青い綺麗な海でシュノーケリングを楽しむ♪ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

青い綺麗な海でシュノーケリングを楽しむ♪

一度は体験してみたい、青く澄み切ったサンゴ礁の海でのシュノーケリング。カクレクマノミや海ガメとの遭遇も、忘れられない思い出になりますよ。

シュノーケリングとは

青い澄み切ったサンゴ礁の海を、魚と一緒に泳ぎたい!なんていう夢を持ったことがある人も多いのではないでしょうか。ダイビングは機材なども大掛かりで少し大変そうなイメージで抵抗のある人もいますが、そんな人におすすめなのは、初心者から楽しめるシュノーケリングです。
語義によればスノーケル(英:snorkel、独:Schnorcheln)という機材を用いて行う游泳一般を指すことになるが、ドイツ語であるSchnorchelnには英語の動名詞を表すingは付く事がなく、一般的に用いられている日本語表記のシュノーケリングは間違いであり、スノーケリング(米:snorkeling、英:snorkelling)が文法上正しい表記である。
上述のとおり、水面または比較的浅い水中を游泳する場合に特に用いられる。

また、シュノーケルのみでの游泳も可能であるが、通常はマスク及びフィンを併用することが多い。
シュノーケルは、口にくわえ、先端を水面上に出して吸排気を行う。シュノーケル装着時には口のみから呼吸をすることになるので、誤って鼻呼吸して水を吸い込むことがないように、マスクは鼻までを覆った専用のものが用いられる。

スクーバダイビングに比べ、必要な器材がシュノーケル、マスク、フィンのいわゆる3点セットのみと少なく、軽量・安価であること、Cカードを取得する必要がないこと、海岸近くなどでも行えることなどから、手軽なレジャー、スポーツとして人気が高い。

シュノーケル3点セットとして売られていることが多いです。

呼吸は苦しくない?

まずは浅瀬で、マスクとフィンの装着方法や、シュノーケルに水が入ってきた時の対処方法について、インストラクターからしっかりとレクチャーを受けること。また、触ってはいけない危険な生物などの説明もしっかりと聞いておこう。海の中では、ほんのわずかな不注意が事故につながる。予想外の事態に遭遇した時にパニックを起こさないよう、事前にしっかりと知識を身につけておくことが重要だ。
自宅のお風呂などで練習してみるのもいいですね。慣れれば簡単なのですが、小さな子どもなどで慣れないとパニックをおこすこともあるので、大人が見てあげて慎重に行うことが大事です。

海の中に入ったら、インストラクターの指示に従おう。まずは足のつく浅い場所で実際にトレーニング。事前の説明を思い出しながら、フィンでの水のかき方、シュノーケルを使った呼吸の方法をマスターしよう。ただうれしいのは、顔を水につけた瞬間から、そこら中を泳ぐカラフルな熱帯魚たちを見られること。最初は腰のあたりの水位から練習し、少しずつ深い場所に移動していくようにしよう。

いざ、サンゴ礁の海へ!

沖縄のシュノーケルおすすめスポットは、なんと言っても青の洞窟。
綺麗な濃い青色の海に癒やされること間違いなしです!
洞窟の中を見学した後は、コースにもよりますが(いろんなショップで青の洞窟シュノーケルを開催しているので確認してみてくださいね♪)、シュノーケルをしながら階段の方へ戻ってきます。
コースにもよりますが、リーフエッジに行くと(海の色が青く濃くなっている部分)水深が一気に深くなります。
浅瀬では、沖縄らしい熱帯魚がたくさん見れます♪

シュノーケルは事故も多いので、浮力を確保して安全に楽しんでくださいね!!!
心配な方はショップで申し込んで楽しみましょう★

【GoPro動画】青の洞窟シュノーケリング in 沖縄☆真栄田岬 – YouTube

2013/1/20 沖縄・真栄田岬にある青の洞窟でシュノーケリング。 撮影機材はGoPro HD HERO960 & PENTAX WG-ⅡGPSです。 BGMはフリー素材:BGM DOVA-SYNDROME(http://dova-s.jp/)、およびTAM Music Factory(http://www.t

沖縄真栄田岬 青の洞窟 単独シュノーケリング – YouTube

ブログも見てね!この日の関西お魚突きhttp://ameblo.jp/osaka-osakanatuki/entry-12002877472.html 2月末、ひとりでシュノーケリングツアー 普段は、関西を拠点にスピアフィッシングしてます^^ GOPRO HERO4 シルバーでの海中動画を公開
青の洞窟は、こんなに美しい場所があったんだ!と思わず驚いてしまう程に美しいシュノーケリングスポットです。

カップルやご夫婦で参加すると、とてもロマンチックです。

子どもはシュノーケリングはだいたい6歳以上から参加可能と言われていますが、行くまでの岩場の道が少し急で危険なので、子どもや高齢者の場合は特に注意してくださいね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |