リハビリテーション科に転職する前に知っておきたいこと | キュレーションメディア

リハビリテーション科に転職する前に知っておきたいこと

リハビリを専門に扱う診療科があります。この診療科で求められる仕事は何でしょうか。やりがいと苦労も見てみましょう。

リハビリテーション科の仕事範囲は

回復期リハビリテーション病棟は、脳梗塞や脳出血など、体を動かすことに支障が生じるような脳疾患の患者さんや、治療は終了したもののまだ自由に動くことのできない整形外科の患者さんなどが、日常生活に戻れるようにリハビリを行うための病棟です。
回復期リハビリテーションは、脳血管障害や脊髄損傷、骨盤骨折、大腿骨骨折などの重篤な疾患の人が多いのですが、急性期は脱して状態は安定し、在宅復帰・社会復帰に向けてリハビリが必要という患者さんが対象になっています。
via http://ナースの宝箱.com/%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E6%9C%9F%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (2383)

リハビリテーション科の目的は

そのまま寝たきりにならないようにすることが目的。
 (2385)

寝たきりを脱するよう助けるのも、目的の一つです。
回復期リハビリテーションは、病気を治すのではなく、病気自体は治った、もしくはもうこれ以上医療行為を行っても意味がないという状態から、できる限りの機能を回復させる場所です。

リハビリテーション科の必要は高まっていく

高齢化社会が進むにつれて、脳血管障害の後遺症を持ち、専門的なリハビリが必要な人が増えることが予想されますので、回復期リハビリテーションは今後も需要が高まり、社会の中で重要な役割を果たしていくことになるでしょう。
via http://ナースの宝箱.com/%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E6%9C%9F%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (2387)

リハビリテーション科の看護師に求められることは

患者さんがリハビリを行うのは1日に数時間と限られていて、その時間内は療法士が見ていますが、その他の時間は看護師がしっかりと支援し、今後回復して行く為にはどうすればいいか?を考えて行く事も必要となります。ただ助けるだけでなく、最終的に自分自身で全てやってもらう事も視野に入れて看護しなければなりませんので、この辺はリハビリテーションで働く看護師の大きな役割と言えます。
via http://看護師給料アップ.com/nurse-salary/rehabilitation-nurse.html
後遺症や障害などのために認知力が低下している場合や自己管理をすることができない患者さんもいますから、そのようなときには代わりに管理を担うほか在宅でも同様の療養が可能となるよう家族や関係者への指導も行います。

さらに、後遺症や障害でADL、QOLが低下している患者さんに対しては清潔を保つために全身清拭や入浴介助なども行います。排泄に関してもトイレの介助やおむつ交換など、さらに栄養管理や食事介助などにあたります。

リハビリテーション科で働くやりがいとは

多くの人と出会いがあることです。理学療法士や作業療法士・言語聴覚士のリハビリ職種や、放射線技師や臨床工学技士、栄養士やソーシャルワーカー、ケアマネージャーといった、多くの職種と関わります。

いろいろな人との出会いがあるのもメリットの1つです。

最初は寝たきりだった患者さんが、リハビリによって次第に回復していく様子はとてもやりがいを感じますし、患者さんの表情だけでなく病棟自体も明るい雰囲気に包まれます。
via http://看護師転職求人カルテ.com/kaifukukirihabiri/1679.html
 (8145)

回復に向かっていく患者さんに接するのはやりがいとなります。
患者さんの容体自体はある程度安定していますから急変、急な処置などが必要とされる場面が少なく就業環境として比較的落ち着いています。

ワークライフバランスをしっかりとりたいといった場合にも、勤務時間を調整しやすくなっています。

また、業務の量や内容が安定しているため、あわてることなく仕事を進めていきやすいところがあります。極度に緊迫している状況であることが苦手に感じられる場合も、大きな心配はありません。

リハビリテーション科で働く苦労とは

体を起こしたりトイレに行くのに体を支えたりと、力仕事も多くなります。そういう点では、体力や腕力がないときつい面があるのは確かです。
一般病棟よりもナースコールが頻回だったりします。

夜にトイレに行きたくなっても、1人ではまだトイレに行くことが難しいので、「看護師に手伝ってほしい」、「見守ってほしい」とナースコールを押すことがあるんです。

via http://ナースの宝箱.com/%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E6%9C%9F%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%BB%A2%E8%81%B7/
 (2396)

ナースコールの頻度が高いです。
リハビリテーション科の仕事は、元の生活に戻れるよう助けることだけではありません。
今現在現実的な範囲で、体の機能を回復してもらえるよう助けます。
場合によっては、寝たきりを卒業できればリハビリ成功ということです。
どちらにしても「回復」に向かって援助することになります。
需要も高まりますし、やりがいもあるので、転職先として考慮できる診療科です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |