,親族の方が代わりに依頼することになるため,家庭裁判所に後見人として選任してもらうことが必要となります。
債務整理は、理由が無い限り当事者本人以外が行うことが出来ないとなっています。
例え親子関係であっても例外ではありません。
ただし本人に判断能力が無い場合は成年後見人を付ける事になります。

成年後見人

成年後見人はどんなことをするのですか?
成年後見人は、本人の生活・医療・介護・福祉など、本人の身のまわりの事柄にも目を配りながら本人を保護・支援します。しかし、成年後見人の職務は本人の財産管理や契約などの法律行為に関するものに限られており、食事の世話や実際の介護などは、一般に成年後見人の職務ではありません。
また、成年後見人はその事務について家庭裁判所に報告するなどして、家庭裁判所の監督を受けることになります。
Free stock photo: Treatment, Finger, Keep, Hand - Free Image on Pixabay - 1327811 (10204)

成年後見人は、後見をする人に対しての生活全体についての取り決めを行ってくれる方です。
介護をするわけではありません。
生活がしやすい環境に整えていくことが主な仕事ですね。

成年後見人の種類

判断能力の程度によって、次の3つの類型に分けられ、いずれも本人、配偶者、4親等内の親族などの一定の者が家庭裁判所に申し立て、それぞれ「後見人」、「保佐人」、「補助人」が選任されることによって開始されることになります。
成年後見人は後見をする人の判断能力によって種類が異なります。
【後見】 ほとんど判断出来ない人を対象としています。
 家庭裁判所は本人のために成年後見人を選任し、成年後見人は本人の財産に関するすべての法律行為を本人に代わって行うことができます。
【保佐】 判断能力が著しく不十分な人を対象としています。
 家庭裁判所は本人のために保佐人を選任し、さらに、保佐人に対して当事者が申し立てた特定の法律行為について代理権を与えることができます。また、保佐人または本人は本人が自ら行った重要な法律行為に関しては取り消すことができます。
【補助】 判断能力が不十分な人を対象としています。
 家庭裁判所は本人のために補助人を選任し、補助人には当事者が申し立てた特定の法律行為について代理権または同意権(取消権)を与えることができます。
上記の様に成年後見人でも出来る事と出来ないことと言うのは、後見される方の判断能力によって異なってきます。
債務整理に関しては、ほとんど判断が出来ない後見人の方が行える事です。

委任状があるとき

弁護士以外のものが報酬をもらって代理交渉をすることは違法行為となっていますが、家族であれば報酬をもらわないという条件で代理交渉することができるでしょう。

素人が代理交渉をできるのは、業者との交渉のみです。

これはいわゆる任意整理に当たりますが、正直な話、弁護士など以外では業者は相手をしてくれないです。

仮に交渉できたとしても、法律で定められた金利以上の利息分を減額するくらいしかできないでしょう。

また任意整理の最大のメリットは、「将来にかかる利息をカットすること」で、これは弁護士でなければ話をまとめることはできません。

委任状があった場合は、委任を受けた方は債権者との交渉業務を行うことが出来ます。
ですが、債務整理の手続きは行うことが出来ません。

親と子の債務整理

Free vector graphic: Help, Button, Red, Emergency - Free Image on Pixabay - 153094 (10206)

借金を返済することに協力するのではなく前向きな意味で、借金整理(任意整理、個人再生、自己破産など)を検討するよう勧めてあげてはどうでしょう。そして、その借金整理費用を少し援助してあげる。これだと本人の気構えしだいでもありますが、本人にとって今後一番良い方向につながる確度が高いです。親として、生活を変えるチャンスを与えてあげるわけです。
借金をしてしまった子供に、親が代わりに返済をすると言うことは出来る事です。
ですが、債務は債権者と債務者の問題で、保証人になっていない限りは親であっても関係ないことです。
借金を産んだのは子供ですので、債務整理を手伝うというのが親心では無いでしょうか。
それに、もしも債権者が不法な金融業者なら、親にいつまでも返済を迫ってきます。
親子でも、お金が絡めば他人になると考えるのが良いですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |