何がスゴイ?ポケモンGOざっくりシッカリご紹介(・∀・) | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

何がスゴイ?ポケモンGOざっくりシッカリご紹介(・∀・)

今、世間様を騒がせている『ポケモンGO』。。。老若男女問わず爆発的人気を呼んでいるらしいけど実は何がそんなにい凄いのか?よくわからない私…今さらポケモンGOの遊び方と凄さを調べまとめてみますた(´Д`)

ポケモン『GO』?

 (710)

この『ポケモンGO』とは、iOS端末とAndroid端末で遊べるアプリゲームで、
プレイヤーが実際にいる場所や移動した距離がゲーム内容に反映される
「位置情報ゲーム(位置ゲー)」なのです(^ω^)
また、「AR(拡張現実)」と呼ばれる技術を使用することで、スマホのカメラで取り込んだ
リアル世界の風景にバーチャルの映像を重ね合わせてプレイするゲームでもあります。
 (711)

ソコにいるという感覚(^ω^)
つまり、AR技術が搭載されることによって
スマホをかざすと、まるで自分の目の前に
ポケモンがいるような感覚を味わうことができるということ(`・ω・´)
でもって位置情報(GPSとか)を使用することで
自分の町のドコにポケストップがあるか、とかを知ることもできるのです(^ω^)
様は、ゲームのマップ=自分のいる街(・∀・)

ゲーム内容をザッと(`・ω・´)

 (707)

出来るコトというのはアニメで観た
ポケモントレーナーそのものの内容♪♪
『捕獲』野生ポケモンと出会って自分の仲間にする
『交換』他トレーナーのポケモンと自分のポケモンをトレードできる
『対戦』自慢の仲間ポケモンと一緒にポケモンバトル☆
ザックリ分けるとこんな感じ(^ω^)
 (713)

ちなみに、最初は自分のキャラメイクをすることができる♪
まずは男女のどちらかを選んで
髪・目・肌・帽子・上着・ズボン・靴・リュックの色を好みで変更できる♪
ココが大事『キャラ変更不可』ということ(;^ω^)
今後はどうか分からないけど、少なくとも現在は出来ないようだから
キャラメイクは慎重に決定した方がイイかも(;^ω^)
でもって大切なNAMEだけど
『全世界共通で重複不可。
         アルファベット、数字のみ。』

とのこと(´・ω・`)
だから、後々配信される国のユーザーはちょっと大変かもしれない…
工夫を凝らすしかない(´・ω・`)
ちなみに、ポケモンに出てくる人物名はもう出尽くしているだろう、
とのこと(´・ω・`)

大事な《ポケモン》のハナシ

 (714)

ある意味ココからが本題☆
ポケモンを仲間にするには3通りある♪♪
『捕獲』『孵化』『交換』(・∀・)
交換は誰かしら所持していて、トレード相手がいなきゃいけないから
厳密には2通りかもしれないけど…
まぁトレードはポケモンのゲームしたことある人なら
説明は大きくはいらないでしょう(笑)
 (715)

『捕獲』は上にザックリ書いたように
野生のポケモンをモンスターボールとかボールを使って
仲間にすること♪♪

特定の場所に合わせたタイプの野生ポケモンが
コッソリうろうろしているらしい(゚∀゚)
特定というのは、「水辺なら水属性ポケモン」
とかってこと(∩´∀`)∩
 (705)

『孵化』は金・銀以降プレイしたことのある人なら
ご存知でしょう♪♪(*´ω`)
タマゴを…ね(笑)
ポケモンGOではポケストップというポイントにいくと
タマゴが貰えることがあるのだと☆
で、そのタマゴを「ふかそうち」に入れて…歩きましょう(笑)
孵化するのに必要な距離を歩いて貯めると
「「「パッカーン」」」なります(^ω^)
ポケモンによってその距離は異なるそうですがね(´Д`)
時速10㎞以内ならカウントされるみたいだから
チャリでユックリ移動でもいいかもしれません(笑)
ただし、操作しながらチャリ乗るのは危険、邪魔、だからヤメましょう。
 (717)

よーするに。
ポケモンがリアルに感じるコトが出来るのと
一生懸命探して仲間にしたり
友達と自慢しあうのが醍醐味
で楽しいってワケだ(・∀・)
つまり、ゲームボーイとかモニターの中だけで収まってたものが
バーチャル×リアルで遊べるっていう…なんとも不思議なアレ←
しかも『ポケットモンスターのモンスターから配信されているのだと\(^o^)/
コレはなんとも、ポケモン世代(現在のアラサーら辺)からすると
ノスタルジックな感覚も味わえるというもの♪♪(∩´∀`)∩
だからかな、ワリと成人がプレイしているツイートが目立つのは
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |