「フライトナース」に選ばれるために役立つ資格とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

「フライトナース」に選ばれるために役立つ資格とは

フライトナースになるには、ドクターヘリを所有する病院の中でメンバーに選ばれる必要があります。選ばれるために最低限満たさないといけない条件および勤務実績、持っていると選ばれやすい資格を考えます。

フライトナースに選ばれるための最低条件とは

フライトナースになるには正看護師であることが必要である。
高校卒業後に短大、大学、専門学校を卒業し、国家試験を受けて国家資格の看護師免許を取得しなくてはならない。
 (4693)

准看護師では、フライトナースになることは出来ません。

フライトナースになるために必要な勤務実績は

日本航空医療学会フライトナース委員会はガイドラインとして
看護師勤務5年以上、救急医療の経験3年以上と謳ってあります。
via http://新卒看護師辞めたい.com/flight.html
「救急看護師としてのリーダーを務めることができる看護師」を求めている。
 (4724)

リーダーを務められる力量が必要です。
特別な資格が必用ということはありませんが、各病院がそれぞれ選考基準を定めています。

フライトナースに十分な実績が求められる理由

現場は誰も頼る人がいませんから、救急看護である程度の経験を積んでいないと、右往左往することになります。

フライトナースを目指すうえで必要な資格

ひとつは「BLS (Basic Life Support 一次救命処置)」。
BLS(Basic Life Support 一次救命処置)は医療従事者でない、一般の人もおこなえる心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)のことをいう。
事故などでけがをした人や、病気などで倒れた人が心肺停止であった場合、1分経過していくのに対して7~10%命を救う可能性が失われる。
病気などで倒れている人がいる状態、または事故現場に居合わせた人が救急隊、救急救命士、医療従事者に患者を引き継ぐまでの間にBLS(Basic Life Support 一次救命処置)をおこなうことで、救命の確立が上がるのだ。
 (4715)

BLS:一次救命処置
「ACLS」は救急救命士や看護師などが行う心肺蘇生法で、医師の指示の下に行う事ができます。もちろん、指示をする医師も「ACLS」の資格を所有しています。

こちらは「心肺停止」となってしまった人に対し行う心肺蘇生法の事で、専門の医療用補助器具や、薬剤などを使用して蘇生します。

ドクターヘリで搬送される人は心肺停止状態の人も多いので「ACLS」を取得していないと、フライトナースにはなれません。

 (4718)

ACLS:心肺蘇生法
JPTECプロバイダー資格については受講条件としてBLSの資格が必要で質の高いCPR(心配蘇生法)が行なえることが基準となります。受講期間は2日間で内容として小児医療についてが主で小児の心肺停止が予測される病識の識別から治療を体系的アプローチによる評価や重症度の分類や決定・治療の手順を学びます。
via http://フライトナース.com/shikaku.html
 (4719)

JPTEC:外傷病院前救護ガイドライン
フライトナースに必要な、第3級陸上特殊無線技士の免許も、「独自」に取得したり。
 (4721)

第3級陸上特殊無線技士:ドクターヘリの無線を操作するための資格
スキルに自信があり、やりがいを求める看護師にとって、フライトナースは魅力的な転職先と言えるでしょう。求められる資格は多岐にわたります。
フライトナースは、瀕死の患者を救うために、頼れる同僚や相談できる仲間がいない環境に飛び込んでいきます。緊迫した環境に自らを置くことで、看護師としてさらに成長していくはずです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |